「ほっ」と。キャンペーン
2007年 11月 03日

フリーサウンドノベル関係の雑記 箸休めvol.12

道玄斎です、こんばんは。

さて、マジでどうしようもないページを公開してしまい、何とも言えない微妙な気持ちです。
言い訳がましい事を言わせて頂くと、「綺麗なHTML」を書くと後々にスタイルシートを使ったページに移行しやすいんだそうです。
それはその通りで、文法とスタイルを分離させるっていうのがスタイルシートの目的みたいなもんですから。
果たして私の書いたコードが綺麗かどうかと言われるとかなり微妙な所です。ただ、オーサリングソフトを使って作ったのより構造がわかりやすいし、多少は綺麗なんじゃないかな?
手打ち、という事で「とほほのwww入門」さんのページを大いに参照致しました。ちょっといい感じのタグ辞典でも買ってくればいいんですが、一晩で思い立ったもんでして、ああいうカタチになってしまいました。

タグ辞典を失ってもう何年たちますかね……。四年くらい経ってしまったような。
タグ辞典を片手に、頑張ってhtmlを書いていたのが大体西暦2000年くらいですから相当ブランクがありますね。まぁちょこちょこと管理していたサイトでhtmlを書いたりもしたんですが、メインコンテンツが掲示板だった為か、殆どhtmlを使う機会がなかったと。。

本当に見苦しいページで申し訳ないのですが、少しづつ手を加えていこうと思います。


/////////////

最近、界隈の(?)ページやらを見ていると、「レビューとはなんぞや?」という問いかけが割と目に付きます。例えば、私は刃物や日本刀が大好きなのですが、ナイフを扱ったサイト「Wild Knife」さんは「レビュー」ではなく「インプレ」という名の下で、ナイフの紹介をして下さっています。

「レビュー」と「インプレ」。この二つにはどのような違いがあるんだろう?と思ったので、辞書を引いてみる事に。
こういう場合、元々英語ですので、日本語の辞書を引いてもしょうがないですから(何度も書いてますが、恐らく日本語を調べる際には『日本国語大辞典』第二版が現在最良の辞書だと思います)英語の辞書を引いてみる事にします。
ただ、英和辞典なんて引いてもあまり面白みがないですし、日本語にだまされないように、英英辞典を引くことに。

私が今回使った英英辞典は『OXFORD ADVANCED LEARNER'S DICTIONARY』です。
恐らくベストな選択肢は『Oxford English Dictionary』(『OED』)なんでしょうが、『OXFORD ADVANCED LEARNER'S DICTIONARY』も『OED』をリリースしているオックスフォード大学出版局から出ているものですので、現代の英語を調べる英英辞典としては、信頼性の高いものだと思われます。

で、調べてみました。

まずは「レビュー=review」です。
名詞の項目の2から抜き出してみます。恐らく普通に使っている「レビュー」と一番近い意味でしょう。

a report in a newspaper or magazine in which sb gives their opinion of a book,play,film/movie,etc ; the act of writing this kind of report:a book review

新聞や雑誌などに載っている本や映画などの感想を書いたモノ。 

くらいでいいでしょうか。
opinionを、感想と訳してみましたが、実はこのopinionという語が問題なんじゃないかと思うわけで、早速それも引いてみます。

項目1を見ると、

your feelings or thoughts about sb/sth ,rather than a fact

なんて事が書いてあります。
ある主題に対しての事実というよりは、印象や考え。
こんな感じでしょうか。

こう見てみると、「レビュー=review」は、所謂私たちが普段使っている「読書感想文」の「感想文」とそんなに変わらないんじゃないか?という気がしてきます。


さて、一方で「インプレ=impression」を調べてみます。
やはり項目1から引っ張ってきます。

an idea, a feeling or an opinion that you get about sb/sth, or that sb/sth gives you

或る主題に対してのアイデア、印象や意見。
くらいでしょうかね。

こうして見てみると、この「レビュー」と「インプレ」の間にはそんなに距離がないんじゃないか?と思えてきますねぇ。
ただ、注意したいのは「レビュー」に関しては新聞や雑誌などの活字媒体に書かれたモノという点が明記されているのに対し、「インプレ」の方はそういう事は書いてありません。


別に私は「レビューという言葉で統一すべき」とか逆に「インプレにすべき」とかそういう事を言いたいわけじゃなくて、ただ単に、自分が普段何気なく使っている「レビュー」なる語を調べてみたかっただけで、単純にそういう事をするのが好きなだけですw
私は、やっぱりこうやってネット上ではあるのですが、「文章」にしてブツを書いているので自分の気持ちとしては「レビュー」という事でいいのかな?と思いました。


おまけですが、それなら「批評」や「評論」なんてのはどういう語になるのか、考えてみました。
色々と辞書を引いたのですが、恐らく一番近い語は、

critic/criticismとかの「critic*」な語でしょう。
試みにcriticの第一項目目を見てみると、

a person who expresses opinions about the good and bad qualities of books

なんて事が。
第二項目では、

a person who expresses disapproval of sv/sth and talks about their bad qualities,especially publicity.

本の善し悪しを語る人critic。
第二項目なんかを見ると、(作品に対して)あしざまに言う人なんて意味がありますね。

criticismの方は引用は割愛しますが、やはり否定的なニュアンスを伴うようです。

一応私は、「レビュー」を書く時に「良かった点」「気になった点」を挙げているわけですが、当然否定しようと思って書いているわけでもないし、(なるべく客観性も保とうと頑張っているのですが)自分のプレイした直後に「感じた」モノを大切にして書こうとしているので、俺はやっぱり「レビュー」でいいやとw

少し、何気なく無自覚のまま使っていた語が分かったような気がするので、満足です。
あー、私は英語へたくそなんで、意味を取り違えているところがあるかもしれません。英語に堪能な方で「あんたおかしいこと言ってるよ!」ってな事があればご報告下さい。よろしくお願いします。


さて、これから作業に戻ります……。


まことや、何か問題等が御座いましたら、いつものように、

kazenitsurenaki アットマーク gmail.com

までご連絡を。
ただ、スパムフィルタではじいてしまう事もまれにあるようなので、返信が来ないなんて事があったら適当なコメント欄にでもその旨を書いて下さい。お手数をお掛けいたしますが、よろしくお願い申し上げます。
[PR]

by s-kuzumi | 2007-11-03 18:46 | サウンドノベル | Comments(9)
Commented by みなみ at 2007-11-03 19:56 x
私は「レビュー」なんて横文字使うほど自分が書いているのは大層なものじゃないよということで「おすすめ」や「感想」としています。
あとトップページ一番下で自分の文章に関しては転載等を禁止していないのも同様の理由で。

…おすすめ同人紹介はネガティブ思考でできています。

ただ他の方がウチをレビューサイトと呼んでくださるのならそれはそれで全く問題ないですね。
Commented by 秋草 at 2007-11-04 00:18 x
こんばんは。秋草でございます。

レビューとインプレ・・・中々区分けが難しい言葉かも知れませんね。

私は両者の違いを自分の中でこう切り分けています。

レビュー:見た・聴いた・読んだ「本人(個人)」が感じた事を伝え説明する
行動の事。(本人の趣味趣向が織り込まれる)

インプレ:見た・聞いた・読んだ「本人(個人)」が、自分の思った・感じた事(生データ)を、客観的視点に置き換え、冷静に公平な視点で感想を述べること。(本人の感情は、なるべくカット)

やはり、道具などの意見はインプレに、ノベルや小説はレビューになっちゃうんだろうなぁ・・・とw

だらだらと長文、申し訳ありません。
今日はこの辺で失礼させて頂きます~
Commented by s-kuzumi at 2007-11-04 22:04
>>みなみさん

例えば「評論」とか「批評」なんて語を使ってしまうと、全然意味合いが違ってきてしまうんですよね。本当はみなみさんみたいに「感想」とかにしてしまえばいいんですが、まぁ、今回調べてみた限りでは「レビュー」なる語も大体同じような意味を持っているので、このまま私は通そうかな?と思っておりますw
文章の転載を禁止していない、というのは面白いですよね。
私自身も、みなみさんを見習わせて頂いて、そうしようかと思っています。一応、引用元だけ明記して貰えば好きなように、というカタチにしようかと。
Commented by s-kuzumi at 2007-11-04 22:07
>>秋草さん

やっぱり、大体の感じなんですが、道具類はインプレに、文章類はレビューになってしまっていますよね。ここらへんの語や今日本で、通用している一般的認識なんかも考え合わせると、とても難しい問題です。
原義的なものを採るか否かという事まで考えると、浅学非才の身には余る命題となってしまうので、私はレビューでいいかな、とw

それはそうと、日記を読ませて頂いているのですが、iPod nano勿体なさすぎますっ!!w
Commented by 秋草 at 2007-11-04 22:42 x
>>道玄斎様

中々言葉の使い方は難しいですねぇ・・・
「全然」という言葉も以前は否定的な言葉に使われていた(全然駄目など)
ですが、最近は「全然OK~」みたいに使われていますね。
でも、この使い方って間違いではないとの事で、私の日本語レベルも
怪しいものですw

iPod・・・もう、部屋の肥やし状態ですw
「・・・何よ・・・役立たずのくせに・・・(セツミさん口調で)」とぼやいていますw
お師匠様、使われます?w
Commented by s-kuzumi at 2007-11-05 02:27
>>秋草さん

私は、日本語なるものを「変化するもの」と受け止めているので、実はあまり「言葉の乱れ」的なものは、気にならないんですよw
誰かが「言葉が乱れている」と言った場合、その誰かは恐らくその人なりの「正しい言葉」の基準点(基準時代?)があると思うのですが、例えば、

ノベルゲームなるもの、いとおもしろきものに侍れば、プレイすべきよしのたまふ。

なんて言葉使いが現代で正しいかっていったら勿論違うわけでw
恐らく、現代という地点からみて、ちょっと前の時代にあたる言葉を「正しい日本語」として受け止めている人が多いように思えます。けれども、その基準点が「正しい日本語」として、本当に基準になるのかと言ったら、やっぱりそれは怪しい。
その人の基準での「正しい日本語」が通用している時代でも、やっぱりそれ以前の時代の日本語を「正しい日本語」と認定しているような気がするのです。
そういえば『徒然草』にも、「最近の若者は言葉遣いがなってない」なんて記事がありますよね。
Commented by s-kuzumi at 2007-11-05 02:27
つづき。


「全然OK」なんて私も良く使ってしまうのですが、全然+肯定表現は、夏目漱石や柳田国男なんかも使っていますし、私としてもあまり気にならない所です。

ただ、「全然OK」のような言葉を、「文章」にするとやっぱり違和感は感じてしまいますねぇ。今書いているような口語のような文章なら、大丈夫なんですが、報告書だとかそういう一種公的な文章でそれをやると、やっぱりみっともないかな、とも思うのです。
そんなこんなで、やっぱり日本語は難しいし、だからこそ私は面白くって好きなんですよねぇ。

……と真面目に些か真面目に書いてしまいました。

で、実はですね、私もiPodを持っているんですが(最初期のnanoです)、Windows2000ではiTunesが更新出来なかったんですよw 今となっては問題なく使えるんですが、楽曲データを移すのが面倒であまり使っていませんw

新しいブツが欲しくないわけじゃないんですが、多分、オークションに掛けるとかした方がいいと思いますよ??w
Commented at 2007-11-05 02:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 秋草 at 2007-11-05 03:01 x
>>道玄斎様

本当に、日本語は変化していますよねぇ。
私も「今の言葉はなっておらんっ!」と言い出すのも時間の問題みたいです。
海外の方が「日本語は難しい」と言われるのも納得です。
本国で習った教科書と現実が違う訳ですからねぇw

私も複雑かつ美しい日本語が好きでございます。

オークションですか・・・考えたのですが色々トラブルもある様ですので
止めておきますw


<< 告知、というか宣伝。      フリーサウンドノベルレビュー ... >>