「ほっ」と。キャンペーン
2007年 11月 16日

フリーサウンドノベルレビュー 『DANGER ZONE』

b0110969_30212.jpg

今日の副題 「正統派"館"脱出モノ」


ジャンル:ホラー、館脱出(?)
プレイ時間:一時間くらい
その他:選択肢アリ。間違えると即死、セーブはこまめに。グロテスク描写もアリ。本レビューはYuuki!NOVEL版にてプレイしたものです。


道玄斎です、こんばんは。
今まで、"館脱出型"のホラー作品を扱ってきませんでした。以前書いた『柵の淵』なんかはそれっぽいですけれども、寧ろそっちは人間関係を巡るドラマみたいな方がメインだったので、少し違うのかなと思います。
というわけで、今回は「DANGER ZONE」(猫まんまさん)さんの『DANGER ZONE』です。続編もあるようですが、本作は一応一つの作品として完結していると思しいので取り上げる事にしました。
良かった点

・正統派の館脱出を楽しめる。随所随所に良い意味で「いかにも」な描写が。

・中身の充実度に比してプレイ時間は短め。さっくりと遊べる。


気になった点

・どうもすっきりとしないラストw

ストーリーは、私が簡単に纏めておきましょう。
新入社員の野村真一は、研修として同じ新入社員の仲間達と共に、研修センターに連れて行かれる事となった。
しかし、着いた場所に研修センターは無く、不気味な洋館が建っているだけだった。そして、謎の生き物が襲いかかってきて……。

とこんな感じです。


久々に、こういう館脱出モノをプレイしました。
昔、何本かこうした形式のゲームはプレイしているはずなんですけれども、あまり印象が残っていなかったりします。
久々にプレイしたからか、本作は興味深くプレイしました。

まぁ、言ってしまえば「お約束」のオンパレードです。
館に閉じこめられ、怪しい陰謀が明らかになって、殺人鬼に追い詰められて……、と。
けれども、異常状況下での人間の心理みたいなものにもスポットが当たっていて、そういう所は面白いですねぇ。一見、善人みたいなヤツが豹変する、なんていかにもありそうなリアリティが存在していて良かったと思います。
そういえば、立ち絵は存在しないのですが、「実写」の顔写真が随所に出てきます。非常に珍しいですよね。実写の顔写真を使う事で、リアリティみたいのは良く出ていたと思いました。


全体的に見れば、怖いというよりも「面白い」という感じかな?
多少、グロテスクな描写なんかもあるわけですけれども、さほど気にならないかもしれません。
怖さよりも、「どう脱出していくのか?」というパズルみたいなそういうテイストの作品ですかね。

元々はコミックメーカー製だったみたいですが、今はYuuki!NOVEL版しか配布されていません。まぁ、作品の内容を考えるとさほどYuuki!NOVELでも問題はないような気はしますが、やっぱりバックログが使えないのは痛いかなぁと個人的には思います。

そうそう、今回プレイしたYuuki!NOVEL版では、コミックメーカー製よりも選択肢が減っているみたいです。リメイク前は、もっと沢山の選択肢があって、選択肢を間違うと即死亡というパターンだった模様。
いや、実際、プレイしていると選択肢を間違うと即死亡しますw

間違った(TrueEndのルートでない)選択肢を選んでもそれなりに物語が進んでいき、尚かつそれ専用のルートが見れる、という一般的(?)な館脱出ホラーとはちょっと違うわけで、その辺りもしかしたら物足りなさを覚える人がいるかもしれませんね。
都合、四箇所くらい生死を分ける選択肢があったのかな?こまめにセーブを取るといいみたいです。


途中で、コンピュータを立ち上げる情報を収集する場面があったのですが、ログインIDとパスが必要になります。
ここらへんもリメイク前では実際に入力させていたみたいなのですが、今作では必要な情報を入手すればそれだけでちゃんとコンピュータにアクセス出来ます。
ただ、IDとか無くてもセーフモードで立ち上げるとか、なんかそういう裏技を使えば何とかなるんじゃないかなぁ?なんてw
或いは、ログイン名をrootにして、パスもrootだったりtoorとかやれば入れちゃうシステムも実際まだまだ多いみたいですよ?w

気になって点としては、あまり後味が良くない点でしょうか。
生き残った人全員で、何とか脱出、という形ではなくて一人、置いたまま脱出してしまいます。そういう異常状況下での人間の心理を描いている、という意味では良いと思うんですが、まぁラストなので、ねぇ?
もう少し最後で、ぱあーっと明るく終わっても良かったのかなぁ?なんて思ったりしました。
ただ、本作の続編に当たる『DANGER ZONE2』のあらすじを見ると、この残された人物が主人公となって、ストーリーが進むみたいです。ですのであまり気にしない方がいいのかも?
そちらの方は、スプラッタホラーで、更にエンドの後味が悪いみたいですがw
気になった方は是非、2の方もプレイしてみて下さい。


正統派の脱出ストーリーをプレイしたい方は是非どうぞ。
「お約束」を踏まえたプレイが出来ると思いますよ?館脱出モノの入門にも是非是非。
[PR]

by s-kuzumi | 2007-11-16 03:01 | サウンドノベル | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベル関係の雑記... >>