久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 29日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『カジェ/KAJE』

b0110969_22162180.jpg

道玄斎です、こんばんは。
今回は番外編です。
何故、番外編かというと、「サウンドノベル」というよりもRPGに近い感触があった為です。アドベンチャーゲームって感じですね。
というわけで、今回は「礼門屋」さんの『カジェ/KAJE』です。
一応、述べておくと、番外編では「良かった点」「気になった点」等は挙げません。ご了承下さい。


さて、多分、クリアだけを目的にガシガシと進めていくのならば30分くらいで終わりそうですね。だけれども、シンプルな戦闘システムと、戦闘によるステータス向上システムが、妙にハマリ度を強くしている印象です。実際、私は二時間くらい掛けてしましました……。

ストーリーは、単純明快で、カジェという女の子のアンドロイドが「独裁者」と呼ばれる悪の帝王と思しき存在を倒しに行く、というもの。
途中途中で、雑魚敵やステージボスみたいのが居り、彼らと接触すると戦闘になります。
戦闘は所謂RPGの戦闘をイメージして貰えればと。
けれども、先に述べたように、ハマリ度の高いシステムを採用している為、カジェの能力向上の為の「戦闘そのもの」を楽しむ事が出来て楽しかったです。

そうですねぇ、これに似た感触のゲームは、「papillon α」なんかがそうですね。
同じLive Maker製ですしね。ただ、「papillon α」の方がゲーム性が高めです。こっちも面白いですよ?

本作も、ガシガシカジェを強くするとか、タイムアタックなど色んな楽しみが出来るのではないかと。
そうそう、意外とストーリーはしっかりしていて、のりしろみたいなものを多く残していると思われるので、このストーリーだけ抽出してノベルゲームなんかも作れちゃいそうですね。

さっくり遊べて、ハマリ度も高いゲームです。
是非、遊んでみて下さい。
[PR]

by s-kuzumi | 2007-11-29 22:17 | サウンドノベル


<< なんてことない日々之雑記vol.24      フリーサウンドノベルレビュー ... >>