久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 09日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『ゆめかちゃんの一日』

b0110969_2313994.jpg

道玄斎です、こんばんは。
今日は番外編。実は番外編は久々な気がしますね。

もうそろそろ言わずもがな、かもしれませんが、一応。
番外編ではいつもと違い、項目を立てて良かった点、気になった点などを特に挙げたりは致しません。ご了承下さい。

さて、今年に入ってからも異常な程のハイペースで作品をリリースされている「あおぞら幼稚園」さんの『ゆめかちゃんの一日』です。
今度、この『ゆめかちゃんの一日』のリニューアル版が出る、という事、そして以前アナウンスされていたと思うのですが、リニューアル版はかなり中身も変更を加えて、リリースされれば通常版(今、ここで取り上げる作品の方です)と差し替える、とのことだったかと思います。

というわけで、今の内にプレイ推奨。

大体、十分~十五分くらいの短編です。
いや、これいいよ。
凄くいい。

最初は「はじめてのおつかい」みたいに、画面越しにコメントを入れていくような地の文なのですが、いつの間にか杉太視点の地の文になっていたり。けれども違和感がないし、意外にスムーズに読める。

イラストは、最近の作品では外注が殆どだと思いますが、本作では貴重な作者様の自前のイラストという事になります。私はこのイラスト味があっていいと思いますよ。凄く可愛いし。
リニューアル版の情報が既にサイトの方で見れるんですが、どっちの絵が好きか?って言われたらこれは完全に好みの問題なんじゃないかしら。
素朴な可愛さっていうのかしらね、そういうのが良く出ているイラストで好印象です。

ストーリー自体は、まさに「あおぞら幼稚園」さん直球のシナリオだけれども、ゆめかちゃんというちっちゃな女の子がヒロイン(?)なので、なんだか柔らかくてふわふわした空気感があって、他の作品とはちょっと違う。
この雰囲気、かなりいいんじゃないでしょうか? 
思わず嗤ってしまったのは、声優プロダクションのおっさん(推定)です。
その後の作品にも出てくる、悪役=えっちぃ犯罪を目論む、という流れの原点みたいな人ですよねw

「あおぞら幼稚園」さんの往年のファン(?)も、初めての人も是非プレイして貰いたい作品です。 
あっ、ちなみに最近リリースなさった18禁のものもプレイさせて頂いております。
今年は、念願の長編がリリースされるみたいで、そちらも楽しみですね。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-01-09 23:15 | サウンドノベル


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      なんてことない日々之雑記vol.36 >>