「ほっ」と。キャンペーン
2008年 03月 03日

フリーサウンドノベルレビュー 『信じる気持ち』

b0110969_21192179.jpg

今日の副題 「あきらめちゃ、駄目だ」

ジャンル:野球青春アドベンチャー(?)
プレイ時間:15~20分くらい。
その他:選択肢なし、一本道。
システム:NScripter



道玄斎です、こんばんは。
今日は少し忙しかったです。けれども、頑張って更新、です。
というわけで、今回は、「頑張る事」「信じる事」をテーマに据えた作品です。丁度、タイミング良く自分の今の気持ちに合致する作品だったので。
相も変わらず「あおぞら幼稚園」さんの『信じる気持ち』をご紹介いたします。

今回は、作品時間も短いですし、あんまり「気になった点」なんかも挙げる必要がないので、変則的に、「良かった点」「気になった点」などは挙げません。

ストーリーは、サイトの方から引用しておきましょう。
現在、野球部はまさかの試合三十連敗中。
これにキレた監督は、選手達に通告した。

「次の公式戦では控え主体で、メンバーを組む」

まさに不甲斐無いレギュラーへの警告だった。
が、控えだったメンバーにとって、これは大きなチャンスだった。

「よし、レギュラー奪ってやるぜ!」

公式戦に向けた練習が、今始まる。

こんな感じ。

何と、本作「野球モノ」です。
高校野球でしょうかね、公式戦に向けて頑張る姿、そして「信じる気持ち」が奇蹟を起こす、というようなタイプ。

いつもいつも思うのですが、「あおぞら幼稚園」さんはシェアの作品も出しつつ、こうやって定期的に(そして異常なハイペースで)フリーのゲームもリリースしてくれるのが本当に嬉しいですね。

言ってしまえば、謎も仕掛けもない直球の作品が多いのですが、もうここまで大量に作品をリリースされていると、それが「単純」なんて一言では片付けられなくて「伝統芸」というか「お家芸」というか、もうその域に達しているように思えます。
毎回毎回、楽しませて貰っています。

さて、中身について。
って、ストーリーを見れば、もう分かっちゃうんですよね。
だけれども、確実な進歩があって、それは「味付け」の部分だと私は思っています。ストーリーラインみたいなものは「お家芸」的な、もう様式美すら感じさせるものなのですが、以前だったらこうじゃなかったよな、と思わせるようなそういう小技が効いている印象です。

ネタバレを回避しつつ、ちょっとこの点解説を加えてみましょう。

九回裏ピンチの時に、代打として主人公が登場するという場面。
こういう場面だったら、従来だと例えば、みんなの期待と幼なじみの女の子の応援のお陰で、一発どえらいホームランをかまして、ハッピーエンドみたいな、そういうまさに「直球」で勝負するタイプだったように思えるのです。
本作の場合、ハッピーエンドの良さはそのままに、一ひねり効かせてあるんですよね。単純に「オイシイとこはもってくぜ!」タイプとは一味違う。或る意味、言葉は悪いかもしれませんが、「ダサかっこいい」みたいな。

けれども、よくよく考えてみると「ダサかっこいい」って、或る意味で「あおぞら幼稚園」さんの男性主人公の特徴かもしれませんねぇ。なんといっても「熱い」「熱血」な男性キャラをこの上なく魅力的に描くのが、「あおぞら幼稚園」さんの持ち味の一つだと思います。
そうした男性主人公の行動は、決してスマートじゃない。やっぱりちょっとがむしゃらで泥臭いというか。けど、だからこそ、その「熱さ」が際だつように思えます。
「ダサかっこいい」っていうのは、一つの例ですけれども、そうした良さを保持しつつ、作品が「進化」している事を感じさせてくれるのが最近リリースされた作品群ですね。

ビッグな企画も進行しているようですので、「次に何を見せてくれるか?」を一番期待してしまうゲームメーカーさんです。

ところで、私は野球、詳しくないんですよね。
ほんっとに基本的なルールを知っているくらい。実は今回、野球用語を調べながらのプレイでした。「こんなルールがあったのか……」なんて感心しながらプレイしました。
こういう所から、自分の興味の扉が開くっていうことは良くあるので、そういう意味でも本作には感謝です。

作品のテーマである「信じる気持ち」は「諦めない」という事でもあって、諦めない事の大事さみたいなものが語られているのですが、私自身好きな言葉が「乾坤一擲」ですから、最後の結果が出るまで兎に角悪あがきを続けるタイプ(乾坤一擲とあんまし関係ないって?w)。
だから、テーマ的なものに凄く共感出来る部分があったのも事実ですね。

で、公式戦までの一ヶ月間。この期間での主人公の頑張りみたいなものが、もうちょっと描写されても良かったかな、とは思いましたね。
「頑張ったからこそ奇蹟が起きる」みたいなものは、やっぱり或る程度「頑張っている姿」が分からないと少しだけ説得力が欠けるのかも。


或る意味で直球だけども、爽やか青春ストーリーです。
野球好きもそうでない人も、気軽にプレイしてみて下さい。


/* そういや、GIMPをヴァージョンアップをしたら、ちょっと使いにくくなりました…… */
[PR]

by s-kuzumi | 2008-03-03 21:20 | サウンドノベル | Comments(0)


<< なんてことない日々之雑記vol.51      なんてことない日々之雑記vol.50 >>