久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 08日

なんてことない日々之雑記vol.52 ~なんだかよく分からない謎の雑記~

道玄斎です、こんばんは。
ここ数日、昔のように結構ハイペースでレビューを書きました。書けるうちに書いちゃわないと、という微妙な焦りが見え隠れする行動ですが、面白い作品が多かったので、結果的に物凄い楽しんでしまいました。
久々にホラー作品を連続でプレイしたりして楽しかった。
やっぱり、私自身は、そろそろ

「この別荘の中に殺人鬼がいるぞ!」
「犯人はヤツだ!」

みたいな、ものは少し飽きてしまっていて、単純なスプラッタホラーというよりも、+αがあるような、そういう作品が好きみたいです。よく言えば舌が肥えてきたって事で、悪く言えばすれてきたって事なんでしょう……。

学園モノに関しても、大体そんな感じで、
勢いよく鳴り始めた時計を殴って沈黙させ、俺は再び布団に潜り込んだ。
二度寝は人生最大の楽しみだ……。
起きなきゃいけないはずなのに、敢えて起きない。この背徳感がまた何とも……。

ゆさゆさ。

ん……?

ゆさゆさ。

んん……?

?「起きてよ~!学校遅刻しちゃうよぉ~」

あー、五月蠅い……。邪魔しないでくれよ……。
折角時計をぶっ壊してまで二度寝を楽しんでいるというのに。

…………。

……………………。


道玄斎「って、なんでお前が俺の部屋にいるんだよっ!!!」

みたいなw
そういうのは、そろそろ飽きて来ちゃった感じです。ちょっと表現悪いけどもね。
自分がそれだけ、沢山のゲームをプレイしてきたって事ではあるのですが、正直最近自分の中で補正が掛かっちゃうような気がしてならないんですよね。ありきたりの導入かもしれないけど、その後に凄いストーリーが待っているようなものでも、何となく出だしがこんな感じだと、妙に冷めてしまうというか……。
或る意味で「食わず嫌い」的な所が出てきちゃっているというか。

ここらで、少しゲームのオーバードーズを止めて、少しのんびりと作品と(色んな意味で)向き合っていこうかな、なんて。
ただ、ジレンマなのは「更新頻度だけ」がここのウリなわけでしてw ゲームのレビューが無くていつもいつも、こんな文章を読まされたんじゃ、人が来てくれねぇんじゃねぇか?とか、結構色々考えます。

ゲームのレビューの更新頻度は減るけれども、やっぱりそれでも「ゲーム」を一つの核として活動する積もりではありますよ?
ただ、どんなものをやったら喜んで貰えるか、楽しんで貰えるかっていうのは中々掴みづらい所がある。

ですので、「こんな事をやってちょ」とかがあったら、是非ご示唆下さいませ。あー、けどいきなり「長編感動ノベル作品を来月までに制作せよ」とかそういうは無理ですぜ……。
或いは、「こんな事一緒にやらない?」とか、そういうのも楽しいかも(一緒に勉強していこうぜ、的なニュアンスだと尚嬉しい)。俺がお荷物にならなければいいんだが……。先ずはご相談下されば幸いです。
「活動を停止しろ、クソ野郎」とかそういうのは勘弁してねw 細く長くやっていく積もりなんだから。


って、私が何が出来るんじゃい、って事でもあるので、軽く自己紹介+αみたいな私の学習期間に於ける年譜を箇条書きにしてみましょう。

【幼年学校編】
・何故か二歳から幼年学校に入る。
・殴り合いの喧嘩を覚える。
・虫とか捕まえてきてはスペックを測定し、図鑑と照らし合わせたりしてた。
・図鑑、読み過ぎで破損。
・あまりに鈍くさかった為に、親が心配して子供向けのスポーツ教室に通わせる。
・眠る前に、何かしらの本を読むのが日課になる。
・学研のことわざ辞典が好きで、読みまくって破損させる。

【小学生編】 ―好き勝手に遊んでいるフツーの小学生―
・小学生の頃、世田谷区の小学生を対象にした作文コンクールで金賞受賞。
・小学生の頃、世田谷区の小学生を対象にした詩のコンクールで金賞受賞。
・小学生の頃、世田谷区の小学生を対象にしたお習字コンクールで金賞受賞(←これは実力じゃない。祖母が書いてくれたのをそのまま提出しちゃった。もう時効だよね☆)。
・小学生の頃、横浜市の小学生を対象にした絵画コンクールにて、奨励賞のようなものを受賞し、作品がアメリカに(←写実的に書いたつもりが抽象画になって誤解されたまま輸送)。
・女の子に突き飛ばされて、左手の手首に怪我を負う。ためらい傷みたいだ!今も残ってる。

【中学生編】 ―ぱっとしない時期。だけども一番楽しかった―
・中学の頃は不良じゃなかったけど、著しく評判が悪かった。
・体重が85キロくらいになって、方々でうざがられた。
・「女子のリコーダーを舐めている」なんてありもしない噂が広まっていたらしい。
・成績はオール2くらい。国語ですら2だったりした。
・危うく、「高校浪人」しかけた。ありとあらゆる高校に落ちて、ありとあらゆる学校を探して受験。何とか某高校にお情けで拾ってもらう。
・何とか、少し漢字が書けるようになる。それ以前は殆ど漢字が書けなかった。

【高校生編】 ―勉強ばっかりしてました―
・断食を経て、体重が人並みになる。
・中学の時のような経験はしたくないので、頑張って勉強しました。評点平均は4.5とかそのくらい。特待生で学費免除。
・初めて、彼女らしき人が出来る。けれどもそれはその後の不幸への布石だった……。
・なんだかんだ口実を設けて、体育祭に高校三年間で一回も参加していないw
・アボリジニと喧嘩する。
・某有名予備校の模試の上位ランカーの中で気になる存在を見つける。そいつの名前が出る度にドクロマークを書き込む。
・初めての決定的な失恋。

【大学生編】 ―結局、なにやってたんだろうなぁ?―
・あまりに何のしばりも無い生活で「何をやったらいいのか」を見失う。
・しょうがないから、お琴を弾いてみたり、ヒエログリフの読解をやってみたり、小説の書き方講座みたいな授業をとったりと迷走する。
・結局、ずっと好きだった古典文学を専攻する事にして、一渡りの古典作品を読みあさる。
・高校時代に勝手にライバル扱いにして、ドクロマークとかつけていた、顔も見たことのない「予備校模試上位ランカー」が実は身近に居た事に気付く。その後そいつが彼女になる。そしてその後捨てられる。いまだに残っているダメージ……。

【大学院生編】 ―苦難の時期です―
・研究室でハブられる。
・レジスタンスを結成して、地下活動的に勉強をしたりする。
・無茶して体をこわして入院。
・それでも、色んな本を読んでいた時だけは楽しかった。
・辛かったけど、それでも大学の四年間だけじゃ得られない知識が色々と手に入ったので、まぁ、良しとしておく。
・この時期、こっそりと、某雑誌に記事を書いたり、取材記事を書いたりと活動をして糊口を凌ぐ。

【その後】 ―老後が心配―
・特に目立った活動は無し。なんか資格でもとらねぇとなぁ、なんて漠然と考える。
・ストレスが溜まったのでサークルを作ってみた。
・ゲームが好きだし、活動実態がないサークルだったからブログでレビューを書いてみた。
・淡々と過ぎる毎日。老後の不安が襲ってくる……w
・今ここ。

【備考】
・特技は古典を読んだり。
・趣味は読書と昼寝。
・最近、また禁煙を始めた。
・お酒も実は最近控え気味。


まぁ、良いことを書こうと思ったら、全然良いことが書けなかった。遺憾。
生粋の文系です。古典とか妖怪とかそういうのは得意です。
何か文章とかで賞を貰ったのって、小学生の時だけじゃん。駄目じゃん俺。
なんか、だめだめ人生の見本みたいな感じですが……。
良く頂く、プロフィールに関する質問にも答えられているんじゃないかな?と思います。


あー、そういや最近レビューを書くときに「制作年」と「容量」の項目を付けました。ご意見として頂いたものをそのまま採用させて頂いた形です。
頻度は減るとはいえ、勿論ゲームのプレイやレビューもやっていきます。
ですから、こういうご意見はとても有り難いです。少しでも役に立てればいいなぁ、と思う次第であります。

さて……珈琲でも飲んでくるか……。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-03-08 20:21 | 日々之雑記 | Comments(4)
Commented by 航海士 at 2008-03-08 21:12 x
こちらへの要望とかとは少し違いますが、制作者にとって嬉しいのはプレイヤーの声です。
レビューサイトは大小含めて数多くあるかもしれませんが、そこで語られるのはやはりレビュアー1人の感想です。無論それはそれでありがたいのですが、より多くの感想を聞きたいと思うのは制作者の性です。
ですからこういったサイトでレビューされる事は、より多くのプレイヤーを呼び込む要素になりえるので、大いに期待をしています。

ノベル関連のツラいところは、パッと内容を見せられない所にあると思います。マンガなどは手にとってパラパラと見せる事が容易です。
そんな読者に対する敷居が低い事がより多くの感想を呼べる要素であるかと思います。

可能不可能は別にして、レビューサイトのタブーである『ネタバレ紹介』
も、そういう意味ではある種アリじゃないかと思います。
推理モノや、話のラストまで語ってしまうのはダメですがね(苦笑
もしくは体験版のある作品はURLを積極的に載せるとか、
動画である程度導入部を撮影して、手軽に『こんな感じの作品です・・』
的な紹介があったりすると、よりリアルに伝わってきますね。
Commented by NaGISA at 2008-03-08 21:31 x
>道玄斎「って、なんでお前が俺の部屋にいるんだよっ!!!」
に笑ってしまいました。と言うか、私の奴が正にその展開でスタート
するので、ちょっと胸が痛みました(笑)。今度書く物語は、そう言う
出だしではないので、安心して大丈夫だと思います、多分(多分かよ)。

しかし、略歴を見れば見る程、ノベルゲームレビュアー(そんな呼称は
どうかと思うが(笑))としての共通点はあるものの、私と道玄斎さんの
見事なまでの方向性の違いに驚かされます。私は、「方程式を解くのが
趣味」「証明問題命」「論理式で思考する」と言われ、先生からも
「お前は0と1でしか考えられないのか」と嘆かれたほどの、ガチガチの理系、
更に「好きな歌は?」と言われて、「イェーズス ブラーイダー
マーイネ フローイデ」とか口ずさむくらいの「クラシック音楽命」ですから(爆)。

視点が違うものの、いつもレビューからは刺激をいただいています。
これからも更新期待しています。
Commented by s-kuzumi at 2008-03-09 18:44
>>航海士さん

こんばんは。プレイヤー一人一人の声というのは、やっぱり集めづらいですよね。集めたとしても、どうしても某掲示板みたいな、ああいう感じになってしまう。もういっそ、wikiみたいにしてしまうというのも手なのかもしれませんねぇ。何かしらの形で、制作者様に還元出来るような仕組みは考えないといけませんね。。

ノベルゲームの紹介は確かに仰る通りだと思います。
なんと言っても「プレイしてみなきゃ分からない」という所があって、パッと瞬間的に情報が伝達出来ない。プレイヤーの手に取りやすさとか、盛り上がりみたいなものを考えると、動画みたいな、そういう分かりやすい紹介があればベストですよね。ただ、動画でもあちらの都合で消されたりとか色々ハードルがあるかもしれませんね。是非新世代のノベルゲームの紹介法を、航海士さんには確立していって欲しいです!

或いは、SNSとかで自サークルのスペースを作って情報を発信していく、なんてのもアリかもしれませんねぇ。
Commented by s-kuzumi at 2008-03-09 19:07
>>NaGISAさん

あああ!!なんて失礼を……。
申し訳御座いません……。今改めて『カレイドスコープ』をプレイしたら、そんな感じでしたね……。いや、本当に他意はないんです……。

で、略歴、やっぱりNaGISAさんとは正反対でしたか。
NaGISAさんのレビューなんかを読ませて頂いても、やっぱり「論理に強いお人なんだなぁ」と感心する事頻りです。
私なんかは「自分の感覚だけ」で書いているので、やっぱり少し心許ない。論理がきっちりしたレビューだからこそ多少厳しい事を書いても、思わず納得出来てしまう説得力があるのだと、改めて思いました。

こちらこそ、いつも参考にさせて頂いております。
どうぞ、これからも宜しくお願い申し上げます。


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>