久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 20日

鬱病かもしれん……。

道玄斎です、こんにちは。
何と今の今まで眠っていました。
というのは、朝の五時くらいまで持ち帰りの仕事をしていたからです……。
で、これからまた、その続きをしなくちゃいかんのですが。。


んで、昨日、ご近所に住んでいるレビュワーの某Yさんから連絡がありました。

「最近、おかしいっすよ?大丈夫っすか?」

と。

自分では全く意識していなかったのですが、この一週間の私のここでの記事は何となく、それ以前の記事と違って、文章に妙な焦燥感があるそうな。
某Yさんは、たまにメールで近況をお伝えしたり、逆にこちらが伺ったりしているので、私の環境を良くご存じでありまして、尚かつ、医療機関に身を置くお方でもあります故、そのお言葉には信憑性があります。

それで、深夜にも関わらず電話にて、色々と相談に乗って下さったというわけです。

色々とお話を聞きつつ、我が身と照らし合わせて考えてみると、どうにも自分は鬱っぽい。
ここ、最近自覚症状が出てるくらいの体(というか頭?)の変調があって、


・電話番号などの数字が覚えられない。また、電話番号を聞きながらメモを取っていても、そのメモ自体が間違っていたりする。

・時々、頭の中が真っ白になって何をしたらいいのか分からなくなる。

・結構、毎日毎秒、不安感がある。特に夜眠る時に「本当に眠ってしまっていいのか……。何かやらねばならないことがあるのではないか……」と思い、結局眠れないので、アルコール摂取によって眠りにつく。

・ここ一週間くらい、本を読んだりする気力も著しく減退。無理に読もうとしても同じページを20回くらい繰り返し読んでいる。

・薬を飲むと一時的に楽になる。


と、こんな感じです。
結構、自分は我慢強いタイプだと思っていただけに、正直自分にがっくりです。
苦行のような、自分をイジメルような事すら好きなのに、なんでこんなになっちまったんだ、と。

ちなみに薬はちゃんと処方して貰ったものです。かなり前に、ですが。
うんと昔、「女の子に振られて、夜も眠れなくなっちまった!」と医者に訴えてみたら、以下の薬が処方されましたw
内訳は「ドグマチール50mg」「セディール10mg」「パキシル20mg」となっています。

だけれども、殆ど使わなかったので、まるまる残ってるんですよね。
で、最近、思い出して引っ張り出してきて使っています。
お薬にはメリットとデメリットがあって、メリットは一時的とはいえ、少しは気持ちが晴れる部分がある、という事。実際一時的に効くものなのか、服用しつづけることで恒常的に効いてくるものなのか、ちょっと分からないのですが、プラシーボ効果で効いているような気がしているだけなのかも。私、単純ですし。
デメリットは、根本的にすっきりするわけじゃない、ってところと、眠気を伴うところです。
この眠気とても厄介で、起床してもまだくらくらするような、そういう効力があるような気がします。今日は休日ですからいいのですが、実際月~金には使えないかも。


なんで、こんなんなっちゃったのか?ってーと、今の職場の環境の問題でしょう。
終業時間と残業時間の境目がシームレスで、帰宅すると午前様(もしくはその手前)がずっと続いております。忙しい時に残業があるのは当たり前とはいいつつも、常にこの勤務形態で、尚かつ残業代が一切払われないという状況でして、それを考えると鬱々とした気持ちになります。
某公的機関に問い合わせてみた所、やはり残業代が支払われないのは法律に違反している、という事でした。
自分の仕事を早めに処理して、「今日は早く帰ってゆっくりしよう」と思っても、何故か他人の仕事を押しつけられてしまいます……。しかも私に仕事を押しつけた人は、私に丸投げしてさっさと帰ってしまうという……。しかも、締め切りが翌日午前中まで、とかだったりするので、私は残らざるを得ない。どうせだったら、二人で手分けしてさっさと済ませてしまうのが、一番効率的だと思うのですが……。
人によっては、ほぼ毎日午前様まで社内に残っていたりするので、何を甘い事を、と仰る方もいるかもしれません。が、結構辛いっすよ……。仕事場まで結構遠いしね(遅くまで残れる人は会社の側に住居がある)。だから、先週引いた風邪、まだ治ってないのですよ。

そうねぇ、体が資本っていうから、いっそ会社を辞めるというのも選択肢の一つなのかもしれません。マジで転職を考えようかしら……。

ただ、それでもこうやってブログを書けるだけの元気はまだ残っています。
これからもマイペースで更新をしていくつもりです。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-04-20 16:53 | 日々之雑記


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      ノベルゲーム/サウンドノベルと... >>