久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 01日

なんてことない日々之雑記vol.77

道玄斎です、おはようございます。
ここの所、色んな作業が押していて、生活リズムが崩れてしまっています。
今日こそ、早く寝よう、と決心するも、妙に寝付けずにこんな時間に。

んで、5/31に「禁煙やってみよっかなぁ……」的な記事をちらりと書いたのですが、どうやら31は国際的な禁煙デーだったみたいです。
確かに、禁煙すれば、一日一箱で300円でしょ。一月が30日だとすれば、9000円。イライラした時は一日一箱以上吸ってしまう事もあるわけで、大体一月10000円の節約になります。

そうすると、一年で120000円。さすがにこれは馬鹿に出来ない金額ですねぇ。
けれども、そうすっと折角使ってるデュポンのライターとかが無駄に……。いや、それでも半年も我慢すればライター分の金額の節約にはなるわけで……。

私は、万年筆だとか、ライターだとか或る意味「使えるもんなら何でもいいじゃん?」ってものに割とこだわりがあるようです。
万年筆だって、ふつーにボールペンを使えば問題ないし、ライターだってそれこそ書庫から発掘されたとなりのトトロのライターでも、或いはコンビニでレジの所に置かれている100円ライターでもいい。けれども、そういうどーでもいーことに妙なこだわりをもってしまいます……。

これは昔書いたかしら?
いや、小学生くらいの時に読んだ本に「年齢と共に筆記用具も変化していき、最初は鉛筆その後、シャープペンシル、そしてボールペン、最終的に万年筆にいきつく」とか書いてあったんですよね。意識してかどうか分かりませんが、本当にその通りの変遷を辿っているのは、もう笑うしかありませんな。勿論、今でもシャープペンも使いますし、場合によってはボールペンも使わないわけじゃない。なんだけども、「自分仕様」にペン先がカスタマイズされた万年筆は格別の書き心地なので、特に問題がなければ、万年筆を使っています。

ライターも、家にデュポンのライターがあって、妙に重みとかがしっくりくるので、ずっとそいつを愛用したりしています。尤も、ライターを家に置いてきてしまうなんて事も頻繁にあるので、その都度コンビニとかで買っちゃうんですが。
ちなみに私のデュポンのライター、蓋を開けるときにあの独特の金属質の澄んだ音がしないんですよw あの音がデュポンの代名詞みたいなもんなのに……。よもやニセモノって事はないんでしょうけれども、一度デュポン社の方に修理にでも出した方がいいのかもしれませんね。って禁煙するんじゃなかったのかよw


さてさて、今日は日曜日です。
これから、眠るとして、折角の休日ですから合間をみてノベルゲームをプレイしたいところ。
面白そうなゲームは、実は何本か既に落としてあります。ただ、少し容量が多かったり(なんと200M越えもあったりする)、何本もルートがありそうで、少し手間が掛かりそう。
まぁ、ゲームは焦ってプレイするものではないのですから、じっくりと付き合っていこうかな、と。

んじゃ、おやすみなさいませ。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-06-01 04:57 | 日々之雑記


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>