2008年 06月 08日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『やさしいにおい』

b0110969_2042770.jpg

道玄斎です、こんばんは。
今日は、久しぶりの番外編。尺は短いけれども、目にとまった作品を紹介していきます。

で、今回は昨日と同じく紹介して頂いた作品ですね。
というわけで「花冠-hanakamuri-」さんの『やさしいにおい』です。

視点人物が猫です。
猫の一人称語りで物語が進んでいくのですが、妙にやさしくて暖かい感触があります。
動物を飼ったことのある人なら、共感出来るんじゃないでしょうか?
奇しくも、私は野良だった猫を二匹飼っているので、かなり感情移入して読むことが出来ました。

結局、動物を飼うって本当はとても悲しい行為で、そこには絶対的な「別れ」が存在しているんですよね。いや、別に動物に限らず、人間同士であっても出会った瞬間から、「別れの時」まで着実に、確実に時間は進むのでありました。
動物の場合は、殆どの場合が「死別」となってしまうので、余計に悲しいですね……。ですので、本当は私は動物を飼うのってあんまり好きじゃないのですよ。

さて、本作で特徴的なのは、背景の画像です。
とっても素敵な背景写真が使われており、物凄く雰囲気が出ていて、一つの作品としての完成度が高まっています。画像とテキスト表示の領域のバランスも良いですね。個人的に、こういうタイプの画面の表示、結構好みです。

文章も上手だったのではないでしょうか?
厭味がなくて、すんなりと入ってくる、それこそ優しい手触りの文章で作品にマッチしていました。


ストーリー的な起伏こそ乏しいものの、優しくどこか綺麗な作品となっています。
大体5~10分で読了可能。ちょっとした合間に読んでみて下さい。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-06-08 20:42 | サウンドノベル


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>