久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 13日

なんてことない日々之雑記vol.97

道玄斎です、こんばんは。


というわけで、やってきました「フリーノベルゲーム/サウンドノベル愛好家の集い」。
とっても怪しい中華料理屋でのひととき、如何でしたでしょうか?
本当に怪しかったでしょ?w 烏龍茶を何度か注文したら店員さんがめんどくさくなって、サントリーの烏龍茶の2L入りペットボトルを途中からドカンと机の上に置いていったり(どういう値段計算になったのか今ひとつ不明……)、「コレ、アゲルヨ」と言われて、謎の桃の皮の砂糖漬け(?)を強制的に貰ってしまったりw 

人数は、まぁ少ないとも言えず、かと言って多いとも言えず、第一回目としてはこんなもんでしょう。
今回、スペシャルゲストとして『あやかしよりまし 逢魔』を制作なさった葉来緑(ハック)さんも、途中から来て下さり、制作秘話などもお話していただき、私のくだらないしゃべりが延々と続かなくてほんっと良かったですw

参加して下さった方も、やっぱりちょっと普通の人じゃ意味不明なフリーのノベルゲームの話を難なく出来る、歴戦のフリーノベルゲーマーだったりして、流石の一言でした。「私が下らない事を書くんじゃなくて、この方がレビュー書いた方が良くない?」なんて本気で思いましたもんw

私がチェックしていなかった作品なんかも教えて下さったので、近々プレイしてみようかな、なんて思っています。

教訓として、今後もこの「集い」をやるのであれば、やっぱりゲストは欲しいですね。
今回は『あやかしよりまし 逢魔』をリリースしたばかり(という事でいいのかしら?)のタイムリーなお人、ハックさんが来て下さいまして、本当に助かりました。


もし「俺をゲストに呼んでくれ」とか、「俺がゲストでもいいっすか?」という方がいらっしゃったら、是非メールを下さい。ゲストあっての集い、の方が参加者も増えそうですしねw


なんだか思い返してみると、私は甘いものばっかり食ってたような気がします(私、いなくても良かったんじゃ……w)。
あの中華料理屋、メニューが600種類以上あるので、知ってる中華料理の名前を言えば、大抵何でも出てきます。例の中国の特級厨師の資格を持つ人が作っているので、「満漢全席」だって、頼めば出てくるでしょうw
で、私は金木犀のスープの中に浸かった胡麻団子が好きで、そればっかり食ってたようなw
いや、基本的に甘いモノ、好きなんですよ。


というわけで、第一回、参加して下さった方、どうもありがとう御座いました。
また、ゲストをお迎えして、第二回目ももっとディープに語れる場にしたいですね。

それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-07-13 23:52 | 日々之雑記 | Comments(4)
Commented by yama at 2008-07-14 00:47 x
道玄斎さん、こんばんは。

本日はどうもありがとうございました。
確かに怪しい中華料理屋でしたね・・・・。

色々フリーノベルの話が出来て、とても楽しかったです。
雲の上の存在だと思っていたハックさんともお会いできて感動しました。
本当に参加してよかったです。

近いうちに第二回目が開催されることを期待しております。
それでは、失礼します。
Commented by ゆつき at 2008-07-14 02:54 x
こんばんは!!
いや~、濃い一時でしたね(笑)
料理も怪しかったし……

いやはや、もっといろんなゲームをプレイしたいと思わされました。
次回開催時は是非プラカード用意しましょう。
今夜はそろそろオネムなので、ぼやきはまた明日……
Commented by s-kuzumi at 2008-07-15 00:19
>>yamaさん

こんばんは。
昨日は、本当にお世話になりまして……。
味はともかく、あの中華料理屋は、まぁ、雰囲気とか「怪しさ」そのものを楽しんで貰えれば、とw

私もハックさんが来て下さって、本当に助かりました。
次の機会がありましたら、又大物ゲストをお呼びして、色々話していただこうかな、と思っておりますので、その時には是非またご参加下さいませ。
Commented by s-kuzumi at 2008-07-15 00:21
>>ゆつきさん

こんばんは。

料理、怪しいと評判すぎて、少しだけ凹んでいますw
しかし、あれだけ詳しい方が来て下さるとはおもわざりき。私も良い刺激を一杯受けました。

プラカードはちょっと恥ずかしいけれども、何か目印になるようなものとかがあると集合はスムーズですよね。反省点は活かしたいです。
次回をやるとしたら、そちらのつてで、大物ゲストとかを呼んでいただけると……w 


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>