久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 20日

フリーサウンドノベルレビュー 『MIST』

b0110969_21155661.jpg

今日の副題 「霞に閉ざされた心の内」

ジャンル:女性向けビジュアルノベル(?)
プレイ時間:1ルート15~20分くらい。全部で6ルートあり。
その他:選択肢あり、結構多いかも。
システム:NScripter

制作年:2008/7/15
容量(圧縮時):10.3MB



道玄斎です、こんばんは。
昨日、原因不明の腹痛で蹲っていたので、更新が出来ませんでしたが、今日はちゃんと正露丸を服用しているので大丈夫。また、色々お勧めの作品なんかも教えて頂いているので、当分、プレイするゲームには困りそうにありません。
さて、今回は「JACK IN THE [BOX]」さんの『MIST』です。絵師さんとのコラボ作品という事になりましょうか。
良かった点

・若干耽美っぽい雰囲気がグー(耽美っていうとそっち系だと思われちゃいそうだけど)。

・背景とイラストの雰囲気が良くマッチしていたと思う。イラストも可愛らしくて、キレイです。


気になった点

・どのルートも若干の物足りなさが。

・意外と、全てのルートを見るのが難しいような。

ストーリーは、特設サイト(?)から引用しておきましょう。
「どうぞ」

差し出された白いカップに、赤い液体がゆらめいていた。


数秒、その赤に視線を落とす。甘さの中に酸味を含んだ、強い香り。
特に意識せず顔を上げると――彼は、静かに見つめ返してきた。
なのにどうしてだろう、その表情が読み取れない。

「さあ。……お嬢様」

このひとは、だれだった、だろう。

こんな感じのストーリーとなっています。

一応、女性向けという位置づけのようなのですが、男性でも普通にプレイ出来る作品です。視点キャラが女性(デフォルトの名前=アリス)で、恋愛要素もちゃんと入っているので「女性向け」となっているだけで、実はどなたでも問題なくプレイ出来ると思います。
たまーに女性向けと銘打たれた作品をプレイしているわけですが、意外と侮れないものが女性向きにはあったりします。女性向き、というジャンル分けで敬遠される方もいらっしゃると思うのですが、どうぞ先入観を捨ててプレイしてみて下さい。

プレイして先ず気付くのは、タイトルとの連動性です。
タイトルが『MIST』で、視点キャラ=アリスの視界、そして意識は霧が掛かったようになっており、目の前に立っているキャラは最初は薄ぼんやりとしか認識出来ません。
この薄ぼんやりとしたアリスの世界から、抜け出すのか、或いはそのまま溺れていくのか、というのが選択肢の大きな区分けになります。

どちらが現実で、どちらが夢なのか分からない、そんな霧に包まれたような不明瞭感が大きな特徴です。
ちなみに舞台は、少し中世ヨーロッパ風で、アリスはお屋敷のお嬢様という役所なので、ちょっと中世ヨーロッパ風ノベルの耽美な感じが微妙にあって、こういう雰囲気結構好きです。
これは蛇足なんですが、私の身の回りの人って、アメリカ至上主義みたいな人たちが多くって(特に女性が多い)、私は少し辟易としているんですよw 個人的に或る程度の「歴史」があるものの方が好きなので、こういう雰囲気は結構好みなのでした。
それに微妙に隠微な空気感があって、そういうのが好きな人にはたまりません。


基本的には「これ」と決めた選択肢を選び続ける事で、四つのエンドは比較的簡単に見ることが可能です。一応、それぞれバッドとハッピーエンドの二種類があって、それで四つのエンドになっています。
で、もう二つのエンドは結構到達するのに苦労します。
というのも、単純にストーリーだけを追っていくなら、かなり短めのストーリーなのですが、その割に選択肢の数が結構多いんです。それも特徴的な行動を選択していく、というタイプよりも「ある行為をするかしないか」という二択に近い感じで、色んな組み合わせを試していかないと中々エンド5、エンド6にたどり着けませんでした。
結局、オールクリアーまでに2時間くらい掛かってしまいましたね。

そういえば、エンド5までは序盤からの一貫した物語軸にそったエンドだったのですが、エンド6は若干唐突感があるかな? 
エンドに関して言えば、「これからどうなる?」という期待を持たせた所で終了、というパターンが多かった気がします。出来たら、もうちょいエンディングとかで「その後」を補完してくれるような、そういうものがあっても良かったのかもしれません。そういう意味で若干、物足りなさが。


全体的にもやもやとした雰囲気、そしてどこか隠微な空気感が魅力の作品だったと思います。
割とさっくりとプレイ出来るハズ(全てのエンドを見ようとすると話は別なのですが)ですので、気軽にプレイして欲しいと思います。
一応、女性向けなので、女性の方はどういった感想を持たれるのか、興味がありますね。

今回はちょっと短めですが、このへんで。
それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-07-20 21:16 | サウンドノベル


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      ノベルゲーム愛好家のDTM勉強... >>