久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 11日

なんてことない日々之雑記vol.106

道玄斎です、こんばんは。


折角の夏休みなのに、体調を崩してしまいました……。
いや、珈琲の飲み過ぎなのかもしれないのですが、胃が痛くて、妙に気持ち悪い。
んー、上手く説明出来ないのですが、上半身が重い、みたいな? 

先ほど、よその家から流れてきた夕食の匂いで、胃がムカムカして気持ち悪くなるくらいの症状w 風邪かしらね……。
このブログを長らく読んできた方は、お分かりかと思いますが、私は体がとっても弱いw 正直、病弱というレベルかもしれません。結構、定期的に風邪を引いたり、寝込んだり、医者にお世話になる事があるわけでして。

ちょいとゲームをプレイすると、病状(?)に良くなさそうなので、少し、謹慎しようかと思います。
まぁ、多分風邪でしょうから数日って所でしょうかね。その分、レビューの種になっている下らん、役に立たない知識の拡充でもしようかと。
というわけで、今日も今日とて本を買ってきました。以前に比べ、本の購入ペースが著しく落ちていますが、まぁ、今のライフスタイルっていうか、そういうものには合ってる気はします。本音を言えば、一日中本を読んで暮らしたいけれども、流石にそれは出来ませんからねぇ。

で、今日買ってきた本は岩波文庫のリクエスト復刊の『武道初心集』と新潮選書の『処女の文化史』という本です。


岩波文庫は復刊シリーズが面白いですよね、やっぱり。そういえばやっぱり岩波の思想大系だったかな? そのシリーズにも「武道初心集」は入っていたように記憶しています。神保町やら早稲田の古本屋街で15分くらいウロウロすれば、そこそこ安価で(そうね、1500円~くらいかな?)で入手出来るはずなのですが、そっちに行く機会が全然無いので、間に合わせで文庫本で。

取り敢えず、ちらほらと読み進めているのですが、『葉隠』にちょっと似てますね。
自分が長生きする、なんて考えずにいつも死を考えて奉公、又は孝行せよ、というような辺りです。ここで言うところの「武道」は「武術」と二アリーイコールで結ばれるアレとは違うと思われます。恐らく「武士道」の事を指して「武道」と呼んでいると思しい。

ちなみに、この本の初版が今から65年も前ですから、すっごい読みにくいですw 編集者の方針で「句点」以外は付いていませんし、ルビも本当に必要最小限(現代の基準から見たら、もっとルビが多くてもいいと思う……。正直、辞書引かないと分からない漢字とかありましたもの)で、且つ漢字は全て旧字で、更に更に微妙に漢文を知らないと読めないような文章が出てきたりします。まるで拷問のような本ですが、そうした本をひぃひぃ言いながら、読むのが無上の喜びなのでw 
そのまんま、読んでいってもいいのですが、自分の脳内に内容が定着するように(読むのに一苦労な本だと、内容が右から左へ抜けてしまう事多し。これは私の頭の悪さ故なのですが……)鉛筆片手に読んでいます。

つまり、自分で読点を切るわけですね。
こうして書いているブログも、アホみたいに読点が多いですよね?w 私、読点が大好きなんです。気負わず書くような文章は、もう気の向くままに読点を使いまくるのでした。
勿論、ちゃんとしたものを書くときは、推敲する際に、読点をかなり減らします。
そんなわけで、一ページにつき大量にセルフで読点を付けて読んでいます。



んで、もう一冊の『処女の文化史』という本、怪しげな本じゃなくて、割とアカデミックな本だったりします。昨年英国で出版された、マンチェスター大学の準教授のセンセイが書かれた本の邦訳です。マンチェスター大学っていうとやたらめったらノーベル賞受賞者を出している大学である一方で、ケミカルブラザーズ(←結構好き)の出身校だったりもします。

ですから、タイトルはちょっとアレな感じですが、一応相当程度はしっかりとした文化史の本ですね。最初は立ち読みで済ませるハズが、キリスト教に関わる問題についても触れていたので、購入する事に。一応『聖書』読んでますから、今そっちの方面に関心が強いんですよ。
ぱらぱらとページをめくった感触では、美術史とか、そういう部分との関わりも示唆されていて、興味深い本です。


というわけで、少しゲームを控えて、体調を整えてこようかと思っています。
例によって、恐らくまた毎日のように、グダグダこんな日記を付けたり、「ゲームを控える」と宣告しつつも、その舌の根の乾かぬうちにゲームのレビューをしたりする事でしょうw

それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-08-11 21:26 | 日々之雑記 | Comments(2)
Commented by くじら at 2008-08-12 18:58 x
こんにちは。
夏風邪は長引いてたちがわるいので、治りかけは気をつけなきゃだめですよ(`・ω・´)

葉隠!読もう読もうと思いつつズルズルときてしまいました。読んで理解できるかもわかんないですが、一度お目にかかりたいものです。
聖書は街角で貰ったものがあるのですが、いつも途中で放棄してしまいます。
もう一度試しに読んでみようかしら…。

図書館が遠い自分の家が恨めしいっす。
Commented by s-kuzumi at 2008-08-13 01:21
>>くじらさん

こんばんは。
夏風邪、なのかなぁ……? そんなに酷い風邪ではなさそうなのですが、ちょっと数日の間は養生してみます。普段は非アクティブ系なのに、具合が悪くなると妙にアクティブな事をしたくなる、という悪癖を押さえ込んで頑張りますw

『葉隠』、原文で読むとちょっと難しいかもしれませんね。江戸時代の文章って難しいですし(これは私が慣れてないだけかも)。
新潮文庫から出ている、三島由紀夫の『葉隠入門』なんて入手のし易さや読みやすさで中々良いと思いますよ(新潮文庫だから値段も安いし!)。興味があったら是非是非。


<< なんてことない日々之雑記vol...      なんてことない日々之雑記vol... >>