「ほっ」と。キャンペーン
2008年 08月 18日

なんてことない日々之雑記vol.109

道玄斎です、こんばんは。

いつのまにやら、この日々之雑記も人間の煩悩の数より長く続ける事になっていますね。
先週はお盆休み、という事でいつもより沢山の方に当ブログを見て頂いたようで、誠に光栄であります。今週は平常通りのアクセス数で、ちょっぴり寂しいと思うと同時に、小心者故、少し安心していたりもして。


今日は、少し積みっぱなしの本を消化しようと思って、朝から何冊か持ち出して移動時間などに読んでました。無事二冊読み終える事が出来たので、まぁまぁ満足。

面白そうなノベルゲームも積みっぱなし(フォルダの中に……)なので、出来たらやりたいのですが、時間が取れるかどうか、ちょい微妙な所ですね。
ご紹介頂いた作品なんかもあるので、楽しみにしてはいるのだけれども。。。

そういえば、ここ数日、やたらた「番外編」を乱発していました。けれども、これって別に意識しているわけじゃなくて、たまたま短めの作品が続いてしまったという。少し疲れていたり、或いは、時間の無いときに、こういう短編でさっくりと楽しむことの出来るゲームは貴重です。
割と自分の感覚だと、一般的な長さのゲームって「積み上げて」作るような部分があるように思えるんですよね。で、一方短編は「引き算」で余計な部分を限界までそぎ落として純度を高める、みたいな。
そうして出来上がったものにある種の物足りなさを覚える事もあったり、はたまた“その作品らしさ”みたいなものが見えたりすると、とっても嬉しかったり、感想は様々ですが、短編のゲーム結構好きなんですよね。

けれども、「短編」と一口に言っても色々な解釈があるわけで、10分で終わるものを短編と称す事もあれば、1時間掛かるものを短編と言う場合もちらほら。1ルートは15分くらいで終わってもコンプリートするのに2時間くらい掛かれば、それはもう短編じゃねぇだろう、なんて思ったりもw



ゲームとは全然関係ないけれども、私生活の面でもちょいと色々とプロジェクトが勃発しているので、微妙にこれから忙しくなる予感です。

人の薦めで、まだ誰も解読していない(活字に直していない)本を解読したりとか、まぁそんな感じのモノもあって、微妙に充実してきているのかな? この企画は全人類の為(というと物凄く大げさだw)、ネット上で公開して、ソッチ方面に関わる人、或いは一般で興味のある人に広く開放しようと思っていたら、関係者に「それは止せ!」と猛反発されまして、取り敢えず出せる所があるのか分からないけれども、ネット上の「0と1のデータ」ではなくて、マテリアルとして残るものとしてリリースしよう、とそんな方向で話しが進んでいます。

勿論、どこも出してくれる所が無かったなら、ネットで公開しちゃうもんね。
内容自体が数百年前のものですから、著作権とかも心配ないし。
問題は、かなり分量が多い、という事でしょうかね……。片手間にやるから、もしかすると年単位のプロジェクトになるかもしらんね。
ついつい、色々とやるべき事が多いと、楽しいことに流れていっちゃうのだけれども、苦しい事の中から楽しいことをすくいだせるような、そんな活動になったらいいなぁ。



相も変わらず、ゲームものんびりマイペースで遊んで、レビューも書いていくつもりです。
未完のものだけれども、どうしてもプレイしなおしたいアレとかもあるしね。
それでは、今日はこのへんで。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-08-18 21:11 | 日々之雑記 | Comments(0)


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>