久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 26日

なんてことない日々之雑記vol.110

道玄斎です、こんばんは。

昨日、今日でツールの解説書をちらほら読んでいます。
何のツールかってーと、言わずもがなですが「NScripter」と「吉里吉里/KAG」です。一応、二冊とも持ってるんですよ。NScripterは改訂版のオフィシャルガイド。

まぁ、なんていうかツールくらい使えないとよくねぇよなぁ、と思ってあれこれあれこれ。
取り敢えず、二大エンジンのNscripter、吉里吉里/KAGをおさえておけば、ね。
当たり前っちゃ当たり前なんだけども、NScripterの方が習得が容易ですね。それは参考書の中身からもすぐに分かります。二冊とも厚さは同じくらいなんですが、NScripterは100ページそこそこ読めば、一通り色々出来るんです。
一方で吉里吉里/KAGの方は、140ページくらいまで読んで概要が分かるって感じで、ゲームとして成立させる為にはラストまで読まないと……。

そりゃぁ、完成度の高いもの、自分のイメージ通りのものを作ろうと思ったら、NScripterであれ吉里吉里/KAGであれ物凄く大変な事だと思います。結局、最終的にはボタンとか素材まで自分で作ったり、或いは発注したりしなきゃいけないしね。
やっぱり、そう考えていくと、絵が描けるとか、デザインが出来るとかって物凄いアドバンテージだな、と思いましたね。

自分で何か作るとしたら、やっぱり吉里吉里/KAGかなぁ? とは思うのですが、一度NScripterを弄ってみる、という経験も必要でしょう。吉里吉里/KAGよりも比較的気軽に制作可能ですしね。そんな訳で、こっそりそういう練習もしていこうかな、と思っています。


段々とね、効果音を作ったり、ジングル? みたいなヘンテコなショート音楽を作ったりと、中間目標である「ゲーム制作」に向かっている感じはしますねw
そう、ゲーム制作は最終目標じゃないのですよ。最終目標は当初から言っているように「ノベルゲームを一般に広く啓蒙する」という所にあるわけでしてw 道のりは遠いのですが、一歩一歩着実に。



そうそう、ざっと参考書を読んだ感想なんだけれども、NScritperの場合「アドバンス」も持っていた方がいいかな、と思いました。デフォルトのままで動かすというのが、段々と少なくなってきているような気もしますし、自分の作りたいものに近づける為にも、「アドバンス」が必要になるような気がします。
これは余談だけれども、こういう解説本ってノベルゲームそのままに可愛い女の子の「立ち絵」が表示されていて「私たちの掛け合いで楽しく解説♪」みたいに書いてあるんだけども、実際、掛け合いになってねぇw かといって俗にK&Rと呼ばれる『プログラミング言語C』みたいに硬派すぎる解説でもアレだけども。

ここ数日で、また何本かプレイすべき作品を発掘してきましたので、近々プレイしちゃおうと思います。
それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-08-26 21:55 | 日々之雑記


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      ノベルゲーム愛好家のDTM勉強... >>