2008年 09月 04日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『遊女の檻』

b0110969_19453022.jpg

道玄斎です、こんばんは。
今、急に東京は大雨が降り出しました。今日も暑くて、そしてジメジメ。気が滅入ってしまいますね。けれども、今日も頑張ってゲームをプレイ、です。

というわけで「青野零奈」さんの『遊女の檻』です。
最近、ブームになった所謂“ヤンデレ”を扱った作品です。“ツンデレ”とか“ヤンデレ”とかそういう用語の解釈って、色んな流派があるようでして、一概に「これが正しいヤンデレ!」とか言えない部分がありますよね。
ですので、今回も「女の子が主人公を病んだやり方で愛する」くらいのゆるめの定義でいこうと思います。


プレイ時間は大体3~5分くらい。
イラストも限りなくシンプル。ラフな感じの線画って感じでしょうか。
こんな感じで情報量は少なめなんですが、結構中身はディープです。最近では『ヤンデレの女の子に死ぬほど愛されて眠れないCD』なるものもありまして、これは音声で“女の子の音声の演技で、恐怖(?)を味わうという趣向のCD。まぁ私、持ってるんですが……w

ともかく、“ヤンデレ”で大事なのは「怖い雰囲気」なわけでして、その意味で、本作くらいにシンプルな作りでも怖さが確保出来ていればそれは“ヤンデレ”なんじゃないかな、と思います。

でも、最初プレイしていて「これ、ヤンデレなのかなぁ……?」と微妙に悩んでしまいました。
というのは、お決まりの「あの女の匂いがする……!」とか、そういう直接的な表現はないんですよね。でもバイナリは「yandere.exe」って名前ですし、何とも言えない不思議な感触を覚えました。

確かに、ヤンデレっぽい要素として「監禁状態」とかそういうシチュエーションは出てくるわけですが、主人公がそれに対して怯えているような様子も無く、寧ろ主人公が病んでるんじゃないか……なんて思ってしまったくらいです。
ですが、最後の最後で、「ああ、やっぱりヤンデレだった!」と気付くことに。
オカシイ人と誤解されたくはないのですが、何となくこの最後のキメの部分で私は微妙に共感してしまいましたw 共感っていうと言い過ぎかも。「まぁ、そういう気持ちは良く分かるよ」くらいかな。あっ、それを共感っていうのか……?w


最後に一点だけ注意を。
本作、カニバリズムの要素も多分にあります。ニガテな人は要注意。

ともあれ、短い作品ですからグロいのが厭でない人は(って言ってもそこまでグロくない)プレイしてみて下さい。ラストシーンは必見ですよ?
[PR]

by s-kuzumi | 2008-09-04 19:45 | サウンドノベル


<< なんてことない日々之雑記 ~超...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>