2008年 09月 24日

フリーサウンドノベルレビュー 『一子、二狐とも、巫女との狸』

b0110969_23231059.jpg

今日の副題 「少しほのぼの、ラストは涙」

※吟醸
ジャンル:狐の巫女とアルバイト(?)
プレイ時間:2時間程度。
その他:選択肢なし、一本道。フルボイス。
システム:NScripter

制作年:2008/10/? (とreadme.txtではなっている。勿論フリー版にて)
容量(圧縮時):110MB



道玄斎です、こんばんは。
大分身辺が慌ただしくなってきたのですが、私が注目している作者様が新作を出したと聞いては黙ってはいられないわけで……。
というわけで、「花を吐く抄女」さんの『一子、二狐とも、巫女との狸』です。
良かった点

・ほのぼのとした旧き良き日本の情景が、伸びやかに描かれており好印象。

・ラストはかなり感動的なもので、今までの作品の中で一番「シメ感」のあるものだった。

・特徴でもあるちょっぴり難解な言い回しは、若干少なくなり、より理解しやすいストーリーに。


気になった点

・ラストのラストで、やや難解な部分があった。

ストーリーは、サイトのURLを張っておきましょう。こちらからどうぞ。
ボイスサンプルや、イラストなんかも見れますので、是非是非。


面白かったです。
ここ最近の「花を吐く抄女」さんの作品は、割と抽象的というか、少し観念的というかそういう部分が、その独特の台詞回しと共にあったのですが、今回、ストーリー性がしっかりと表に出てきて、本当に良い作品に仕上がっていたように思います。

『挽歌~』はかなり好きだったのですが、今回の『一子~』をプレイして、「『挽歌~』を越えたかな?」と感じましたね。完全に妖怪とか神様とかそういう輩の世界を描くよりも、人間と彼らの交流、そういうものを描いた方が私的には好みのようです。
丁度、奇しくも昨晩、知り合いの方と「お狐様」について話をしていて、脱線してしまうのですが、ちょっと語ってみましょう。

私がお話した知り合いの知り合い。その娘さんのお話です。
娘さんは小学生くらいだかで、ついついいたづらで、仲間達とお稲荷様の灯籠だかなんだかを自宅に持って来ちゃったんですね。これはもう狛犬の上に載っかるとか、そういうレベルのいたづらではないですよね? 
で、結果何が起こったのかというと、その女の子(小学校低学年だったハズ)、その日を境に体調を崩し、何とお乳が出るようになってしまったんだそうな。「これはお稲荷様の祟りじゃ」という事で、灯籠だかを元の場所に戻して、お稲荷様のボス的存在の神社(多分、伏見稲荷にでもいったんでしょう)に行き、神主さんだか禰宜さんだかに相談して、お札を頂いたり、対処法を教えて貰ったりして、何とか事なきを得た。

と、まぁこんな話でした。
結構、お稲荷様は怖いぞ、というのが私と身の回りの人間の共通見解でして、敬うならばしっかりと、そうでなければあまり関わらない、という事にしています。ま、蛇足ですね。


で、本作、一子という女の子が、偶然巫女のバイトのチラシを見つけ、そこで例祭までの四日間、巫女さんになる、というのが大まかなストーリーの流れです。
巫女さんについては、私も色々調べたり、或いは教えて頂いたりした事があるのですが、普通(本職の)の巫女さんは26歳くらいで定年を迎えるので、そんなに長く出来る職業ではないんですねw 本作の場合、日給5千円ですが、これは恐らく全国平均で言えば、そこそこのお給料なのではないでしょうか? 大きな神社で日当1万円くらい、地方の小さな神社で日当3千円なんて話を聞いたことがありますから、まぁ割と平均的なお給料なのかもな、と思ったりして。

けれども、多分職業に対する価値観って、本当に人それぞれで「兎に角給料の良い所」を選ぶ人もいるだろうし、「自分の趣味や特技を最大限活かせる所」という観点から選ぶ人も当然居る。或いは「安定感」とか「のんびり過ごしたい」なんて理由から選んだりもしますよね。
寧ろ、「何となく流されて」何かの仕事に就くよりも、どういう観点からであれ「自分の意志」で職業を選択し、それに従事するというのは、本当に素敵な生き方だと思いますし、尊敬しちゃいますね。
ま、勿論、何となくなっちゃったものが面白くなっちゃって天職になった、なんてケースもありますけれどもね。

いや、私、実は今更なんですが「神主」になりたかったりするんですよw
そうすると、多分神職課程のある大学に入学し直して、神職課程を履修して、神職実習を経てそういう職業に就く事になるわけですが、さすがに今更は厳しいかなぁ……?
「通信教育神職養成課程」なんてのがあればいいんですがw

さて、今日は脱線多めですね。
で、神社に既にお勤めしていた黒銀と白金の二人は実は、狐です。所謂お稲荷様なんですけれども、神様ではないらしいのです。神様に事える、下位の神様というイメージでしょうかね。そんな狐の巫女さんと一緒に巫女ライフを送る一子。
かれら三人のほのぼのとしていて、微笑ましい生活の描写がなんだかとっても素敵です。
旧き良き昔を思い出してしまうような、じんわりと染み渡ってくる感じで好みの雰囲気でしたね。

で、声優さんの演技が上手なんですよ。
一子役の声優さんは、本当に感じの良い女の子を見事に演じきっていたように思いますし、黒銀も白金もとっても役柄にあった声優さんの選択だと思いました。若干、声の音量のバランスが崩れていたような所もあったり、はたまたテキストとボイスが合っていない(「ええ、申し訳ありませんが……どうも、私も黒銀も不器用なものでして……」という文章に別のボイスが割り当てられていた)ところはあったものの、好演でした。

一つには、前作よりも若干、あっさりとした台詞回しになった、という事情があるのかもしれませんね。遊女言葉というか、そういう台詞回しがこの作者様の文章の大きな特徴なのですが、結構難解なものもあったりして、声優さんが誤読していた、なんて事も以前はありました。
ところが、今回はそういう部分も見あたらず、且つ、読んでいっても割とすんなりと理解しやすい文章になっており、総じてテンポも良くなっていたように感じます。
特に本作のような、ストーリー性が多分に出ている作品だと、或る程度はテンポの良さが必要ですよね。意図してそうなさったのか分からないのですが、読みやすさが向上しており、好印象。

又、ただのほのぼの巫女ライフかと思いきや、ラスト付近で一気にシリアスな展開に。
一日一日の区切りに「回想」として、一子のものと思しき過去の回想シーンが入るのですが、その回想シーンとラストのシリアスな展開がばっちりと絡み合って、ラストに向けて突っ走っていきます。ラストは感動的なお話になっており(音楽の絡ませかたも上々)、しっかりと「泣き」を誘発してくれます。
こういうストーリーだとは夢にも思わなかったのですが、滑らかにストーリーの軸をシフトしていて違和感を感じる事もなく。

あー、もう一回脱線してもいいですか?
作中で珍味として「熊の手」の名前が出てきていたのですが、熊の手と双璧となっている珍味ご存じでしょうか? それは「駱駝の蹄」です。今日、暇にあかせて『春雨物語』という江戸時代の小説を読んでいたら、そう書いてありましたw いや、それだけです……。


で、気になる部分は、ラストのラスト。
本当に最後の部分です。すっかり目尻に涙を貯め、「ああ、いい話だったなぁ」と思っていたら、そこで更に驚愕の仕掛けが。何となくうっすらと分かるんですよ? けれども最後の最後で、例の微妙に難解な台詞回しのせいで、意味が取りにくかった部分がありました。
やっぱり最後はすっきりしたいわけで、ちょっとそこが気になりましたね。

そういえば、エンディングも凝っていましたし、例のoldmovie.dllでしたっけ? あれを使っての素敵な演出だったと思います。


お勧め作品です。
和菓子に日本茶を楽しみつつプレイすると雰囲気が出るかも? 私ですか? 北の誉大吟醸の粕を使った饅頭を食べながら遊んでましたw

同時にリリースされた『菓子狐憑き』の方も近々プレイ予定です。

それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-09-24 23:23 | サウンドノベル


<< なんてことない日々之雑記vol...      フリーサウンドノベル関係の雑記... >>