久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 06日

なんてことある日々之雑記vol.7

道玄斎です、こんばんは。

忙しくなってきました。
そういえば、朝になったら熱は下がっていたので、医者に行かなかったわけですが、夕方くらいからまた、熱っぽくなってきました……。

色々作業したり、考えることが多くてちょっぴり辛い今日この頃ですが、皆様如何お過ごしでしょうか?



で、先ほど知ったのですが、学生の頃お世話になった先生がお亡くなりになったとの事です。

こんな所や、

こんな所

に情報が載っています。

やったらめったら版本(例の『女小学』みたいな体裁の和本ですね)が研究室には置いてあり、それらが絶妙な、そしてギリギリのバランスで崩れずに存在していたのを思い出します。いや、半分、崩れてたか……。
決して綺麗な研究室では無かったのですが、そこには独特な雰囲気がありましたし、面白い本を見せて頂いたりして、色々良くして頂きました。
毎年度、

「最近は、自分の事を“生徒”と呼ぶヤツがいるが、怪しからん。学生ならいざしらず、生徒とは何事か! もう自分で学ばねばならない年齢なのだから、“生徒”などという言葉から決別しろ!」

と、半ば怒鳴るようにして講義の始めに話していました。
意外と、勉強に関係ない、そんな何気ない言葉の方が記憶しているのだから不思議なものです。

私が趣味で和本を集めるようになったのは、この先生の影響も多分にあるわけでして、今回の訃報、とても悲しく思います。

御霊安からんことを心からお祈り申し上げます。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-10-06 21:48 | 日々之雑記 | Comments(2)
Commented by 空と雪 at 2008-10-06 23:57 x
こんばんは。
思い出に水を差すようで良くないのですが…

“生徒”などという言葉から決別しろ!
とても良い台詞です。こんなこと言ってくれる教授の講義を受けてみたいです。思い出を大切にして下さいね。
Commented by s-kuzumi at 2008-10-07 22:51
>>空と雪さん

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

本当に、本題に関係しない所での思い出って、こういう時に「くる」んですよ。馬鹿話だったり、本当に何気ない一言とか、ね。

取り敢えず葬儀に、直接参加は出来ないものの、私の喪服と数珠が参加してくる予定ですので、ひとまずはご冥福をお祈りして、そして沢山の大切な思い出は、胸の中にそっとしまっておこうと思います。

こういうあんまり公益性の無い記事にコメントを付けて頂いて、本当にありがとうございました。


<< なんてことない日々之雑記vol...      なんてことない日々之雑記vol... >>