久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 10日

なんてことない日々之雑記vol.125

道玄斎です、こんばんは。

なんだか、経済の行方とか先行きが不安ですねぇ……。
さっきも日経新聞を読んで、ちょっと憂鬱になったりして。

んで、私は私で、ここのところ妙に忙しかったり、或いは具合が良くなくて、この一週間くらいでしょうか? 全然ノベルゲームをプレイしていません。とはいへ、ちょっと「番外編」で紹介しようかな? と思う作品はあるので、明日あたりプレイする予定。って、実はその作品は中身自体は20年くらい前に読んだことのあるものなのですが、それ故に面白さとか、紹介する意味があるのかな、なんて思ったりして。



■夢、見ます?

私はここ10年くらい、沢山眠ってもどうにも疲労感が取れなかったりして、密かな悩みだったんですけれども、最近、理由が分かった気がします。
って前にも書きましたね。自分の備忘録というか、そういう記録として、繰り返しになりますが、ちょっと纏めてみましょう。

というのは、私って「夢」を大量に見てるんですよ。
大体、一日を12時間で2つに分けて考えてみましょう。すると12時間は起きてあれこれ活動しているわけです。で、残りの12時間は疲れを癒したり、明日への鋭気を養ったりと(具体的には睡眠を採る)、と。
実際には、12時間も眠れないんだけども、話を単純化する為に、ばっさりと、ね。

で、眠っている12時間、その中で「夢」という形で私は滅茶苦茶活動してるんですよねw
リアルな生活とは別枠で、「夢の中」でも生活をしているような感じで、脳みそが休まらないって言うのかな、なんかそんな感じで、全然疲れが取れないというw

何で、そんな単純な事に今更ながら気がついたのかというと、睡眠薬を使うようになってからです。きっちり7時間くらい眠れるんですけれども、「夢」を殆どみないんです。すると今まで感じたことの無いくらいに「回復感」があったんです。
眠って起きて、「あー、すっきりした」という感覚ですね。
で、凄い疲れた日があって、その日は睡眠薬を使わずに自力で眠ったんですが(中々寝付けず難儀しましたが)、その日はもう、めくるめくフルカラーの夢を見て、起きたときに疲れが異常な程残っていて、「こりゃ、夢のせいだな……」と。

フルカラーですし、起きてからも夢の内容をばっちり覚えていたりするので、物凄く気持ち悪いんですよ。そりゃ楽しい夢だけみれりゃいいいけど、大抵、あまり好ましくないような夢だったり、或いはその日あった事を、夢で反復再生しているとかね。
夢の中で小説を読んでいたりもして、「そりゃ、疲れるよなぁ」って思いましたw 
皆様はどうなのか分かりませんが、「夢の続き」って見たりします? つまりストーリー性のある夢って言えばいいのか、そうね、10/1に見た夢の続きを10/2に見たりして、一連の夢のシリーズが三日間にわたって展開されたりして、なんかもう、短期集中のテレビドラマみたいw


そういえば、夢の種類の中に「明晰夢」ってのがあるらしくって、「これは夢の中だ!」って自覚する夢なんだそうです。私の場合、たまーにそれ、ありますね。
特に先に述べた「シリーズ物」だと、「あっ、これこの前の夢の続きだ!」って一瞬夢の中で自覚したりします。不思議なもので、自覚出来るのは一瞬な事が多いですね。一瞬だけ自覚して、即座にその自覚した意識はどこかに消え去り、夢の内容だけが残る。

本当に極々まれに「これは夢だ」って自覚が長期(実時間ではどれほどだが分からないけれども)に渡って存在する事も。そういう時は「よし、夢だから滅茶苦茶やってやるぜ!」と思って、一歩踏み出そうとすると、夢の中で金縛りにあいますw そして目が覚めて「夢の中くらい、自分の自由にさせてくれ……」とw 


まぁ、兎にも角にも今現在、睡眠薬でよく眠れるので、取り敢えずはそいつを使って正しい時間に眠る習慣をつけようかと。
で、今日薬が切れるので、また医者に薬を貰いに行きました。一応診察とかがあって、再診でも事前アンケートみたいに、「薬は効果ありました?」とかそういう項目にチェックをしたりして提出するんですね。で、「その他困ってることはありますか?」という欄に、芥川龍之介宜しく「将来に対する漠然とした不安」と書いたんだけど、見事に診察でスルーされたw 医者変えようかな……w ちょっとくらい「何かあったんですか?」とか突っ込んで欲しかったんですけれども。 って別に何かあったわけじゃないんですが。


そんなわけで、ボチボチ薬を飲んで眠ろうと思います。
明日は、一本作品をプレイ出来たら良いなぁ、と思いつつ。

それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-10-10 23:43 | 日々之雑記


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      なんてことない日々之雑記vol... >>