「ほっ」と。キャンペーン
2008年 11月 15日

フリーサウンドノベルレビュー 『一日千秋』

b0110969_2324044.jpg

今日の副題 「俺も、もしかしたらあの時……」

ジャンル:大人向け恋愛掌編(?)
プレイ時間:30分程度。
その他:選択肢なし、一本道。
システム:NScripter

制作年:2008/8/16(Ver.1.00)、 2008/11/13(Ver.1.10、本レビューはこのウェブ配布版にてプレイ)
容量(圧縮時):54.5MB



道玄斎です、こんばんは。
今日は久々、一日二回更新。取り上げる作品はお馴染み「さくらミント」さんの『一日千秋』です。
この作品は確か夏コミにて頒布された作品だったように記憶しております。フリー版も出すかも? というような告知を見て、正に私も一日千秋の思いで、それを待っていたわけですが、先ほど、「さくらミント」さんのHPを見ていたら何とフリー版が出ているではありませんか。
早速落として、プレイ、というわけです。
良かった点

・大人向けの恋愛を描く作品。

・中盤からのドキドキ感が良いアクセントに。


気になった点

・ラストでガツーンと盛り上がっても良かったかも。

さて、ストーリーはサイトの方から引用しておきましょう。
「マナブさん、しばらく、会わないでいましょ」
盛夏のデートで、滅多に自己主張しない恋人の千秋が俯きながら言った。

気付かぬうちに溜まっていった千秋の抱える不満や不安。
そしてお互いに引き際を誤った末に千秋が怒った。

「……一ヶ月後の日曜日。お昼にここで」

そして夏も終わりに近づいた、一ヶ月後の日曜日。
待ち合わせ場所に向かう途中、懐かしい姿を見つけて声を掛けた―

こんなストーリーになっています。


久々にちょっと大人向けの恋愛ストーリーを楽しむ事が出来ました。
ハイスクール恋愛モノも好きなんですけれども、流石に歳を取ってくるとですね、ちょっと共感しにくい部分みたいなものが増大していくので、本作の様な大人向けの恋愛モノが実は読みたかったんですよね。
キャラの可愛さとか、可愛い属性みたいなもので押していくのではなくて、もっと、こうしっとりとした滋味溢れる作品だったと思います。
そういえば、立ち絵は素材絵のようですが、ありきたり感は無く(お馴染みの素材立ち絵ではないんですよね)、美麗で好感の持てるものだったと思います。

プレイしていった時に、「まさか『ぼたんゆき』では……?」とか、「もしや、○○は○○で……」とか邪推をしてしまうのは、私の心が汚れているからでしょうか?w
こういう風に、千秋を待っていたハズなのに、妹の早苗が出てきてしまう、なんてシチュエーションが出てくると、その瞬間に「裏」を読みたくなってしまうのは、こうしたノベルゲームをやり過ぎている弊害なのかもしれません。

それは兎も角、短編、それも掌編と言っても良いような、短い作品でした。
大体、のんびりプレイしても30分くらい。読むのが早い人だと20分くらいって所でしょうか。
この短さの中にお話を綺麗に纏めているのは流石の一言。

やっぱり、こう、大人の恋愛を描くわけですから、或る程度歳を取っている私も色々考えつつ、本作をプレイしましたよ。
中盤、早苗さんが主人公のマンションに上がり込む辺りから、かなりドキドキ指数があがってきて、何故かこっちが妙に気恥ずかしくなってしまったりして。作品の中の一つの盛り上がりとして、このドキドキ描写、良かったと思います。
あれはね、「手を出さない」んじゃなくて、「手を出せない」んですよ。そんなねぇ、すぐに姉妹とはいえ、別の人に手を出すような事って、節操ない人なら別ですけれども、普通は引きずっているものとか、そういうものが頭の中をグルグル回って、理知的な対応をするハズです。そういう部分、何気ない描写なんだけども、自分自身を投影して読んじゃいますよね。


ラストの下りは、シンプルでありつつもやっぱりいいとこ突いてきますよね。
私も昔、「あのぉ……そろそろご両親に紹介して下さいません……?」とか情けない事言わないで、ズバッと「君が必要。結婚してよ」って言えば良かったのかもしれませんねぇ……。今更なんですけれどもね。
で、実は、気になった点は、このラストです。もうちょい千秋の抱えていた不満を描写して、ラストで一気にそれを解消するような、そんなラストでの盛り上がりがあっても良かったかな、と。
一つ、物語の重要な軸は、この千秋の不満な訳ですから、もうちょい説明というか描写が欲しかったです。

とはいえ、昨今珍しい、大人の恋愛を描いた作品で、ちょっと胸の中にそっとしまっておきたいような、そういう短編作品でした。
すれ違ったり、わかり合えなかったり、誤解をしたりするけれども、恋愛っていいよね、そう思える作品ですね。


高校生の恋愛モノにちょっと食傷気味の方は、是非プレイしてみて下さい。
少し、年齢が行っていると、物凄く共感出来る部分が多いと思いますよ?


そういえば、『月照 ~ツキノテラス~:Re>Re』が、

グレップさん

虎の穴さん

で購入出来るみたいです。興味があれば、是非そちらもどうぞ。不肖未熟の身である私が、何故かライナーノーツを書かせて頂いているものです。 
オマケシナリオもボリュームたっぷりで個人的にもお勧め致しますよ?


それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-11-15 23:02 | サウンドノベル | Comments(2)
Commented by 甲二 at 2008-11-17 22:06 x
ご無沙汰してます、甲二です。
『一日千秋』プレイしてくださり、ありがとうございました。
無事WEB公開も出来、こうして道玄斎さんにも講評していただけました。
短期間で完成せざるを得ない状況でしたので、今となればシナリオが練り足りない部分があるかなともおもいます^^;。

とにもかくにも取り上げていただきありがとうございました。
寒さも増す時期です、体調など崩されませんように。
さくらミント 甲二
Commented by s-kuzumi at 2008-11-17 23:49
>>甲二さん

こんばんは、こちらこそご無沙汰しております。

『一日千秋』楽しませていただきました。
やっぱり、今だからこそ、こうした純愛であったり、高校生同士の恋愛ではない、ちょっと深みのある作品がとっても良い感じで、思いっきり入り込んでプレイしてしまいましたw

わざわざ書き込んで下さり、本当に有り難う御座いました。
これからも素敵な作品、期待しています!!


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベルレビュー ... >>