久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 18日

なんてことない日々之雑記vol.140

道玄斎です、こんばんは。
早いもので、この日々之雑記ももう140回目。どれだけどーでもいー事を垂れ流してきたんだよ……という呆れが自分自身にあるものの、ストレス解消の一部だったりするので、今日も今日とて記します。



■おや? またサイクルが……。

というわけで、日曜日くらいからまた寝付きが悪くなってきています。
睡眠サイクルがかなりグーになったと思ったのに、ちょっと宜しくない感じですね。
折角のハチミツ梅酒を飲んでも、なんだかベッドの中でもぞもぞしている内に、酔いが冷めてしまって、結局明け方くらいまで起きています。

そういう時には例の朝風呂を敢行するわけですけれども、ちょっと良い兆しが見えていただけに残念ですな。

ただ、結構忙しくなってきて12月の半ばくらいまでは、やらなくちゃいけない事がギッシリなので、作業に追われているうちに、何とか適応していく事でしょう。
ナポレオンは三時間しか睡眠を取らなかった、なんて言われていますけれども、実は結構合間合間に昼寝を挟んでいたようです。意外と15分くらいうつらうつらするだけで、スッキリしたりしますからね。私も合間を見つけて、ちょっと昼寝してみたり、あれこれ工夫しつつ日々を凌ごうと思います。



■そんなわけでボチボチ師走に。

師走。早いものでもう2008年も終わりに近づいています。
師走という字は「師が走る」なんですけれども、「先生が走るくらい忙しい」から、なんて学校の先生が昔したり顔で言ったりしていませんでした? 色々語源の説はあるようなのですが、最もメジャーな説は「お坊さんも走り回るくらい忙しい」という語源。
ほら、「法の師」(のりのし)とかっていうじゃない? それを縮めて、法師。兼好法師とかそういうヤツですよ。

お坊さんって、普段はお寺とかにいてお経をあげたり、檀家を回ってお経をあげたり、わりとスローライフを送っているようなイメージがありますが(けれども、バイクとかスクーターとか乗ってるお坊さんって結構いますよね?w)、そういうお坊さんですら忙しい季節、という意味があるわけです。
『行く年来る年』とか見てると全国のお寺が紹介されたりして、やっぱり鐘をついたり、一般人の参詣の為の準備をしたりと、忙しいようです。

大体、十月も終わりになると、何となく一年を総括していきたい気持ちが出てきますね。
どんな事をやったのか? 何が出来て何が出来なかったのか? 来年は何をしたいのか? 等々、一年を振り返って目標を立ててみたり。って十月じゃ早すぎます?w

まだ、一月半くらいある2008年、悔いの残らないように過ごしていきたいですね。



■好きな飲み物

というわけで、作業が一段落した為、追加で更新を。
好きな飲み物って言っても、今回はお酒ではありません。ソフトドリンクですよ。

もう二年くらい前になりますか? コンビニで「世界のKitchenから」という飲み物のシリーズを見かけるようになりました。大手コンピュータメーカーがスポンサーをしている、テレビの世界各地の鉄道列車の旅、みたいな名前ですけれども、これがオイシイんですよね。

なんて言うかペットボトルに前口上っていうか、色々書いてあるわけです。「○○地方では○○を煮詰めて○○にして」云々云々。夏に呑んだミントジュレップ(お酒じゃないよ)はイマイチだったのですが、今日、コンビニに行ったら「ドライフルーツ&ダージリン」という新種が出てて、早速呑んでみました。
これは美味しい。特にイングランドの伝統的なお菓子作りっていうか、そういうもののエッセンスを使って呑みやすいジュースにしているわけですが、そもそも私は英国好き。紅茶も大好きなので、まさに私の為の飲み物みたいじゃないですか。
ドライフルーツの類も実は、結構好きでして、お腹がすいた時にガシガシとレーズンを食べていたりします。紅茶とドライフルーツの素敵コラボレーションで、大満足の飲み物でした。

そんな訳で、ちょっと休憩しつつお茶(勿論紅茶ですよ?)を頂きながらこの記事を追加しています。お茶が好きな人はやっぱり、メーカーとかに拘りがあるようで、色々教えて貰ったりするのが楽しい。
ちなみに私が好きなメーカーは、「ルピシア」(昔はレピシエって名前だったんだが……)、「ロンネフェルト」、「マリナ・ド・ブルボン」「マリアージュ・フレール」あたりです。

ルピシエだと、「櫻の紅茶」が買えたりして、そういうのも面白いですよ。
あー、何かこんな事書いていたら、お腹がすいてきました。ちょっと甘いモノでも見繕ってきます。

それでは。また。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-11-18 20:30 | 日々之雑記


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベル関係の雑記... >>