2008年 11月 29日

なんてことない日々之雑記vol.147

道玄斎です、こんばんは。

来週、再来週に掛けてが今年最後の山場になります。
書類をきっちり纏めたり、専門的な知識を詰め込んだりしなきゃいけないので結構大変。



■丸暗記だ

しっかし、まぁ、所謂テキスト的なものの出来が酷いので辟易とします。
誤字脱字、送り仮名の間違いのオンパレード、そして入っていなければおかしい項目が入っていなかったり、全然体系立てて書いていなかったりと酷いものです。
しょーがねーから、私がテキストを作り直したりしています。結構めんどくさいけれども、自分で書いたものは頭の中に定着するので、まぁ、いいかな? なんて思ったりも。

私は頭の程度があまり宜しくないので、「丸暗記」というのが大好きです。
些末な事は気にしないで、兎に角必要箇所をまるまる暗記するのが私のスタイルなんですけれども、歳を取ってくると、記憶力がねぇw

大体、この丸暗記法は、私が高校生の時に編み出した技(?)で、それ以来ずぅっと使い続けている技です。学校の定期テストで100点とか取れたのも「ノートを丸暗記」出来たからなんですね。実は大学受験も丸暗記でした。
私は、私大文系ですから国語・英語・歴史の三科目だけで良かった。となると丸暗記が出来ちゃうわけです。英語だったら、単語帳を一冊まるまる暗記。そして文法書も丸暗記。歴史科目も(私は日本史選択でしたが)予備校とかが出している、日本の歴史が全部一覧になったものを丸暗記。国語だって、古典文法丸暗記。もう、全部暗記に頼っています……。

どうやって暗記していたのかってーと、コピー用紙を買ってくるんですよ。B5で500枚とか入っているヤツ。そこに延々に覚えたいものを書き写していく。
少し慣れてきたら、空で覚えたものをひたすら書いていく。
そうやってやっていくと、定期テストとかだと、テストの時には「ノートをまるまる復元」出来るわけで、結構イケたりします。

そうそう、年号とか覚える時は「自分だけのオリジナル語呂合わせ」を作ると良いみたいですよ。私の知り合いは、「1868年=慶応三年=王政復古」を覚えるのに「いやろっぱさん」とか、何だか密教の呪文みたいな覚え方をしていましたw 年号は覚えられそうだけども、それがちゃんと王政復古に繋がるか、そこが怪しいですねw
日本史は、意外と侮れないのが小学館とかが出している「マンガ日本の歴史」です。高校の時のクラスメイトは日本史はそのマンガだけで受験して、有名大学に受かっていました。マンガだからといって侮れねぇ……。

世界史は、共通一次とかの場合、人物だろうと出来事だろうと「最初の三文字」しか覚えない、なんて話も聞いた事があります。だからクレオパトラだったら「クレオ」と覚えたり、プトレマイオス朝は「プトレ」。クレオパトラを説明する時には「プトレ」の「クレオ」になりますw
勿論、最初の三文字が共通する輩もいるわけで、そういう時のみ、普通に覚えるそうな。

上記は、頭の悪い私が、精一杯の知恵を絞って考案した技術だったり、ちょっと役に立ちそうなエピソードなんですが、オール1に近い成績だった私が大学に進学出来たのもこの丸暗記のお陰。もし、若い方で成績が上がらない、なんて悩んでいる方がいらしたら、丸暗記お勧めしますよ? 勿論、効果に責任は持てないのですけれども。。。



■振り込め詐欺

祖母の家に振り込め詐欺の電話が掛かってきたそうです。
当然の如く、私を騙って、です。


祖母「もしもし?」

詐欺犯「あー、もしもし?」

祖母「道玄斎かい?」

詐欺犯「うん。道玄斎」

祖母「なんか、声が変じゃないかい?」

詐欺犯「ちょっと風邪を引いていて」


という会話があったようで、んもう、恥ずかしくなるくらいの典型的な手口ですね。
結局、その詐欺犯は何かをぶっ壊したという設定で、「明日、もう一度電話する」と言って電話を切ったそうな。

で、暫くして祖母が、私の所に電話が掛けてきて、


祖母「さっきは聞き忘れたけど、風邪の具合のほうはどうなんだい?」


と、電話をしてきたお陰で詐欺が発覚したという次第。
兎に角、祖母には「警察に連絡して、対処してもらった方がいい」と伝えました。
警察の指導のもと、次の日律儀にも電話を掛けてきた犯人に、


祖母「あんたはどこの道玄斎だい? 生年月日をお言いよ?」


と問い詰めたところ、電話が切れたそーです。
さっきもニュースだかで、ちらっと見たのですけれども、25分に一回の割合で、この振り込め詐欺が横行しているようですよ。

皆さんも是非是非、お気を付け下さいませ。

それでは、今日はこのへんで。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-11-29 22:17 | 日々之雑記 | Comments(2)
Commented by NaGISA at 2008-11-29 23:13 x
>「1868年=慶応三年=王政復古」を覚えるのに
私は「五か条で ひとつやろうや 王政復古」と、俳句調で覚えてました。他には「いざ奇襲 行くよ一筋 真珠湾」(1941年真珠湾攻撃)、「条約を 結びに行く行く ベルサイユ」(1919年ベルサイユ条約)、「春迎え 人群れ満ちる 江戸の街」(1603年江戸幕府)、「種子島 鉄砲伝わる 銃ごよみ」(1543年種子島鉄砲伝来)など、やたら俳句調で覚えた記憶があります。

やはり、五・七調だと覚えやすいものなのかも知れませんね。
Commented by s-kuzumi at 2008-11-30 23:55
>>NaGISAさん

こんばんは。
凄い覚えやすくて、素敵な記憶の仕方だと思います。
やっぱり七・五調のものだと、すんなりと記憶出来るのでしょうね。

元素記号の覚え方は、楽しくて秀逸なものが多いのに、何で歴史だなんだってのは、無味乾燥としたものしかないんだ……? と思っていた私に、新しい光が射し込んできた気がしますw

子供達に勉強を教える時に、俳句調で覚えるやりかた、試してみますね。


<< なんてことない日々之雑記vol...      なんてことない日々之雑記vol... >>