2008年 12月 08日

なんてことない日々之雑記vol.153

道玄斎です、こんばんは。

何か眠くてねぇ……。夕飯を食べた後二時間くらい眠ってしまいました。
「まだやらないといけないことが!」って時に採る睡眠は、その背徳感も手伝ってとても心地よいw



■そしてまた一つ……

歳を重ねる事になりそうです。
つい、今さっきまで忘れていたのですが、9日が私の誕生日でした……。
これでまた一つ、歳を取ってしまいます……。昔昔は、

「恐らく○○歳までには、結婚して慎ましやかに生活をしていて、子供は……そうだな……一姫二太郎だろうな!」

なんて一人で計画を立てていたのですが、なんだかねぇ……?



■脳みそのキャパシティー

が最近、小さくなってきている気がします。
一度に覚えられる記憶容量が下がっているような……。

けれども、単純に体力が持たないという事なのかもw
昔は、大体、まるまる一冊本をなんとなく丸暗記でしたんだけれども、最近はめっきり難しくなってしまいました。なんかねぇ、途中で疲れちゃって。

それに一遍に物事を詰め込むと、頭が重いというか、「脳みそが悲鳴を上げています」的なものがダイレクトに実感出来るようになってきた。
確か、『北斗の拳』の北斗神拳は、人間の脳みその使っていない「70%」を引き出す事で、凄いパワーを出していたハズ。
そう考えると、普段、人間は30%しかその脳みそを使っていないんでしょうねぇ。フルに使っちゃうと健康に悪いのは何となく分かるんだけども、せめて50%くらいは使いたいなぁ、と思う今日この頃です。


それでは、明日の支度をしてきます……。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-12-08 00:46 | 日々之雑記 | Comments(3)
Commented by 夜明け at 2008-12-09 17:59 x
管理人様こんばんは。

お誕生日おめでとうございます。お忙しいようでお疲れ様です。

12月5日の丑の刻参りの記事、ためになります。誰の本だったか忘れましたが、「相手を呪い殺すには、まず自分が地獄へ落ちて相手をそこへ引きずり込むぐらいの覚悟が必要」みたいな記述が頭の隅っこに引っ掛かってます。丑の刻参りに限らず時間を限定したまじないは結構あるみたいです。あと丑の刻あたりはまじないに最適な時間らしいです。理由は諸説さまざま。人間以外の活動時間帯なんですかね。

話変わって、只今『LIEBENDER』攻略中。吸血鬼ものです。女性主人公(吸血鬼の生贄)とメイドのギスギスした会話が最高。男共ほっといて真先に彼女を攻略中する予定です。

長々失礼しました。
お体お気を付けください。
Commented by s-kuzumi at 2008-12-10 22:52
>>夜明けさん

こんばんは。そして、わざわざ有り難うございますw

そうですね、丑の刻参りが何故「丑」なのか、という問題は結構、それだけで時間を潰せそうな話題ですね。
私がざっと思いつくものだと、「丑寅」というあまり方角的に宜しくないものを、時間に当てはめてみると、丑の刻は正にこの「丑寅」の中にすっぽり入ってしまいます。では、何故「寅」ではないのか? というと、寅だともう、外明るくなっちゃうんですよw 昼間のお化けみたいなもんで、それだとちょっと怖くないw よって「丑」ではないか、というのが仮説一。

仮説二は、丁度「夜中から夜明け」に掛かる時間帯である事から、「夕方から夜へ」に掛かる時間帯である所の逢魔が時と類似したシチュエーションであり、昼と夜、そして夜と朝の境界という時間帯は、古来からお化けが出てくると信じられていました。よって夜と朝の境目の「丑」なのではないかと。

仮説三は、仮説一と仮説二の融合。
たまたま、丑寅という言葉と境界線上にある時間が一致していた為、効果倍増、みたいな。

Commented by s-kuzumi at 2008-12-10 22:52
続き


さてさて、ゲームのご紹介有り難う御座います。
今、ざっと見てみたのですが、リアルな感じで是非「くりすます」にでも一人でプレイしてみたいですねw パッと見、ミステリーに見えますけれども、恋愛モノというのが又グーな感じです。
ちなみに、メイドさんが出てくるってのも、たまりませんな……。
ここの所、ちょっとゲームからは遠ざかっているので、目の前のニンジンにして、頑張ろうと思います。

いや、本当にいつもいつも有り難う御座います!


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      なんてことない日々之雑記vol... >>