カテゴリ:読書 マンガ( 3 )


2007年 08月 02日

『Noble Flowers 2001- 2006』 CLOSET CHILD 同人誌

道玄斎です、こんばんは。

やはり、今週は忙しくて、フリーのノベルゲームのレビューを書いたりは出来てませんね……。
何度か書きましたように、商業モノでは『リトルバスターズ!』をちょこちょこっとやっていたのですが、それも今は中断しています。二つ、三つシナリオをクリアしたのですが、やっぱり全部のシナリオを見た上じゃないと、レビューも何もないですからね。

久住に任せっぱなしというのもアレなので、今日は同人誌の紹介でもしてみようかな、と。
先日、某そういうお店に行った時に、見つけたオリジナル同人誌です。

一年に一冊くらいの割と遅めの刊行ペースだったらしいのですが、一区切りというか総集編というか、過去にリリースされた「CLOSET CHILD」さんの『Nobel Flowers』を一冊に纏めたオトクな一冊です。

一応、メイドものです。
が、寧ろメイドというよりも、百合っぽい感じもしたりしますねぇ。
去勢済みの男(女の子にしか見えない。ちなみに職業メイド)とか、やさぐれメイドとか、「お嬢様」とかかなり色々な属性をぶち込んでいます。

絵柄も後半に行くに従って洗練されてきます。
今のところは、オムニバスメイドショートストーリー(?)という趣です。
ほんわかした感じで、なかなか好感が持てますね。18禁じゃない、というのもポイントです。読み応えもありますし(総ページ数で75ページくらい)、お勧めの一冊です。

今サイトの方を確認してみたのですが、プロの絵師さんだったんですね。
今の内に、チェックしておくと良いかもしれませんよ??
[PR]

by s-kuzumi | 2007-08-02 20:01 | 読書 マンガ | Comments(0)
2007年 07月 14日

ネット上のマンガ。

俺です。
久住の奴は、古本屋サイトを回って、柳田国男全集を集めているようです……。
全巻セットは無かったらしいのですが、かなりの冊数を揃えた模様……。

俺は、「遠野物語」と「妹の力」くらいしか読んだことないよ。
あっ、「妹の力」ってタイトルがいいな。今度アニメとか、マンガに絡めて記事を書こうっと。


で、俺はネット上でマンガを読むと。
いや、ファイル交換ソフトでマンガを落とすってんじゃないよ?
ネット上で公開されてるマンガって事です。

今日は、超有名『痴漢男』。

実は、名前は知っていても読んだのは初めてだったんだよね。
マンガだし、読みやすいし! あー、けどかなりのボリュームがあるよ。

読んでみて思ったのが、やっぱりリアリティ。
凄いリアルなんだよな……。電車男は完全にネタだったけど、これは女の子の描写っていうのかな?大学生くらいの女の子が持ってる「女のダークサイド」みたいのが、凄いリアルで、何度も「痛い痛い!」と連呼しながら、読了しましたよ。

こんな面白いもんがネットにあるなんてね。
結構、ネット好きを自認していたけど、認識が甘かったわ……。

で、なんで急にネット上でマンガを探して読むようになったかって?
そりゃ、「ニュー速クオリティ」で見たからですよ!
いつも張り付いてるわけじゃないけど、このサイトはネットのオイシイ部分を上手く紹介してくれるので、たまに見ると非常に面白い。

いやぁ、そもそものきっかけは「耳をすませば」通称「耳すま」の、MADっていうのかね、編集して継ぎ接ぎにして、ちょっとエロいものにしちまうみたいな?
アレを探してて到達したのが最初ですよ。
2ch?あんまり最近は見ねぇなぁ。刃物板とかは良く行ってたけどもね。けど滅多に書き込みはしなかったよ。ROMばっかり。

そんなこんなで今日はこんな所で。
[PR]

by s-kuzumi | 2007-07-14 19:20 | 読書 マンガ | Comments(0)
2007年 07月 06日

『ベルセルク』 コンビニ版6巻

俺です。

最近、コンビニで『ベルセルク』が売っていたので購入してしまいました。
このコンビニに売っているやたら分厚い漫画には、『バキ』とかもありますよね。
まぁ、その類の本です。

そして、今日は六巻の発売日でしたので、またコンビニに行ったついでに購入してきた、というわけです。
ちなみに、今回は「ゴッド・ハンド降臨/黒い剣士誕生」編だそうで、過去のエピソードが一段落つきました。ここから一巻に続く、という事でいいのかな?

実は、『ベルセルク』は名前は知っていても、どうしても読む気になれなかったマンガなのです。
まだ高校生だった頃に、友人が学校で単行本を持ってきていて、見せて貰ったのですが、何て言うか妙にグロいのと、あまりダーク過ぎる雰囲気に呑まれてしまって、その時は興味が持てませんでした。

それから十年以上経って……、こうしてコンビニで見つけ今更のように読んでいるのですが、

まぁ、傑作だわな。

そこらへんのナンパなファンタジーを寄せ付けない、ヘヴィーな質感は唯一無二のもの。
それに、とても面白いじゃないか!
多少、心に痛いシーンがあるものの、それを突き破るような主人公の生き様。


/* 以下どうでもいいこと。

昔、何かの本で遠藤周作という作家が「死に様」という語は辞書には載っているが「生き様」という語は辞書には載っていない。よって誤った日本語である。というような事を書いていたのだが、俺にはどうしても受け入れられないのである。そもそも本当に辞書に載っていないのかな?日本国語大辞典なんかを見たら何喰わぬ顔して、載っていそうな気もするし。
それに辞書に載っている/いないが、「正しい」日本語の基準というのも、どうにもオカシイ。
日本語だけでなく、全ての言語は使用されていくなかで、変質していくわけで、遠藤周作だって、別に平安時代とかの言葉を使っているわけじゃないしさ。
そういや、「らき☆すた」でも言ってたじゃないか、「ダントツ」って言葉は今では普通に使われているけれども、某石原慎太郎が「断然トップ」を縮めて作った言葉だって。
こういう例って探せば、いくらでもあるような……。あー、「恋愛」だって明治くらいに作られた言葉だよね。当時はそのまま英語の「ラブ」って呼んでいたんだってさ。けど、当時の辞書には載っているはずもない。
正しい日本語、っていうのは実は考えてみると、非常にナンセンスなモノで、俺なんかは「日本人である俺達が使っている言葉が日本語」ってな非常に緩やかな定義でもいいような気がする。

以上、どうでもいいことでした */


こうやって脱線するのは、悪い癖なんだけども、まぁしょうがない。
兎に角、『ベルセルク』は面白い。
なんていうかさ、変な謂いなんだけど、『ベルセルク』で描かれる葛藤とか、復讐とかそういうダークな話とかテーマって、実は「日常で良くある事」な気がする。
それをうんとスケールをでかくして、物語に合致する形で再構成しているような。

キャスカのくだりなんて、俺は過去のトラウマを思い出して「痛い痛い!」と絶叫しつつ読んだもん。俺の体験が特殊であると信じたいのだが……。

そういうい意味で、誰しもが抱えているトラウマとか、負の感情とかを、物語にして、それをぶっつぶしていく、みたいな。ダークな世界の中にある種の爽快感を覚えるのは、そういう理由なのかなぁ?とバカの浅知恵で思ったり。

あー、早く次の巻が出ないかなぁ!
[PR]

by s-kuzumi | 2007-07-06 02:58 | 読書 マンガ | Comments(0)