久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 30日

なんてことない日々之雑記vol.368

道玄斎です、こんにちは。
例年、10月、11月は忙しくて、中々ゲームをプレイしたりする事が出来ません。ただでさへ更新が滞っているのに、更に……という事になると、ちょっと困ったな、という感じです。
まぁ、困った時には、日々之雑記でお茶を濁す、というのが定番ですから、今日もそのように。



■ゲームのシナリオ

「シナリオを書く」とか「シナリオを練っていく」とか、或いは「あの作品はシナリオが良い」とか、私達は、つい無造作に「シナリオ」という言葉を使ってしまいますが、薄々「シナリオ」という言葉が、二つの意味がある事に気がついているのではないでしょうか?

一つは、「作品の中身そのもの」です。
一番分かりやすいタイプの「シナリオ」かもしれませんね。
トラウマを抱えた高校生の男の子が、ちょっと不思議な魅力を持つ転校生の女生徒と出会う事によって、変わっていく……みたいな、そのものズバリの作品の中身。「ストーリー」と云ってもいいですよね。

もう一つは、「実際の執筆(含スクリプト)」です。
ストーリーをどの様に記述し、表現していくか、どの様な効果を狙っていくか……。ストーリーを、実際に記述していく過程です。ゲーム制作者さんが「シナリオを書く」と云った場合には、こっちの意味合いの方が強い気がしますね。


後者の方は、割と参考になる書籍が多い気がします。
私も実は最近、『シナリオの基礎技術』なる本を読んでみたのですが、内容としては後者寄りでしたね。この本はドラマや映画のシナリオ、を想定している本ですけれどもね。
各エンジンの解説書も、広い意味では後者の「シナリオ」の技術を書いている本かな、という気がします。どの様なスクリプトを使えば、望んだ演出が出来るか、が書いてあるわけですからね。

でも。
前者、つまりストーリーの作り方、ネタの出し方について言及している本って少ないですよね?
私もそれっぽいタイトルの本を読んではいるんですが、「俺はこの作品をこうやって作った!」ってな感じで、普遍的な技術が書いてあるわけじゃないんですよ。

勿論、ストーリーの作り方なんて、個々人によって違うんでしょうし、感覚的な部分、センスの面もありますから、一概に「○○せよ」というのは難しいのでしょう。
けれども、その中に、何か普遍的なネタを出すための技術、ストーリーを作る為の技術は絶対にあると思うんですよ。
私が見聞きしたストーリーの作り方の中では、「延々とパチンコをやりながら考える」というのがありますけれども、これは余りに特殊かな? という気がしますw それに、その「考え方」こそが技術なのではないかと。


今、そうした技術に物凄い関心があって、参考書を探したりしています。
もし、これを見て下さっている中で、「この本いいぜ!」ってのがあったら、是非教えて下さい。或いは、「俺はこういう方法でストーリーを作る!」ってのも大歓迎です。

そうやって集めた情報を、整理して提示出来たら……それは物凄く意味のある事なのではないかと思います。肝心のネタだしの技術は、秘伝というかあまり表に出てこないと思うので。



大体こんな所かな。
あっ、そうだ。あと、一つだけ予告。NMの普及企画の一つ『エイトストーリーズ』というのがありまして、ボチボチ作品が公開されそうです。
私は、殆どノータッチな企画なんですが、この『エイトストーリーズ』という作品をきっかけにNMの方を利用して頂ければとても嬉しいので、一本、紹介記事を書こうと思ってます。

いや、リリース前に宣伝しておく、というのが或る意味正しい宣伝の仕方なんでしょうけれども、本当にノータッチだから、全然中身に関して把握してないんですよw
中身を知らないままに、紹介記事を書くっていうのも、何だか無責任なので、そこはリリースされて、自分で一渡り目を通してから、という事になるかな。

ともあれ、楽しい企画なのは間違いなくて、この界隈ではお馴染みのライターさんが参加してくれていたりします。一応、私は、NMのマスコットキャラ、神風史の生みの親でもあるので(正確に云えば半分。もう半分は某Nさん)、自分の娘を見守るような、そんな気持ちで作品のリリースを待っています。
神風史のTwitterのアカウントもあるので、気になる方は是非フォローしてあげてください(アカウントはfumi_nm)。



ということで、今日はこのへんで。
それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2012-09-30 15:40 | 日々之雑記
2012年 09月 10日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『俺のレビューが単なる悪口のわけない』

b0110969_0171032.jpg

道玄斎です、こんばんは。
何となくめぼしい作品がないなぁ……と呻いていたところ、「これは取り上げないと!」という作品を発見しました。そのものズバリ、「ゲームのレビュー」をテーマとした作品です。
というわけで、今回は「たけのこそふと」さんの『俺のレビューが単なる悪口のわけない』です。



本作、ノベルゲームに詳しい人ならば、ピンと来るかもしれませんね。
というのも、『とあるノベルのレビューサイト』という作品と枠組みがかなり似ているから、です。というよりも、『とある~』に対するアンサーゲーム、というそういう趣でしょう。舞台の背景素材も同じですしw
そこに、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』のタイトルをもじって一本の作品に仕立て上げた、という感じ。

友人がRPGゲームを制作したのをきっかけに、ゲームレビューの道へと入り込む主人公。
そんな主人公がとあるゲーム作者の注意書きを見て激怒し、鉄槌を下すべく、巧妙に偽装された実は辛辣なレビューを書く。しかし、そんな主人公も自分の撮影した写真素材に対して、悪口を云うサイトを見つけてしまい……。

こんな感じでストーリーは進んでいきます。
ストーリーそれ自体は、短編ながらもメリハリが効いており、上手く作ってあるな、と思います。
『とある~』がそうであったように、「レビューを開始する→レビューを巡ってトラブルが起きる→事件が収束する」という流れですが、『とある~』より、ストーリー的な深みがある、と云って差し支えないでしょう。

小粒の作品ですし、ネタバレを配慮しちゃうと、書きにくくなっちゃうので、敢えて書きますが、本作の一つのテーマは「悪口を書きたいだけのレビュワーに天誅を下す」というもののようです。
その「悪いレビュワー」に自分が入っていない事を願うのみですが、ノベルゲームのレビューに限らず、問題は結構大きなものを孕んでいます。

それは『とある~』でも示された著作権法に関してです。
『とある~』は、著作権法第三二条①を以て、スクリーンショットを撮る事の合法性を作中で描いていたのですが、本作はそれに疑問を突きつけます。
つまり、現実問題として「フリーゲームのスクリーンショットを巡る裁判の判例がない」為に、「本当に合法かどうか分からない」という問題の提起ですね。

そして、著作権法の第一条、「この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする」を引き、フリーゲームの文化の発展とならないような、スクリーンショット等の引用を含む形での悪口のレビューは、著作権法に示される「文化の発展」の条件を満たさない為、その合法性に疑問を呈するわけです。

さて、難しいのが、「何を以て悪口とするのか」という問題です。
本作の場合、主人公が「本当は悪意があって、貶める為のレビューを書いた」と口を割ってしまうのですけれども、実際問題、ある表現が悪口か否か、この判断は非常に難しいと云わざるを得ない。「これクソゲー。プレイしない方がいいよ!」なんて書いてあったら、そりゃ悪口ですけれどもねw

本作では、繰り返し「悪口」という言葉が出てきますが、ある表現を例えばAさんが見たとして「何の問題もない」と思う一方で、Bさんから見れば「これは悪口」と思う事も十分ありえます。
世の中にいる人全てに配慮する事なんて不可能ですけど(どんなに穏当な表現を使っても、そこに引っかかる人は一人や二人いるでしょう)、その中で悪口にならないように、多くのレビュワーが苦心していると思います。
私も……なるべく気をつけている積もりではあるのですけれども、人によっては「悪口」だと思えるものを書いているのかもしれませんね。勿論、そうした部分気をつけたいと思う反面、べた褒めしかしないようなレビューは私はまっぴらですね。

取り上げたい、と思った作品を取り上げる場合、良い点と気になった点を挙げる(番外編では列挙はしません)。それを軸にしながらレビューを書いていく。
これが私のスタイルですけれども、寧ろ、最近ちょっと甘めかなぁ……なんて思ったりもしていますw 甘いか辛いかも、本当に個々の基準に拠るものなんですけれどもね。良い点だけ挙げるのも、悪い点だけ挙げるのも公平な態度とは云えないでしょう。どんな作品にだって良い点と悪い点があるはずです。人間が作るものですから、完全な作品なんてあり得ません。
その、悪い部分、或いは気になった部分への言及を以て、「悪口」と即断するのは(或いは、されてしまうのは)どうなのかなぁ、と思うわけです。


そして、本作最大の主張と云えるのが、「ゲーム作者なくしてフリーゲーム界はなりたたないが、レビュワーはいなくてもフリーゲーム界は成り立つ」というものです。
ここは、やはり、フリーのノベルゲームのレビューをしている私は、反論したいところです。

勿論、私がフリーのノベルゲーム文化に寄与している、とかそういう奢った考えを持っているわけではありません。NMとか、色々頑張りたいとは思っていますけれどもね。
しかし、私のレビュワーとしてのそもそもの第一歩は、「優れた作品を探す為、レビューサイトをチェックする」というところにあったりします。すぐれたレビューはすぐれた作品へのアクセスを容易にしてくれますし、レビューそのものも、読み応えがあり面白いものです。そして、何より「それじゃあ、プレイしてみようかな」という気にさせてくれるものです。
レビュワーの好みが分かれば、情報の取捨選択だって出来るしね。

私自身、多くの先達に学びつつも、まだまだその域まで達していない事、日々歯がゆく思っているわけですけれども、それがフリーのゲームであるからこそ、「レビュー」はフリーゲームに於いて、重要なものだと思うのですよ。

作品中に、商業ゲームがフリーゲームと対置されて示されますが、商業ゲームは、紹介媒体があるんですよね。専門誌やら或いは専門のサイトやら。
一方、フリーのゲームは、作者さん自らが、作品を広めていく事も勿論ありますけれども、大手の個人がやっているニュースサイト(これはどっちかっていうと同人向けかな?)や、個人で細々とやっているレビューサイトのレビューや、掲示板などでの口コミが主な宣伝媒体でしょう。

「レビュー」と「 」を付けているのは、様々な形態のレビューが想定出来るから、です。
某掲示板で簡単なテンプレと共に、ちょっとした「レビュー」が書かれる。それに興味を持った人が、その作品をプレイする。或いは、その逆だってあるでしょう。その「レビュー」のせいで「プレイしたくねぇなぁ」と思う人だって当然出てくる。

本作のまとめでは、レビューは「無くてもいいもの」として位置づけられるわけですが、口コミ形態の「レビュー」も果たして不要なのでしょうか? そういうプレイヤー側からの自然発生的な盛り上がりがあってこその、フリーゲームだと思うのですが。
どうも、この辺り、著作権の問題を孕んだ、スクリーンショット等を含むレビューと、その他のレビューがごっちゃになっている感覚があります。


勿論、作品について頷ける部分も当然あります。
例えば、「否定的な意見お断り」なんて但し書きが付いているサイトで公開されているゲームなんて、こちらも取り上げよう、とは思いません。
だからこそ、ちゃんとreadme.txtを読んだ方がいいんですよね。そして、出来れば作者さんのサイトに行ってみる。そうすると、意外と「レビューや紹介目的であれば、スクリーンショットを撮っても構わない。ただし、ネタバレはやめてくれ」なんて書いてあったりするわけです。一応……そこらへんは、私を含め、多くのレビュワーさんもチェックしている部分だと思います。
わざわざ、「否定的な意見お断り」なんて書いてあったら、そりゃこっちも取り上げませんってw

本作の主人公のように、だからといって、そうした作者さんに鉄槌を下す、なんて事になると、それはもはや、レビュー云々の問題じゃなくて、単なる感情的な問題の気がしますw


あと、今日はどうしても作品それ自体の本筋から外れてしまう事が多いのですが、云っておきたい事があります。それは「レビューサイトなんてやっていても、良い事なんてないし、ましてや信者なんて出来やしない」という事ですw

本作は、レビュワー、或いはレビューサイトを或る意味で、こき下ろす作品ですから、どうしても、そうした存在が「悪」の側に回る事はしょうがないにしても、ちょっとレビュワーやレビューサイトに夢を持ちすぎてるんじゃないかなぁ……なんて思いましたw
まがりなりにも、数年間レビューサイトをやってきましたが、私には信者なんていませんし(これは私個人の問題、かな?)、例えアクセス数が上がろうとも、良い事なんて全然ありません。
コメント欄やメールにて探していた作品に出会えたとか、紹介してくれて嬉しかったとか、そういったお声を頂くのが、唯一の報酬ですね。



大体こんなところでしょうか?
このブログは、草の根活動を標榜して、こっそりというか、ひっそりやっているわけですけれども、そんなブログを見て下さっている方は、相当なノベルゲームマニアだと思いますし、ここを含めていくつかのレビューサイトを見ているんじゃないかな? なんて思います。
ですので、レビュー、レビューサイトに真っ向から斬り込む本作も、ちょっと刺激的で十分楽しめると思いますよ。



それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2012-09-10 00:17 | サウンドノベル
2012年 09月 03日

なんてことない日々之雑記vol.367

道玄斎です、こんばんは。
今日は、超久々の「日々之雑記」。まぁ、めぼしい新作が無いのと、ノベルゲーム絡みの話題がないのでw



■とっても可愛い、あのクマさん

最近……でもないのですが、リラックマに滅茶苦茶はまってます。
2006年くらいからジワジワ好きになってきて、大分グッズ(含ぬいぐるみ)も増えてきました。
何だかキャラクターや関連グッズばかりフィーチャーされていますけれども、リラックマの本道は「絵本」です。あのクマのどうしようもない、ゆったりした感じがたまらなくいいんですよ。

そして、クマ以上に好きなキャラはキイロイトリ。
基本ダラダラしたリラックマをたしなめたり、コリラックマにいじられたりする、ちょっと健気で可愛いヤツなんです。このキイロイトリの魅力は、グッズだけでは分からなくて、「セリフ」のある絵本を見ないとね。

街を歩いていて、ゲームセンターか何かがあって、例のUFOキャッチャーでリラックマのそれがあると、私は取り敢えず飛びつきます。
けれども、悲しい哉、キイロイトリはあまり人気がなくて、ぬいぐるみの配置的にも奥の方にあったりして、中々ゲットしづらいのでした。

そういえば先日、東京駅の中にあるリラックマストアにも行ってきました。
個人的に欲しいのは、ちょっと大きめのステッカーとかですね。手帳の裏側に貼っておくと、癒されるんですw
今も手帳に貼ってますけれども、そのステッカーは人に貰ったもの。こういう趣味(?)っていうのは、本当に不思議で、熱中してはまっていくと気がつけば同好の士が身の回りに現れてきます。で、「いっぱいあるからあげる」と、大量のステッカーを貰ったんですが、そろそろストックが厳しくなってきてしまったので、新しいステッカーが欲しいんですよね。
残念な事に、東京駅のリラックマストアには無かったのですが、他の店舗に行けばおいてあるかな……。

まだまだリラックマ熱は冷めそうになく、ドンドン加速しているので、そのうち写真でも撮ってアップしてみましょうかね。



■そして呑んでるあの薬

私がかなり重度の不眠症である事、このブログで屡々書いてきました。
丸々四日くらい眠れなくて、医者が私の顔を見るなり、「すぐに入院だ!」と云われ、入院が決まったのも良い思い出ですw まぁ、あの時は過労もあったんですけどもねぇ。

で、ここんとこ、不眠が輪を掛けて酷いんですが、私の場合、所謂「睡眠薬」との相性が良くなくて(夢遊病みたいになっちゃう)、「睡眠薬」は今は処方されていません。

その代わりに処方されたのが、「セレネース」という薬。
ネットで検索すれば分かるんですけれども、統合失調症の薬として使われるみたいですよw 勿論、私の場合、統合失調症ではなくて、副作用として出る「眠気」を利用する、という形なんですけれども。

まぁ、その手の薬は、色々呑んできましたが、悉く効きませんでした。
ウインタミン、ヒルナミン……全く私には効き目が現れなくて、結果、眠れないわけですw
なので……今回のセレネースも、「本当に効くのかよ……」という疑惑が拭いされません。結構副作用も強い薬らしくて、「薬の副作用止めの薬」という訳の分からないモノも一緒に処方されてます。


朝は、エビリファイ。
就寝前にラミクタールとセレネース。

こういう布陣です。
処方薬だけ見れば完全にアレなんですけれどもねw
兎に角、今日眠れるかどうか、取り敢えずセレネース、試してみようかと思います。



■午後九時からのあの時間

結構知られてない事実があって、大体毎日、午後九時くらいから、ニコニコ生放送にて放送をしています。
ちなみにコミュニティはこちら

で、ノベルゲームの話をする……ことは最近では少なく、マジでどーでもいい雑談が聞けますw
勿論、話を振ってくれればノベルゲームの話もガシガシやります。ちょっとした裏話くらいは出来ますからw
この界隈で著名な「あの人」(敢えて伏せます)も、結構頻繁に来て下さいますので、どうぞお気軽にお越し下さいませ。大歓迎致します!


一応、午後九時、と云ってますけれども、前後する事も屡々ですw
眠れない夜(というか夜中)に放送していることもありますし、20分くらい平気で前倒しで放送したりする事もザラですw
要は私、いい加減なんですよねw こうやって文字で書いてるだけでは伝えきれない、どうしようもない程のいい加減さが放送では味わえるハズw


放送主としては、なんか、こう、生放送ならではの面白さがあってもいいよなぁ、と思うわけです。
制作者さんが、「ちょっとくらいなら出てやってもいいか」と、ゲスト出演してくれる、とか。或いは、「お前の事が気に入らないから、一度サシで文句を云いたい」とか。
後者の方は、出来ればあって欲しくないんですけれども、まぁ、そういう風に云ってくれる人も貴重ですからね。

実際……ゲームレビュワーにして、ゲーム制作もやっている「あの人」が、ゲストとして来てくれる事はしょっちゅうですし、私のダラダラトークにゲスト参加しながら付き合ってくれる一般プレイヤー(?)の方もいるので、「ちょっと俺も喋らせてくれよ」って方がいたら、是非放送でその旨お伝え下さいw

草の根活動が、私のモットーなんですけれども、ちょっぴり放送は楽しいので、宣伝させてやって下さいまし。皆様とお話出来るのを、楽しみにしております。



それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2012-09-03 22:44 | 日々之雑記