久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:きっと正しいゲームの作り方 ( 1 ) タグの人気記事


2007年 11月 09日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『きっと正しいゲームの作り方』

b0110969_2157262.jpg

道玄斎です、こんばんは。
今回は「番外編」の方をお送りいたします。例によって、「良かった点」「気になった点」は挙げません。
というわけで、今回は「正しいゲームの作り方製作委員会」さんの『きっと正しいゲームの作り方』です。本ゲームは第十五回三分ゲーコンテストの応募作品でした。
作者様のサイトの情報は載っていなかったので、三分ゲーコンテストのページにリンクを張っておきます。こちらからどうぞ。


さて、本作はちょこちょこと見かける「ゲームを作る(創る)という事自体をゲームにする」メタゲームみたいな感じです。

ある日、主人公(名前や使用ツールなどを変更出来る)が自信作を作り上げ、コンテストに応募しようとすると、ゲームの妖精なる魔神が現れて、ゲーム制作のアドバイスをしてくれる、というのがストーリーの流れ。

100人の自分がいるパラレルワールド。
その中で、今ゲームを創っている「自分」の順位を教えてくれたりと、なんだか親切なんだか水を差しにきたんだか分からない、魔神とのやりとりが面白いです。


ゲーム制作なるものを微妙に意識し出している私には、中々面白く思えました。
100人の自分との競争。だけれども、今ゲームを創っている「自分」には他の99人の自分には無い絶対的なアドバンテージがある。
それは「競争を意識している」という点。「なかなか魔神も良いこと言うじゃねぇか」と思いながらプレイしていたのですが、最後の最後で……w

オチとしてどうなのかなぁ?w と思いながら結構楽しめました。
ここの所、非常に忙しく(恐らく年明けまで)、ゲームのシナリオの執筆の方が全然進んでいないのですが、妙にやる気が出てきましたよ……?
忙しくてゲーム制作に時間を割けないけれども、アイデアを練り直したり、見せ方を考えたりとやるべき事は多いようです。



// そうそう、ブログ、若しくはサイトの方のイラスト(バナー?)を変更しました。
// 相も変わらず素敵なイラストを描いて下さったsakumo様に感謝いたします。
[PR]

by s-kuzumi | 2007-11-09 21:58 | サウンドノベル