久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ステマっぽいけどね ( 1 ) タグの人気記事


2012年 10月 27日

フリーサウンドノベル関係の雑記 箸休めvol.56 ノベルゲーム制作入門其の2

道玄斎です、こんばんは。
今日は、前回の続き、ノベルゲーム制作入門の第二回目です。
さっそく、コメント欄に最新の情報を書いてくれた人がいるので、助かっています。この一連の記事を読む場合には、是非、コメント欄にも目を通してみて下さい。詳しい人が結構書き込んでくださっていますので。



■前回の補講

前回、ノベルゲーム制作に必須のツールの解説なんぞを行いました。
テキストエディタを使うこと、ノベルゲームのエンジンを吟味すること。色々書いた気がするのですが、ノベルゲームエンジンの使用に関して、慌てて付け加えておきたい事があるのです。

それは「むやみやたらにワイド画面を使わない」という事です。
吉里吉里/KAGや、Yu-risなんかは、横に長いワイド画面を使用する事が可能です(他のエンジンでも出来るのかな?)。

ワイド画面にするメリットというのも、もちろん存在しています。大人数の立ち絵を一気に表示できる。映画的な雰囲気が出せる、などです。
けれども、「俺の表現はワイドな画面じゃないと出せねぇ!」という事がない限り、ワイド画面にはしない方が無難です。大抵の場合、800×600で事足ります。

私が今までプレイしてきた作品を思い返してみても、左右の空白に意味がない、という作品が多かったです。確かに……そういうワイド画面に出来る機能があれば使ってみたくなるのは、心情的に理解出来ます。そして、なんとなく「映画っぽい」雰囲気になるのも確かなんです。けれども、プレイヤーからしてみれば、「普通に読めて普通に楽しめる」作品であればいいわけですから、よっぽどの理由がない限り、ワイド画面は避けた方が良いと思うのです。正直、PCの画面からはみ出るくらいのワイドは不要だと思っています。

前回の補足、はこんなところでしょうか?



■素材を集めよう

遅かれ早かれ、ゲームを作る以上、「素材」が必要になってきます。
BGM、効果音、背景素材、或いは立ち絵、一枚絵……ゲームの体裁にも拠りますが、大体こんなところが主要素材になりましょうか。

どのタイミングで素材を探すか、というのも、人によって違うみたいです。
ゲームの大凡の構想が見えてきた段階で素材探しに着手しちゃう人もいますし、普段からゲーム素材サイトを見て回っている人もいます。実際にシナリオを書き上げた後に、最終的に素材をはめ込む人もいるでしょう。
これは、聞いた話なんですが、商業のゲーム制作の場では、「他のゲームのサントラ」から曲を抜き出して、仮に当てておく、なんて事をするみたいですよ。そして、そのイメージで曲を発注したりする、と。これはゲームを作りながら、素材をはめ込んでいく、という制作方法になるのかな。

ま、それはさておき。
大体、それぞれの素材は、特化した素材サイトが存在しています。TAM Music Factory、煉獄庭園やWEB WAVE LIB、ザ・マッチメイカァズ……などなど、何かしらのゲームのスタッフロールで見たことがある人も多いのでは? 写真素材だと写真素材 足成なんかも有名で使い勝手の良い素材を配布しています。

それらのサイトをじっくり見て、視聴するなりして素材を探していけば良いのですが、効果的に良い素材を探す方法があります。それは、「自分が良いと思った作品のクレジットから探す」という方法です。
大抵の場合、作品同梱のreadme.txtやスタッフロールに、どこから素材を借りてきたのか書いてあります。「この曲、いいな」と思ったら、そのクレジットに記されている音楽素材配布サイトにいけばいいですし、「こんな効果音を探してた!」という場合も同様です。
ただ、これはゲームをある程度、日常的にプレイしている人向けの、方法ですかね。

も一つ、素材探しで是非使っていただきたいのが、総合素材ポータルサイト、Novelers' Materialです。完全にこれは宣伝なんですけれどもねw
数千種類の素材がそろっている、中々すぐれもののサイトだと自負しております。BGMや写真素材、効果音、色々取り揃えてあります。各素材の規約をチェックした上で加工するなり、そのまま使うなり色々使ってみて下さい。
逆に「俺も素材作ってるぜ!」という方は、是非、作者登録をして、素材を公開してみて下さい。自分の素材がゲームに使ってもらえるかもしれませんよ。


けど……色々探したけれども、しっくりくる素材が見つからない。なんて事も十分あり得ます。
そういう場合は、自分で素材、作っちゃいましょう! もちろん、簡単に作れる素材とそうでない素材があります。比較的簡単(だと私が思う)のは、写真素材(背景素材)とBGMです。

写真は、自分のイメージにぴったりくる場所に出向いて撮ってしまえばいいわけですよね。
例えば、東京タワーを背景にしたいのであれば、東京タワーが見える場所まで実際に行って写真を撮ってくれば、誰に気兼ねするわけでもなく自作品に素材として使用出来ますよね。
背景イラストではなく、背景写真を使いたい場合は、「自分で撮ってくる」というのが、何だかんだで最強かもしれませんw

さて、お次はBGMなんですが、簡単なものなら自作可能です。
私、良くニュース番組を見るんですが、現代の暗い世相を説明する文脈で、雑踏の絵が出てくる事があります。その時のBGMって、暗めの「ドラムだけ」なんです。
或いは、緊張感を伴うニュースの時なんかも、少しスピード早目の「ドラムのループ」です。

そう、ドラムのループが一つ出来れば、それは立派にBGMになりうるんですよね。
リズムとメロディとハーモニーが揃っていれば、そりゃ言う事ないですけれども、ノベルゲームの場合、あまりカッチリとした「楽曲」よりも、もう少しシンプルな音の方が好まれる事もあります。上手く説明出来ないのですが、曲と効果音の間、みたいなね。

私の使っているDAW(音楽を作るソフト)、FL STUDIOは簡単にドラムのループを作る事が出来ます。
フリーのDAWにフリーのドラム音源を使っても、もちろんOK。要は自分で「使える」ドラムループが出来れば良いのですから、色々工夫してみて下さい。
「ドラム 打ち込み」とか「ドラム 打ち込み ヒップホップ」とか、好みのジャンルと一緒に検索すると、ループ作りの参考になるかもしれません。

ちなみに、最近では、.mp3よりも.oggの方がゲーム用BGMのフォーマットとして、基本的なものになってきています。なので、.oggで書き出せないDAWの場合は.wav(無圧縮)で書き出して、その後、fre:acなんかのソフトで.oggにしてやるといいですね。

どうです? ドラムのループ(一小節でも全然OK)なら、作れそうじゃありませんか?
もし、ドラムループを作るのが楽しくなったら、ハーモニーやメロディをつけて、「楽曲」制作へとステップアップしていっても良いですよね。


大体、素材に関してはこんなところでしょうか?
あっ、前回書きましたように、加工が許可されている素材ならば、Photshopなどでお好みに加工してみて下さいね。写真をイラスト風にしたり、なんて事も出来ますよ。



■そしていよいよゲーム作りへ

いきなり、ゲームを作り始めるっていうのは、準備もしないで山に登るのにも近い行為です。
取り敢えず、ここでは、一つ作品をプレイしていただいて、その作品がどのように作られたのか、どこに問題点があるのか、を解剖していく中で、ゲーム制作の一例をお見せしていこうと思っています。

なので、ステマっぽいですけれども、一本作品をダウンロードしてプレイしておいて下さいw
作品名は『Ghost Write』。なんでこれを取り上げるのか、というと、極めてオーソドックスな作品で、問題点、課題点も十分に存在している。そして、私が好き勝手に話せるから、ですw

多分……結構手厳しく、ゲーム制作の流れを追いながら、作品を解剖してあれこれイチャモンをつけていくと思います。
ゲーム自体は、先に述べました通り、かなりオーソドックスな恋愛ノベルで、プレイ時間は二時間程ですが、テンポは良いのですぐに読めると思います。


という辺りで、今日はこの辺で。
次回は、実際に、作品を解剖しながらお話を進めていきましょう。


それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2012-10-27 17:14 | サウンドノベル | Comments(7)