久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:メイド ( 5 ) タグの人気記事


2009年 11月 06日

なんてことない日々之雑記vol.245

道玄斎です、こんばんは。
ノベルゲームは何本もプレイしているのですが、何となくピンとくる作品がなくて、今日も今日とて日々之雑記。



■家が萌える

お寺がメイド喫茶を出店するようですw

それは兎も角気になるのは、新聞などでメイドさん、つまりmaidをカタカナで表記する際、非常に屡々「メード」という表記にぶち当たります。メイド喫茶ではなく「メード喫茶」とかね。
一方、made in Japanなんて時には「メイドインジャパン」と表記するから不思議。

maidの方が、明らかに「i」の音が入っているわけだから、メ「イ」ドになる必然性が強いのですが、メード喫茶に、メイドインジャパンという表記が一般的なようです。

maidと語源を同じくする「海女」(“あま”に非ず。“うみおんな”です。厭な漢字表記ですが……)たる「マーメイド」はちゃんと「メイド」にしていますし(今、検索してみたら「マーメード」という表記もあるみたい。だけれども「マーメイド」の方が一般的かな?)、拷問道具だったり、バンドの名前だったりする「アイアンメイデン」も「メーデン」ではなく「メイデン」になっています。

これ、凄い不思議じゃありません?
日本語の音韻体系の中に於いて、「maid」の「i」の音を独立して発音させず、長音記号の「ー」として発音(認識)する、という規則があれば、話は別ですが、混在している状況を鑑みるに、どうもメイドさんを「メード」と表記するのは、何か意図的なものがあるような気がします。

今、軽く調べてみたら、「新聞用語」なるものがあって、その手引き書まで売られているようです。
これを使えば、外来語や地名なども記載されているようで、分かりやすく且つ正確な文章が書けるようですよ? 恐らく、こうした新聞社の取り決めとしてメイドさんを「メード」と表記する、というルールがあるのでしょう。

ただ、(素朴な言語感覚として、ですが)一般的に使用される「メイド」よりも「メード」を採択する事に関して、合理的な説明がつくのかどうかは甚だ疑問です。
「メイド」じゃなくて「メード」が正しい、なんて云われたら、何か無性に反発したくなりますね。
そもそも新聞が正確な文章か、ってのにも非常に疑問があるわけですがw 私の文章もそりゃぁ酷いものですけれども、時として新聞だって論理破綻している事も屡々あります。
恐ろしい事に、新聞に書いてあるから正しい、なんて認識を持っている人がいたりするわけで、ちょっとそれはね……。新聞ってのは「真実を伝える」という事を標榜していたりするわけですけれども、実態は株式会社ですから、「利益を上げ株主に対する責任を果たす」事こそ第一目標なんですよね。


っと、脱線しちゃった。
ここで、大幅に軌道修正して、お寺のメイド喫茶です。
お寺がメイド喫茶をやるってのは、仏教的にどうなのかなぁ? と考えないでもないですよねw 私は別に仏教徒ってわけじゃないんですが、何故か身の回りに、お坊さんとか尼さんとか、お寺の子息が多いので、少しは仏教に親しみがあったりします。
っていうか、日本人ってのは、その多くがお寺に行けば手を合わせ、神社に行けば柏手を打ち、クリスマスにはおにゃのことあんなことやこんな事をしたりするんですけれどもw

それに仏教って一口に云っても、色々ジャンル(?)があるわけですが、一般的に云う所の仏教って、実は「神様」的な存在がいるわけじゃないんですよね、多分。寧ろ「仏になろうZE!」ってのが仏教です。
この仏ってのがクセモノで、所謂「God」に相当すると考えると多分誤りで、仏って「悟りを得た人」って事ですから、「俺たちも悟ろうぜ!」ってのが仏教という事になります。

お釈迦様の存在は、「悟りを得た偉大なる先達」として尊敬されている、という感じでしょうかね。
宗教っていうと、一人でも複数でも超越的な「神様」が居てってイメージですが、仏教の場合、ちょいと事情が違うわけです。
日常的に使うボキャブラリーの中に、仏教的な言葉は随分とあるわけですが、仏教的なものに直接的にお世話になる時って、死んだときが多いですからねぇw 外国人に「仏教について教えて下さい」なんて云われたら、私を含めて、それなりの解答を出せる人、あまり居ませんよね。

で、お寺のメイド喫茶ってのは、どうなのかなぁ? なんて疑問は払拭出来ないわけですが、嘘も方便っていうか、メイドで釣って、仏教の教えへ導くみたいな、そんな感覚なのかもしれません。


そういえば、最近お坊さんから聞いたんですけれども、キリスト教徒の間で座禅が窃かなブームになっているようです。寧ろ外国人の方が多いそうな(神父さんとか牧師さんとかも!)。特定の宗派に関わりなく座禅が出来る場所があるようで、そんな所に行くと、異端とかじゃない普通のキリスト教徒の方が一杯だそうな。
中には、自分の教会の裏手に座禅のスペースまで作っちゃった人まで出てきて、バチカンから「そういう事はおおっぴらにやらないように」なんてお達しがあったとか無かったとか。ホントかなぁ?
修道士が瞑想をする、なんて事もありますから、そういう部分で、メディテーションの技術として、座禅を取り入れているって事なんだと思いますけれども、なんか不思議な感じがしますね。

そのうち、私もそこで座禅をしてこようと思いますので、その時、実態をレポートしますw



いつにもましてグダグダですけれども、今日はこのへんで。
それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2009-11-06 00:01 | 日々之雑記 | Comments(0)
2009年 01月 22日

なんてことない日々之雑記vol.168

道玄斎です、こんばんは。
今日は小雨が降っていて、あまり良い天気ではありませんでしたね。
こんな日は、何となく物憂げになってしまうので、私も今日はダラダラと。



■メイド天国の乱

小見出しに特に意味はないのですが、今、何故か再び私の中でメイドブームが来ています。
けれども、中々資料が集まらなくってねぇ。

試しにアマゾンで「メイド」とか「メード」とか「メヰド」とか、それっぽい単語を入れてみて下さい。
吃驚するくらい、「普通の書籍」としての「メイド」が少ない事に気がつくハズです。フランス書院の美少女文庫だったり、ちょっぴりアレな萌えブームに便乗するような本ばかりで、「ヴィクトリア朝の本当のメイド」をしる為の資料に関する情報は圧倒的に不足しているとしか思えない。

実際、私もつらつらつらつら、アマゾンで検索を掛けていたのですが、メイドさんの衣装とかがあって(フレンチスタイルの、ですけれども)、「をっ、なかなか可愛いじゃん!」と思って、よくよく目をこらしてみると「メンズ」と書いてありました。男物かよ、っていうか女装かよw

ともあれ、「メイド」で検索していても、あまり実りが無かったので、手法を変えて「女中」と打ち込む事にしました。されど、今度も芳しくない結果に。唯一の収穫は先日お話した『イギリスのある女中の生涯』という、実際にメイドさんをやっていた人の回想録的な書物のみ。
この本は、読みやすいですし、描写というか叙述がリアルで、イギリスの田舎の方ではありますが、当時のメイドや、屋敷にお勤めする使用人の実態なんかが良く分かる良書だと思います。

困った私は、「もう、洋書でもいいか」と思い、検索を切り替えて洋書で「maid」と打つ事に。
だけれども、やっぱりちょっとエッチ系の本ばかり出てきてしまいますねぇw 検索に検索を重ねて「これは意外といけるかな?」と感じたのは、『A Little Maid of Old Philadelphia』なる本。日本のアマゾンでは、作品の概要が分からなかったので、アメリカの検索エンジンから書名で検索を掛けると色々出てきます。

んー、ちょっと違うんだよねぇ。
先ず、フィラデルフィアってアメリカです。私が欲しいのは、メイド全般の知識なんですけれども、どちらかというとやっぱりイギリス寄りなわけで。
それにイントロを見てみると、「メイドさん」の「メイド」とここで言う所の「maid」は微妙に意味が違うようです。恐らく、maid≒girlくらいのニュアンス。

というのも、そもそもmaidという単語は、「女の子」とか「乙女」とかそういう意味があるからなんですね。そうね、拷問器具でも某バンドでも何でもいいんだけれども、アイアンメイデンってあるじゃない? あのmaidenって単語も中に「maid」が入っていますよね? で、アイアンメイデンは「鉄の処女」と訳します。

だから、読み物としては『A Little Maid of Old Philadelphia』な中々興味深いのですけれども、メイドさんの知識を充足させる為のものとはちょいと違うのかな、と。それに多分、子供向け(女の子向け)の本ですしね。


そんなこんなで、あれこれあれこれ、理想のメイド関係の書物(しかも真面目なモノ)を探していたら見つけましたよ? 凄いのを……。

英国メイドの世界』なる同人誌です。
同人誌と侮るべからず。本の厚さだけでコミケのカタログよりも分厚いのですから。更にメイドに関する資料が実は少ない中で、膨大な資料を参考に作られているらしいのです。
いや、これは大したもんだなぁ。だけれども、手に入れるたつきがないなぁ。
機会を見つけてイベントに行くなり、通販が再開されたら真っ先に注文するなりして入手したい本ナンバーワンです。これだけ厚いと相当楽しめますし、床に就く時が楽しみになります(というのは、大抵そういう本は寝しなに読むからです)。

メイドっていうのは、所謂ブーム(局所的かもしれないけれども……)の一つだったものです。今ではメイド喫茶なるものも、登場当時ほどのインパクトは持っていませんし、メイドを主題にした創作物(特に商業モノ)の勢いも一段落したな、という印象があります。
だけれども、他国の文化に目を向けるきっかけとしての意義は大きかったのではないかと。

以上、何故か第二次メイドブームが来ている私のどうでもいいお話でした。
で、何か「この本いいよ?」とかお詳しい方がいらしたら、是非ご教授下さいませ。



■そのメイドの本の後ろにて……。

先に『イギリスのある女中の生涯』のお話を致しましたが、その本の後ろにですな、同じ出版社の似たようなジャンルの本の紹介ページが付いています。良くありますよね。所謂「既刊案内」です。
そこに、何となくいけ好かないタイトルの本が二冊ほど載ってました。要するに「イギリスは最高の国、日本は最低」というw わたしゃイギリスがかなり好きな方なんですが、こういう書き方をされると何となく腹が立ちますねぇ。著者の方は日本人だったのだけども、英国の男爵(代々統治していた男爵ではなくて、デパート創業の功績によって授与されたものらしい。一代貴族かしら?)に嫁いで、英国籍を取得したお人。

で、その本の紹介を眺めつつ、イライラしていたら、以前人に頼んでイギリス関係の本を目に付く限り集めてもらった中に、その著者の本があったような気がしたのです。
あれこれ書庫を漁ってみたら、案の定ありました。表紙を見て「あっ、この本か……」と。
今の今まで忘れていたのですが、確かに読んだ記憶があったのです。「とんでもない駄本だな」と思ってそのままにしていたわけですな。

まぁ、この人、何冊も同じような本を出しているわけですが、みんな紋切り型で「イギリスは最高、日本は最低」というそれを延々と繰り返すだけ。
んで、まぁ、「貴族に嫁いで、自分も貴族です」的に貴族をやたら強調します。
そして「豊かなイギリス、貧しい日本」みたいな話を延々と。勿論精神的な意味で、ね。
そりゃぁね、一代貴族であっても仮にも貴族だったら、豊かな生活してますよw イギリスなんて、本当に一握りの貴族が国の富を独占しているわけですから。

とはいえ、あたしゃ、イギリスに住んだ事も実は行ったこともないので、実情は良く分かりません。ただ、一つ感じた事は、この著者は日本というものに対しての知識が非常に薄いんだろうな、と。「古き良き日本の美質は失われり」みたいな事を書いているけれども、そんなに日本は変わっていませんし、そんなにすぐに変わってしまうのならば、それは美質ではなくて、ただの一過性のブームみたいなもんです。

イギリスに何十年も在住している経験から「日英の比較文化論」をしていく、みたいな感じではあるのですが、イギリスの現状やその生活についてはさておき(私、イギリスに住んでるわけじゃないですから正直、分からないのですよ)、私にとっての問題は生まれてこの方、殆どずぅっと住んでいる日本の方です。
その本の著者はイギリスに長年在住しているわけで、実は日本とは全く無縁の生活を送っているんですわ。で、何というか半ばテレビや雑誌などの中でもとりわけ低俗なメディアの喧伝している「悪い日本」(というか、悪い若者?)みたいなものを鵜呑みにしている気配があります。
自分で、実際に日本に住んでいてその変化を感じ取っている、というのではないのですね。確かに部分部分で見れば、昔と比べて変わった部分も多いですけれども、私としては繰り返しになりますが、日本って多分、そんなに変わってない気がします。

まぁ、書きたい事は一杯あるのですけれども、あんまり熱くなりすぎてもアレなんで、この辺でやめておきますけれども、イギリスイギリス言うのはいいんだが、自国の事を知らなさすぎるのではないのか、と。
私の知り合いでも昔いました。やたらとアメリカが好きで(十代後半から二十代前半の女の子に多い)、実際に留学(別に向こうの学校行って遊んできただけ)とかしちゃったりしてるけれども、「鎌倉時代と室町時代がどっちが先でどっちが後か」分からなかったりするというw
いや、中にはね、勿論「語学力を付けたい」とか、向こうでないと学べない事があるとか、本当に尊敬すべき理由で一生懸命、異国の地で頑張る人もいるわけです。

別にこんな事みんな言ってるけれども、全うな相互理解は、先ずは自分の足下を固める、という所にあるように思えますよ? ヘタすると外国人の方が日本の事に詳しい、なんて事もあるわけで、日本人としては、外国人の発する日本に関する質問くらい(高度で専門的なものでない限りは……)はちゃっちゃと答えたい所。

私としても恥ずかしながら、まだまだ全然自国の事に関して無知だったりするので、恥ずかしい限りですが、取り敢えずは、自国の文化とイギリス(特にメイド関係w)を軸に当分は活動をしていこうかな、とw


というわけで、今日はこのへんで。
それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2009-01-22 20:42 | 日々之雑記 | Comments(4)
2008年 12月 19日

なんてことない日々之雑記vol.158

道玄斎です、こんばんは。

今日は日中、とても暖かくて気持ちよい日でしたね。
冬なのに、光の良く射し込む部屋に居ると、空調を付けなくても十分暖かくて快適です。プラスして紅茶でもあれば、もう言う事はありませんね。



■ゲームやってます

というわけで、ボチボチノベルゲームをやっているわけですけれども、すっごい時間が掛かっています。単純に全ルート制覇には異常なまでに時間が掛かるって事ですね。

例の「メイドさんのギスギスした会話」が見物の作品w
今、大体七割くらいプレイしたのですけれども、本当にギスギスしてたw けれども、それがメイド成分が不足している私にとって、とても心地よい……。

意外と細かい表情なんかも良く変わるし、物凄く手間暇掛かった作品だという事が分かります。OP曲とかも凄いしね。ふつーにプレイしたんじゃ、全ルート回収は不可能だと判断した為、途中から攻略情報を見つつプレイ中。
このプレイのし易さというか、そこが改良されればもっと良いなぁ、と思いました。

今回は例外的に長いプレイ時間ですけれども、明日くらいからはもう少し短めの作品もいつも通りプレイしていきたいですねぇ。



■養命酒続けてます

というわけで、朝晩、薬用養命酒呑んでます。
効いているのかいないのか、俄に判断出来ないのですけれども(まだ、飲み始めたばかりだし)、今の所何となく調子が良い気がします。割とすっきり眠れてすっきり起きることが出来るようになってきたような……。

養命酒だけのせいとは限りませんが、何となく「健康に良い事してます!」って安心感があると、
精神的にも良いのかもしれません。

幸い、というか何というか、最近酒量が減っています。
養命酒は、朝晩、20mlづつですから、全然問題ないですよね。
で、下手をすると、一日養命酒しかお酒を口にしないなんて日も結構ここ最近では増えてきました。以前は、ちゃっちゃかちゃっちゃかマグカップにお酒を注いで呑んでいて、瓶・缶の回収日には毎週一本くらい、焼酎なり日本酒なりの空き瓶を出していたわけで。

最近、呑んでいるのは例のハチミツ梅酒ばかりですね。
それも、たまに妙に寒い夜とか、少し疲れた時にかるーく一杯呑む程度です。

例年、年末年始は日本酒ばっかり呑んで、素面で居る時の方が少ないくらいなのですが、今回は少し節度を守って健康に気を遣って過ごしたいなと考えております。

とか何とかいって、結局くりすますいう゛、若しくはくりすますの日には、やけ酒を飲みそうな気配はありますが……w



そんな感じで、毎日普通に生きています。
明日あたり、今プレイしている長大な作品のレビューを書いてみようかと。

それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2008-12-19 20:05 | 日々之雑記 | Comments(0)
2007年 10月 04日

なんてことない日々之雑記vo.11

道玄斎です、こんばんは。

今日は、用事で東京駅の辺りまで出たので秋葉原に寄ってみました。
なんだかんだで結構久しぶりです。一月ぶりくらい?

所でみなさんは「秋葉原」をなんて発音していますか?
「あきはばら」と発音するのが一般的かと思いますが、私が幼い頃は「あきばはら」なんて呼んでいる人も随分いたものです。或いは「あきばっぱら」とかね。
昔は電気街なんてもんじゃなくてそれこそ「原」だったわけです。

よくよく考えてみれば、秋葉原っていうのは家電の問屋街みたいな、そういう雰囲気があったのですが、最近はもうそんな面影はありませんね。
冷蔵庫を買うとか、電子レンジを買うとか、炊飯ジャーを買うとか、掃除機を買うとか、古くから東京に住んでいる人は大抵の家電は秋葉原で揃えていた時代があったのでした。

そういえば、1996年くらいに、我が家に初めて携帯電話なるものが導入された時も秋葉原で買った記憶があります。そんなちょっとした家族のお出かけの場であった秋葉原ですが、ここ数年で、街中にメイドさんが立つようになってしまって……w

いや、メイドさんは別にいいんです。
私も、メイド喫茶調査レポートを書いたりしましから(而ども、今だ原稿料の振り込みが無い。催促するも柳に風。困ったもんだ)。
ま、それは兎も角、「メイドさん」そのものは私は結構好きなクチです。
尤も、やけにミニなスカートで清楚さのないメイドさんは敬遠したいのですが。断然、フレンチスタイルよりも、ヴィクトリアスタイル。それもパーラーメイドタイプのメイドさんが一番ですね。

ただ、そうしたメイドさんが「街中に立ってる」という事には、どうしようもない違和感を覚えてしまいます。「秘するが花」と世阿弥も言っているわけで、重要なモノってのは、秘しておかねばならないのです。あそこまでおおっぴらに露出して、宣伝をやっていると妙に興ざめしてしまうんですよ。上手く言えないのだけれどもメイド喫茶とかって、メイドさんの居る空間を楽しむ為にいくわけですよね?だからお店にメイドさんがいる事自体は別に構わない。
だけれども、それが店の外に出て、雑踏に紛れてチラシを配っていたりすると、そういう「夢」がぶっ壊れるんですw メイドさんが店の売り上げを上げる為に、宣伝しているだけにしか見えなくなったり、そういう現実的な世界が透けて見えてきてしまう。
だから、私は、ああいう街中系メイドはちょっと苦手です。 いや、勿論メイド喫茶やメイドさんの楽しみなんて人それぞれですから、好きなように楽しめばいいんですよ?


……で、少し遅めの食事を例のじゃんがらで取る。
気に入っていたネクタイに汁が跳ねてしまいました……。

明日はまた少し忙しいのですが、何とか一本レビューを書きたいものです。

それでは。


道玄斎
[PR]

by s-kuzumi | 2007-10-04 19:44 | 日々之雑記 | Comments(3)
2007年 07月 22日

フリーサウンドノベルレビュー 『メイドさんと柴犬』

b0110969_17191862.jpg

今日の副題「15禁だよねぇ……?」

お勧め指数(五段階評価):三
ジャンル:不条理メイド・巫女モノ(?)



道玄斎です。
ちょっと悪夢を見てうなされてしまったので、こんな時間に起きて、口直しにゲームをプレイしていました。
またしてもサクッと遊べるゲーム、という事で過去に遊んだ事のあるゲームを再度プレイ。
今回は「礼門屋」さんの『メイドさんと柴犬』です。
この「礼門屋」さんも多産なゲームメーカーさんですよね。「あおぞら幼稚園」さんと同等程度のリリース数を誇る数少ないサークルさんです。
シリアスな伝奇から、本作のようなギャグ、はたまた18禁のものまで幅広く手がけています。


本作は、やさぐれ系メイドさんと、その飼い犬である柴犬。そして淫乱系巫女が繰り広げる、不条理な日常を描く作品です。
一応、お勧め指数は「三」としたのですが、「3.5」くらいだと思って下されば。
俺は結構、こういうノリ好きです。少し、真面目な作品ばかり取り上げてきたので、ここらこういうものも紹介してみようかなと。

全体を通してプレイしても10~15分程度ですかね。
中身は8つのエピソードから成っていて、一つのエピソードは一~二分程度で読めてしまいます。この一つ一つのエピソードのテンポの良さは大きな魅力です。

完全なギャグ路線のサウンドノベル。当然、選択肢ゼロ。
けど、テキストにギャグ作品にありがちな嫌味がなくて、気持ちの良い展開が楽しめます。
内容は割と下ネタ多め……。特に注記はないんだけども、これは15禁かなぁ……?

メイドさんモノなんでしょうけれども、「ご主人様」は一切出てきません。
いつも各エピソードの頭で、アホな事をやって意識不明になっていたり、やはりアホな事をやって入院したりで、全然登場しないのです。
多くのエピソードが、淫乱巫女とやさぐれメイドさんのバトル(?)を描写するものとなっています。

ちなみにタイトル画面にメイドさんのイラストが表示されるだけで、本文中ではイラストは一切ありません。
よって、プレイ中に淫乱な巫女の姿とか、あられもない姿になってしまったメイドさんのイラストは拝むことが出来ませんw それでもテキストが面白いのでイラストの不備はそんなに気にならない筈です。

下ネタは苦手な人には、お勧め出来ませんが、「そういうのもOK」という人は是非プレイしてみて下さい。かなり面白いと思います。短い作品ですから、ちょっとした息抜きとして、楽しむのもOKですね。


・良かった点

先ず、先に述べたテンポの良さです。
各エピソードがかなり短く、「面白さ」を失う前に次のエピソードへと移っていくので、新鮮な面白さを最後まで保っています。

あと、効果音の使い方が上手い。無駄に上手いというべきか……。
又、タイトル画面のみに登場するメイドさんはかなり可愛い&綺麗です。俺は結構好みですな!

特筆すべきは、付属の「yome.txt」でしょう。
「現代メイドの心得(2007年版)」などが記述され、作者のメイドに対する歪んだ愛情(wを見る事が出来ます。一例を挙げてみましょう。


・パンチラは既に時代遅れである。スカートの展開は下着の見えないギリギリのラインを維持する事が美徳とされている。また見せる必要が無いので下着をつけていなくても問題は無い。むしろはいてない方が望ましい。


こんな感じです……。俺は個人的には下着は無くてはならないものだと思いますが。「readme.txt」は無視してしまう方も多いかもしれませんが、是非、本作では「yome.txt」を楽しんで下さい。かなり気合いが入ってます。



・気になった点

所謂リードミーにあたる文章、「yome.txt」があまりにも、ネタに特化しすぎていて、本来の役割を殆ど果たしていない。


*アンインストール
消す。

*操作方法
身体で覚えなさい。

*動作環境
動かなかったら諦めなさい。


これはあんまりじゃないか?w

あと、結構下ネタが多い(というかメイン?)ので、苦手な人には合わないかも。
ちなみに、俺が見た限り、15禁くらいかなぁ?そういう情報も「yome.txt」には必要だと思う。

もう一つ、タイトル画面に「終了」とか「おわり」とか、ゲームを終了させる為のポインタが無い。自分で体験してみて分かったんだけども、やっぱり無いと「画面上部」のメニューから終了しなくてはいけないので、意外とめんどくさい。


まぁ、全体的にこんな感じです。
全体的にやさぐれた感じなんですが(w 実際やってみると結構楽しめますよ?
[PR]

by s-kuzumi | 2007-07-22 04:55 | サウンドノベル | Comments(0)