「ほっ」と。キャンペーン

タグ:山中の宿 ( 1 ) タグの人気記事


2016年 04月 29日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『山中の宿』

b0110969_1416242.jpg

道玄斎です、こんにちは。
ゴールデンウィークですから、ちょっと何かプレイしようかな? と思っていたところ、興味惹かれる短編作品を発見しました。
というわけで、今回は「aiGame」さんの『山中の宿』です。ダウンロードはこちらからどうぞ。


私は、怖い話が結構好きです。
いや、ウソです。とっても好きです。

怖い話といっても、色々なジャンルがありまして、代表的なものとしては厳密には分けがたいものの、「都市伝説」のようなタイプ、「お化けや幽霊」の話、「妖怪などにまつわる話」、そして「実話の猟奇的な話」といったものがあります。

こうした怖い話のジャンルのなかで、ここ数年で一気に台頭してきたのが「意味が分かると怖い話」です。
一見すると、何の変哲もないような話。特にオチもなかったりする。けれども、ちょっと頭をひねったり、その話の中に出てくる特定のキーワードに着目することで、「もう一つの意味」が浮かび上がってきて……というタイプの作品です。


この手の「意味が分かると怖い話」には、一つ短所があって、それは「意味が分からないと全く面白くない」というもの。

そういうわけですから、このタイプの怪談では、ちょっとした工夫が必要となります。
たとえば、よく目にするのが「そもそもの文章がなんだか意味深」。

これは、「意味を分かってもらうため」に読者に考えることを促している、と考えられます。
また、「真相につながる特定のキーワードや、事象をしつこくない程度に強調しておく」なんてのもありますよね。これも意図は同じです。

第三の工夫は、ちょっと力技なのですが、「解説」を付けちゃうというもの。
これは、スマートフィンのアプリタイプの「怖い話」にはよくあります。お話を読んだあと「解説」をタップすると、すっきりと裏に隠れた意味が分かるというわけです(ネット上で見ることが出来るそれは、読者が考察した「解説」が付いていることも多いです)。


長々と前置きを書いてしまいましたが、本作『山中の宿』は、こうした「意味が分かると怖い話」を5編集めた、短編集というかショートショート集というか、そういう趣。
そして、それぞれの話のあとに「解説」が入り、「この話、意味わかんねーな?」という事態を防いでいます。

本作の特徴は、ただ単に「意味が分かると怖い話が5本あるから読んでね」ではなく、ちゃんと物語としてのガワがあって、いわば「物語内物語」として怪談が提示されている、というところでしょう。

タイトルに如実なように、主人公は道に迷い、山中にある洋館形式の宿に泊まることになります。
その客室に置いてあった本の内容、それが本作で提示される怪談、というわけです。


そうした「設定」の部分はゆかしいものがあったのですが、怪談そのものはそこまで怖くなかったかな? という気がしますね。

一つは、「文章そのものが理解しにくい」というところにあります。
意味深長な部分を作ろうとするあまりに(?)、その怪談の「表の意味」そのものが分かりにくくなっている印象がありました。

なので、もうちょい読みやすい文章であると、裏の意味の怖さもクッキリとしてくるんじゃないかな、なんて思いました。

あとは、魅力的な「ガワの設定」があるので、そこを活かす方向も考えられます。
たとえばの話ですけど、一話怪談を読むと、「洋館チャプター」が出てきて洋館のメイドさん(?)とのやり取りがちょこっと挟まったりして、最後の「オチ」にさらにインパクトを与える、みたいなね。


色々書いてしまいましたが、スッキリ10分未満で読了出来る尺は魅力。
また、「意味が分かると怖い話」をノベルゲームで表現しているという部分も楽しいですよね。今後も、こういうホラー作品、どんどん出てきて欲しいなぁ。


どうやら、かなり多産な作者さんのようですので、また面白そうな作品プレイしてみようと思います。



それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2016-04-29 14:16 | サウンドノベル | Comments(2)