タグ:Mora ( 1 ) タグの人気記事


2014年 09月 16日

なんてことない日々之雑記vol.387

道玄斎です、こんばんは。
以前、チラッとお話しましたが、私、アウトドア活動が隠れた趣味なんです。
で、今日は、そういう話を少しして、お茶を濁そうかなっと。



■こいつが相棒

というわけで、先ずは、これをご覧頂きましょう。

b0110969_2235968.jpg


アウトドアに携行するナイフです。
どっちも同じメーカーのものです。スウェーデンのMoraってメーカーなんですけどもね。

赤いハンドル(ウッド製)の方がクラシカルで温かみのあるデザインです。
カーボンスチールの刃で切れ味も抜群。ただねぇ……ちょっぴり鞘に不満があります。結構ゆるゆるで、何かの拍子にナイフが鞘から抜けそうな、そんな感じなんですよ。

一方、黒と緑のハンドルのナイフも、実は刃はカーボンスチール製。けど、赤いハンドルのものの方が、なんか切れ味が良いような……何か違いがあるのかな……?
けど、こっちの方が刃の厚みがあって(あっ、刃の厚みが切れ味の違いか? にしても、なんか違う気がするなぁ)、よりハードに使用出来ます。鞘にもガチッと収まるしね。

なので、私は、黒と緑のハンドルのナイフを携行する事が多いのです。
日本武尊に倣って、火打ち石っていうか、ファイアスターターも装着しちゃってますし。


まぁ、アウトドアに刃物なんていらねぇ、という向きがある事も重々承知しているんですが、敢えて気に入った刃物を持っていって使う、というのも、一つの楽しみだと思うのですよ。
勿論、自然破壊など、悪い事をする為じゃなくってね。ちょっと山道を歩く時に、枯れ枝を払ったり、邪魔なツタ(大体外来種の悪いヤツ)を切ったり……せいぜいそんなトコです。

火打ち石を付けてはいるのですが、実際使う事は殆どありませんよねぇ。
一応、山に登ったりもするので、「いざという時のお守り」みたいな感じかしら。そもそも最近は、地面に直で焚き火をする事も禁止されたりしている所も多いわけで……。

けど、実際に、アウトドアではナイフ、物凄く役立つんですよ。
ハサミの代わりにもなるし、薪を細かく割ったりするような事も出来る。食べ物を切り分ける事だって出来るし、山菜の採集とかにも使える。

ただ、その汎用性の高さ故に、「所持の明確な目的」を説明しづらい、というのは認めざるを得ない所……。
包丁だったら「料理をする為」って云えますけど、ナイフは、「色々便利だから」っていっても、納得してくれる人はあまりいなかったりしますw とはいへ、大体どのアウトドア関係の書籍とか読むと、ナイフっていうのは、備品リストに入ってるんですけどもね。

大体……スイスのお土産で有名なヴィクトリノックスのナイフとか、フランスの肥後守と呼ばれるオピネルとかが定番品です。最近、読んだコンビニ雑誌のアウトドア特集とかでも、オピネルが記載されてました。

ヴィクトリノックスのナイフも、オピネルのナイフも折りたたみナイフです。
ヴィクトリノックスの方は、ドライバーや、缶切り、ワインの栓抜きなど、色々なツールが詰まっているツールナイフと呼ばれるものです。

折りたたみナイフは、携帯に便利とか、ツールナイフだったらナイフだけじゃなく色んな機能が付いているとか、結構便利なんですよ。選ぶ時の注意点は、「多機能すぎるモデルを選ばない」という事。
個人的な体験や、多くの人の意見を総合すると、「ソルジャーCVAL」というモデルが妥当だと思われます。これは、トレードマークみたいな赤いハンドルじゃなくて、アルミ製のハンドルなんですけどもね。


折りたたみナイフは携帯性に優れ、ツールナイフならナイフ以上の事も出来る。折りたたみじゃないナイフは、基本的に折りたたみのそれより頑丈ですから、ラフに使える、というメリットがそれぞれあります。自分のスタイルに合わせて、ナイフも選択したいものです。


で……最近、和式の刃物に魅力を感じてまして、近い内に買っちゃおうかなぁ、なんて思ってます。
具体的に云うと鉈。あれがあれば、薪割りも出来ますし、っていうか、薪割りをするなら鉈とか斧とかがないと、ですし。

兎に角、和式の刃物はその切れ味の良さが魅力ですよねぇ。
その分、錆びやすいので手入れは大変ですが、それがまた意外と楽しいものです。手入れをすればその刃物に愛着だって湧いてくる。折角なので、鍛冶屋さんがちゃんと打って作ったものを手に入れようと思ってます。


……と、とりとめの無い話をしていたら、結構な行数書いてしまった気がします。
ま、今日はこの辺りでお開きです。



それでは、また。
[PR]

by s-kuzumi | 2014-09-16 22:35 | 日々之雑記