人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 19日

下戸の飲酒記録vol.5

道玄斎です、こんばんは。
今日も何となくやる気が無いので(後述)、お酒を呑みつつどうでも良い話をしていこうじゃないか、と。



■GUINNESS DRAUGHT

ギネスビールですね。
黒くてクリーミーな泡が出てくるあのビール。先ほどコンビニで買ってきましたw

アルコール度は4.5%、平均的なビールのそれですが若干弱めに感じるかもしれません。以前、オリオンビールをして「呑みやすい」と書いたのですが、或る意味でオリオンビールよりもアルコール度が低く呑みやすい印象があるかも。

今日は折角なので、グラスに注いで泡をちゃんと立てているのですが(缶に泡を発生させる装置が付いてる)、何となく「これ単体」で呑む感じではないなぁ、と。

例えばヱビスの黒ビールとかだったら、もちっとどっしりとしていてビールだけ呑んでも満足感が高いのですが、ギネスは単独で呑むと少し物足りない感じ。コクが少し足りないというか。
けど、何か食べるものと一緒に呑んで、というのだったら、また条件は変わりそうです。

英国という事で、例の揚げ物と一緒に呑むと一番具合がいいかも。
昔、オーストラリアでだったかな? 例の揚げ物を食べた事があるんですが、日本円で500円くらい払ったら喰いきれない程山盛りで出てきて吃驚した事があります。魚のフライでしょ、フライドポテトでしょ、更にその上にアホみたいにチーズが大量に掛けてあるという凄まじいボリューム感でした。
量的にはあの1/10くらいでいいんですよね。軽くつまみながらギネスが呑めればw

落ち着いて考えてみれば、あまり「コクがない」というのは西洋のお酒としては或る意味で当たり前且つ大事な事なのかもしれません。
良く、フランス人は子供の頃からワインを水代わりにする、なんて云いますよね? その当否は兎も角、そういう名言(?)が生まれる一端は、西洋諸国の飲み水の事情にあったりします。

中世ヨーロッパとかは、「安全な水」っていうのが実は少なかったらしいんですよ。
で、水を「安全に呑めるように」加工したお酒が発達して、いわば水代わりになっていたらしいんですな。ここらへんは水で不自由した事の無い日本人にはちょっと分かりづらい感覚でしょう。
私が子供の頃は、まだ東京でも井戸水ってありましたからねぇ……。

ま、そんな訳で、「水みたいに呑めるお酒」ってのが西洋では需要があったらしいんです。私も昔本で読んだ聞きかじりの知識なんで、どこまで正しいのか分かりませんがw
そうすると、ビールとかエールとか、アルコール度が低くて呑みやすいお酒が発達してくる、というわけです。向こうはワインとかも薄めて呑んだりもしますしねぇ……。
一方日本では、普通に飲料水は安全且つ大量に確保されていたので、「水代わり」のお酒は必要無かったんですな。焼酎だとか日本酒だとか、独特の風味のあるお酒が生まれたのはそういう環境的な要因もあるのではないかと。

ビールと云えば、個人的にはベルギーのビールが好きだったりします。
ヴァリエーションが豊かで、色々と呑み比べてみるだけで楽しいんですよ。やたらとフルーティーなものがあったり(ベリー味)、修道院で作られているビールがあったり。


っと、ギネス、一缶呑んでしまいましたね……。
まぁ、ビールってのも色々あって、呑んでいくと楽しいものですよね。
皆さんのお好きなビールはどういうものですか? 「これ最高だぜ!」ってビールがあれば是非教えて下さいませ。



■結構長く続いています

ビールの話じゃないんですが、勢いで。
いや、タバコの話。禁煙がもう早いもんで二週間くらい続いています。連日禁煙記録更新中ですよ。

よくよく考えてみると、タバコを所謂チェーンスモークするシチュエーションって割と決まっていて、それはノベルゲームをプレイする時、だったりしますw

ノベルゲームって或る意味不思議なゲームの形態ですよね。
十字キーを利用してキャラクターを激しく動かしたりジャンプさせたりする必要がない。延々とエンターを押すなりクリックしていくなりして、基本は「読んでいく」というゲーム形態です。場合によって所々で選択肢を選んだりする事はあっても。
果たしてそれが「ゲームなのか?」という疑問はありましょうが、取り敢えず定義の問題はさておきここではゲームとして取り扱うものと致します。

でも、それは読書ともまた違いますし、この類のゲームに一家言ある私からすると「非常に日本的なゲームの形態だよなぁ」という事になります。
っと、また脱線。

一つ云える事は、他のゲームの類と違って、ノベルゲームって「片手が空く」んですよw
マウスをクリックする指さえあればいいんですから。極端は話「オートモード」ってのもありますしね。

そうすると、もう片方の手が寂しくなるというか、ついつい何かをしたくなっちゃうんです。
そして、タバコを持つ手となってしまうのでした……。
プレイしている方も、レーシングゲームみたいに体を傾けたりする必要なないですからねぇ……。のんびりゆったりと喫煙が楽しめるってわけです。

今、まぁ禁煙をしているわけじゃない? そうすると一番良くタバコを吸っていたであろうシチュエーション、つまりノベルゲームがプレイ出来ないんですよねw ちょっと辛くてw
いや、ウソです。実はこの一週間で3作品くらいプレイしてはいるんです。けれども、何となくタバコの事が気になってゲームに集中出来ていない気がする……。

流石に二週間もタバコを吸っていないわけですから、「猛烈に吸いたい!」という気分は大分収まっています。それにそういう時の為に電子タバコがあるわけですし、上手く利用出来ている自信もあります。カートリッジ、すぐ無くなるけどw

そもそも、私の目標って「完全なタバコからの決別」ではないんです。
「時々なら一本くらい吸っても良かろう」という緩い、禁煙なんですw 喫煙がチェーン状態になっちゃうとマズイですし、体にも負荷が大量に掛かるわけですが、例えば、週末一本だけ吸い一週間の疲れを癒す、的な吸い方ならアリだと思うんですよね。

そういう「良い喫煙ライフ」の為の禁煙をしている、という感じでしょうか?
その為にも先ずは当面、煙草は止めて「ニコチン中毒」の状態を脱出しないとね。

ですので、週末喫煙をする、となってもきっと300円で一箱買って、その場で一本だけ残してゴミ箱に捨てちゃうと思うんですよ。っていうか、そうしないと絶対にダラダラ吸っちゃいますから。
或る意味でそういう思い切ったことをして、煙草の高さを身に染み渡らせたりしないといかんなぁ、と。

取り敢えず、目標は小刻みに、という事で三週間の喫煙を目指して頑張ろうと思います。



それでは、また。


/* こっそり追記。

ネットを徘徊していると、思わぬものを見つけたりする。

こういうの

昔の自分を見ているようだ!!w 
ここまで酷くはないが、似たようなシチュエーションは何度も経験済みだw
こういうものを見ていると無性にタバコが吸いたくなる……。
一つだけ云える事がある。それはこのラストで金糸雀といい感じになるやる夫だが、結局はこの金糸雀のせいで新たなる泥沼に入り込むだけだ、という事。ちなみにこの作品はカーチャンが凄いいいキャラだと思う。 */

by s-kuzumi | 2010-03-19 23:40 | お酒


<< フリーサウンドノベルレビュー ...      フリーサウンドノベル関係の雑記... >>