人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

2008年 11月 14日 ( 2 )


2008年 11月 14日

なんてことない日々之雑記vol.139

道玄斎です、こんばんは。
どうも来週辺りから東京は、寒さが増すようです。ここ数日、ちょっと天気の良い日が続いていて、気持ちよかったので、がっくりです。



■加筆修正

というわけで、ちょこちょこプレイしていた『探し屋トーコ』ですが、コンプリートしました。
いや、第二章を終えた時点でてっきりお終いかと思っていて、本当にスミマセン。

しかも第三章からかなり面白くなってきているので、未プレイの方は是非是非プレイしてみて下さいな。マルガレーテちゃんはとっても可愛いですしw 12、13歳って所もポイントですね。幼すぎず、かといって高校生くらいの認識力が無い、というわけでオイシイ年齢設定だったと思いますよ。マルガレーテのお友達のコノミちゃんなんて、結構リアルな感じがしました。
個人的には、女性キャラで好きな年齢って14歳なんですよね。
14歳って、なんて言うか一番センシティブな時だし、本当に子供の大人の境目で、そのアンバランスさみたいなものがある種の美になっているような……。
って、書いていくと変態みたいだけれども、実際、もう10年以上前だと思うのですが、昔「14歳の少女論」みたいなものがあって、それを読んだ記憶があります。

ま、実際関わる事になったら、めんどくさい事この上ないんでしょうけれども、キャラクターとして存在しているとなんだか好ましく思えてしまうのでしたw


そういえば、明日にでもプレイしてみようかな、と思う作品もあったりするので、更新頻度は落ちているとはいへ、ときたまご笑覧下されば幸いで御座います。



■ラブレター

ラブレター、まぁその、恋文とか懸想文とか呼ばれる類のものです。
皆様は、お出しになったこと、或いは貰った事御座いますでしょうか?

私は、長い人生で一度だけ貰った事があります。小学生の時ですね。
家のポストに投函されていて、お世辞にも上手とは言い難い文字でそれらしい文句と、「土曜日放課後、待ってます」的な文言が書いてあったのですが、差出人の名前が無くてなんだか無性に怖くなって、結局土曜日はさっさと帰宅した記憶が。

で、何で急に懸想文の話をしたかっていうと、私の友人で高校の先生をやっている人がいて、その高校で若い子達がラブレターを渡すだ渡さないだで、結構騒いでるという話を聞いたからなんです。
女の子から男の子へ、じゃなくて、内気でちょっと引っ込み思案だけれども、とっても心優しい青年が、ある女の子の事が好きになってしまって、その子に一生懸命手紙を書いて渡した、って話なんですけれども。

こういう時代、敢えてアナログな手紙って、何か凄くいいですよね。
私は悪筆な為、滅多に直筆では手紙、書きませんねぇ……。用事がある場合とかは、今ならメールにして送信すればいいだけですから。けれども、大切な人だったりに手紙を出す場合、やっぱりある種の味気なさは感じます。
メールでもいーから、誰かラブレターとかくれねぇかなぁ?w

まぁ、そんなわけで、ボチボチ年賀状を意識する時期になりましたね。
町中を歩いていると、年賀葉書をもう売ってますよね? やっぱり、裏は無地のものよりも、干支のイラストか何かついていて、直筆で書く部分が少ないものをチョイスしてしまうのですがw


話を戻すと、ラブレターってその響きがもう既にいいですよねぇ。
そういえば、いっつもお名前を出している谷川史子のマンガに「君のこと好きなんだ」という名作短編があるわけですが、それも冒頭部で、主人公の男の子が電車の中でいつも会う女の子にラブレターを渡す、という所からスタートするマンガでしたね。
やっぱり、そういう懸想的な事は、メールで送るよりも手紙にした方がやっぱり、グッときますよね。貰った方もその手紙に応えてあげられるかどうかは別として、いつまでも取っておく、みたいな、そういう古式ゆかしいやりとりを私はどうも求めているみたいですw

個人的に結構好きなのは「投函出来なかったラブレター」とか「別れてから相手に送る手紙」とか。趣味、悪いですよねぇ……。けど、ギュッと色んなものが凝縮している気がして、その現物を見る事って非常に希な事なんですけれども、その「投函出来なかったラブレター」とか「別れてから相手に送る手紙」とかって、その概念だけで私は十分満たされてしまいます。

まぁ、実際ラブレターを書くって、どういう風にすればいいんでしょうね?
何か「いつも貴女をみています」とか『ガラスの仮面』の速水さんみたいな文句にしたら、ストーカーみたいだし、「好きです」とか一言っていうよりも、もうちょっと文言が欲しい所。


そんな事を考えた冬の一日でした。
それでは、また。

by s-kuzumi | 2008-11-14 19:47 | 日々之雑記
2008年 11月 14日

なんてことない日々之雑記vol.138

道玄斎です、こんばんは。

こんばんは、っていいつつ、これを書いたら私は眠る予定です。
ここ一週間くらい、とっても睡眠サイクルが良い感じです。大量の夢はまだ見るものの、取り敢えず決まった時間、眠りに就く事が出来ています。
今日はそんな話題です。



■ハチミツ梅酒を作ろう。

で、ここ最近の健康の秘訣は(っていう程私は健康ではなく、病弱なのですがw)、ハチミツ梅酒と朝風呂にあったりします。

どうやっても眠れない時、眠って二時間くらいで目を覚ましてしまった時、そんな時はもう寝ることを諦めてさっさと風呂に入ります。風呂の中でのんびりのんびりしていると、それはそれで疲れは取れますし、リラックス効果も。バスクリンとか、温泉の素とか入れてもいいですよね。
更に意外にも時間が結構経っていたりして「眠っていない時間」を意識する事が減るわけでとってもグーです。
別に朝でなくとも休日なんかだったら、昼間のんびりお風呂に入るのも、気分転換とかリラックスに良いみたいです(金曜の夜に眠れず、土曜日になっちゃったら、お風呂に入ってから再度眠る事が可能w)。


そういう下地を作った上で、私が最近はまっているのは、先日もちらっとお話したハチミツ梅酒です。いや、まぁ、別に普通の梅酒でもいいんですけれども、私甘党なものでw

作り方は簡単。梅酒を適当な容器に入れて、そのままガスコンロで火に掛けます。
火を付けると同時に、ハチミツを適量すくって、梅酒の中に溶かし込む。そうすればもう完成。

この季節、ハチミツが固まっていたり、或いは常温では中々梅酒に溶けなかったりするので、少し火に掛けてハチミツが溶けやすいようにしてやっているだけです。
私の場合、呑んでいる梅酒が、ブランデーで漬けている為、アルコール度がちょっと高めなんですよね。ですので、少し長目に火を掛けてやるとか、或いはフランベしてやるとかで、アルコール分を少し飛ばしています。

そのままホットで呑んでもいいですし、その後、ロックにしても勿論OK。
この梅酒、一応10年モノという事で結構美味しいんですよね。誰が漬けたのかなぁ? 母か或いはいまだに二・二六事件を詳細に覚えているという祖母(彼女は、事件当時、何故か池袋にいたそうです)かもしれません。

ともあれ、アルコール分が多いお酒で作った梅酒だと、やっぱり少しアルコール分を飛ばして飲み口を優しくしてやると良いみたいです。まぁ、その当たりは好みの問題もありますが、眠る前に呑む飲み物だと私は認識しているため、あんまり強いアルコール濃度よりも、優しい飲み口の方が、ね。
注意点としては、「アルコールで寝ちゃわないようにする」という事。酔ってそのまま寝ちゃう事、ありますよね? あれは気絶しているんだそうですよ? そういう眠り方をすると結局、すぐに目覚めたしまうので意味がないのです。ちょっとふんわり良い気分になって、体があったまるくらいの適度なアルコール分が望ましい。

私は本当にお酒弱いので、そこらへんには滅茶苦茶気を遣っています。アルコールが多すぎてもべろんべろんになっちゃうし、アルコールを飛ばしすぎちゃうとただの梅ジュースになっちゃいますからw
市販の梅酒でやる場合は、アルコール濃度を見て、適度にアルコールを飛ばすとか、あるいはそのままで、とか適当に判断してみて下さい。
あっ、勿論、呑む量も加減して下さいね。ちなみに私は100mlです(火に掛ける器に目盛りがついてるので便利)。

で、まぁ、このハチミツ梅酒をですね、眠る前に呑むと、すんなり眠れるんですよ。
勿論、ハチミツ梅酒のせいだけじゃないのかもしれませんが、一つの要因にはなっているようです。この季節、夜とか朝は寒いですから、体が温まるというのもあるのかもしれませんね。

まぁ、別にこれって梅酒じゃなくてもワインとかでもイケそうですよね。
ホットワインってありますから。ホットワインの場合、ハチミツでなくても普通のグラニュー糖とかを入れたり、或いはシナモンスティックで以てかき混ぜたりするのが一般的かな? 

未成年の方は、ハチミツミルクにすると良いかもしれませんよ? 牛乳には眠気を誘発する成分があるそうですし、中々悪くなさそうです。


あー、あとね、常夜灯とかって結構重要ですよ。
人によっては、真っ暗な状態じゃないと眠れないとか、常夜灯が付いていないと眠れないとか色々あるみたい。
私の最近の定番は、スポットライト型の電気スタンドを、ベッドとは逆方向に向けて点灯させ、その他の電灯は全て落とす、というもの。ライトの種類とかにも拠るわけですが、私の場合は、それで丁度良い暗さが実現出来ています。

そんなに簡単に不眠って治らないのだけれども、こんなちょっとした工夫で好転する事もあるので、是非是非おためしあれ。


それでは、また。
おやすみなさい。

by s-kuzumi | 2008-11-14 02:12 | 日々之雑記