人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

2010年 01月 15日 ( 2 )


2010年 01月 15日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『シーミュの図書館』

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『シーミュの図書館』_b0110969_19165921.jpg

道玄斎です、こんばんは。
今日も今日とて番外編。ただ、今回はちょっと変わった作品です。
というわけで、「シーミュの図書館支援会」さん(でいいかな?)の『シーミュの図書館』です。


ちょっと変わった作品、と云いましたけれども、ノベルゲーム……って感じでも実はないんですよね。
というのは、本作「図書館シミュレーションゲーム」なのです。
プレイヤーは、司書さん(シーミュ)を操り、運び込まれた本を日本十進分類法に基づき、本棚にしまっていく、というもの。
本棚に仕舞い込む前に、その本を読み、ちらっとストーリーの概略だったり著者情報が見れたりするんですが、山あり谷ありのストーリーはありません。その本の内容が一つ一つ一発ネタになってるってくらいかな?

別になんてことないゲームなんですよ。
けれども、何故か滅茶苦茶ハマってしまって、合計で4時間くらいプレイしたかもしれませんw いや、下手するともっとかもしれない……。ワンプレイは大体15分も掛からないですね。馴れてくると5、6分ってところ。なので、今回もプレイした合計時間は多いけれども番外編で。

読むことが出来る(整理すべき)本は、全部で200冊くらい。
一度ゲームをスタートさせると30冊かな? 配架するまでセーブもロードも出来ないんですけれども(というかセーブもロードもない)、そんなシンプルなゲームの作りが何故か、絶妙なハマり感を出してくれるという、かなりの変わり種。

多分、これもVIP発のものだと思うのですが、プログラムも既存のそれに拠らず、組める人が組んだようです。シーミュの立ち絵も可愛いし(ちょっぴりクールな和服美人……)、図書館の背景画像もすっごく素敵で、シンプルなハマりゲーって感じ。
こんな図書館があったら、一日中入り浸っていたいです……。

で、一度クリアしてしまうと、タイトル画面から一度読んだ本を読み返す事が出来ます。
一回二回プレイしただけじゃ、全然「本リスト」が埋まらないハズ。
この本リストをコンプリートすべく何十回もプレイしちゃいました。結局最後の最後まで残った本が『ばかをなおすほうほう』という本でしたw 私にバカを治すなと云っているのか?w

総じて見ると、本で笑えるものは実は少なめ、なんですが、中にとんでもない奇書の類が混じっていて、そういう本を「発掘」していくのが楽しいですねぇ。
一番ツボだったのは、「元サマルトリアの王子」が書いた『妹が女帝になってて行き場がない』という本w 居ましたよね、妹。王子が旅に出ている間に女帝になってしまったようですw
よーく考えてみると、「元」王子ですよ? 妹が女帝になった、というのはまぁこの際良しとしましょう。そうすると、「元王子」なる人物の地位ってのはどうなるんでしょうね?

普通に考えれば、女帝たる妹が適当な婿をとって、その子が王位を継ぐんでしょうから、王朝の系譜が変わってしまいます。こういう場合……元王子ってのはどういう処遇をされるんだろう……。


っと、脱線はこのくらいにして。
最初の10回くらいは、今まで見たことのない本を目にする事も多いので、かなり熱中してプレイ出来るんですけれども(私、熱中しすぎて昨晩熱を出しましたw)、本リストも大分埋まってきて「残り5冊」とかそのくらいになると結構辛くなってきます。
いや、中々お目当ての未読の本が出てこなくてねぇ……。にも関わらず毎回毎回『俺とタゲの攻防』なる本が出てきちゃって、「またお前かっ!」とw
その分、目当ての本が出てきた時には「よっしゃ、来た来た!!」とか一人でエキサイト。

もしかすると、運の良い人だったら1時間ちょっとくらいでコンプリートも可能かもしれません。
プレイに際して、別に日本十進分類法を知っている必要もありませんし(私も910が日本文学って事くらいしか知りませんでした)、ちゃんと懇切丁寧なチュートリアルも付いています。
一度、チュートリアルに沿ってプレイしてみてるとコツが掴めると思いますよ。

若干、気になった点は、システムが少し不安定な部分があったかな、という所。
別に急にソフトが落ちたりって事はなかったのですが、閲覧モードで、本を閲覧してから再度ゲームをスタートすると、図書館の図が乱れて表示されてしまったり、なんて事がありました。再現性のあるバグかと思いきや、もっかいやってみたら、今度は上手く表示されたりして。
もう少し、安定して動作するとよりプレイに没頭出来たんじゃないかなぁ、なんて思う次第。


少しノベルゲームとは離れてしまうかもしれませんが、没入度の高い作品でした。
本が好き、図書館が好き、なんて方は是非プレイしてみて下さい。


それでは、また。

by s-kuzumi | 2010-01-15 19:17 | サウンドノベル
2010年 01月 15日

なんてことない日々之雑記vol.268

道玄斎です、こんばんは。
ボチボチ床に就こうかな? と思うのですが何となく寝付きが悪そうな気配がヒシヒシとしているので、少しだけお酒を呑みつつ、気分を良くして……。



■今日は珍しいお酒

珍しいって云っても、希少価値があるとか、そういう類ではありません。
Baileysというクリームリキュールを牛乳で割って呑んでいます。ちょっと甘めの珈琲牛乳みたいな感じでしょうか? 口当たりも非常にいいです。

アイルランド産のものですけれども、私、あまりウヰスキーだとか呑まないんですよね。
呑むのはここ最近では焼酎ばかり、しかも年末くらいからお酒かなり控えていて、酒量が1/10以下になっています。何より、毎日呑まなくなりましたし!

健康の為には、そのくらいの方がいいんですよね、本当はね。
一時期、相当毎晩毎晩お酒を呑んでいて、900mlの焼酎が二日三日で空になる、なんて事があって、一時的にかなりお酒への耐性が付いたんです(元々私は下戸ですよ)。
まぁ、それでもビール一缶くらい呑めばべろんべろんだから、一般的な尺度で見れば「全然弱いじゃん!」って事になっちゃいますよね。

ビールといへば、数日前、オリオンビールってのを呑みました。
「どんなもんだろう?」と仲間内で試して呑んでみたんですが、何て云うか薄味でした。沖縄とか向こうの方で呑まれているビールらしく、確かに「海で騒いで喉が渇いたらコイツで水分補給」って感じの、ソフトな飲み口。
ただ、アルコールって加水分解ですから、本当は呑めば呑むほど喉が渇くハズなんですよねw
どうせビールを飲むんだったら、「ビールですっ!」って主張してくれるような、そういうパンチのある味の方がいいなぁ。


さて、こんなことを書いていたら、少しだけ頭ばふんわり夢見心地に。
この調子ならばっちり眠れそう。

それでは、今日はこの辺で。

by s-kuzumi | 2010-01-15 00:52 | 日々之雑記