人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

2011年 09月 03日 ( 2 )


2011年 09月 03日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『去りし日の花』

b0110969_1643211.jpg

道玄斎です、こんにちは。
本日二回目のレビュー。何の気無しに、お八つ感覚でプレイしていた(10分なのでお気軽に、とか書いてあったもんで)ゲームが、予想以上に良い出来で、こうして筆を執っています。
というわけで、今回は「Star Chasers」さんの『去りし日の花』です。



いや、これは良かった。
確かに10分という短編でありながら、作中で語られる4年間が凝縮されているような、そういう密度のある作品になっていたんじゃないかと。タイトルも私好みでしょ?w

無事、大手に就職も決まり、されどテンプレートの人生を送る事に言いしれぬ不安や、失望を同時に抱え込んでいる主人公。そんな主人公は、半ば無意識に、高校時代を過ごした街への電車の切符を手にしていたのだった……。

というのが、ストーリーの大まかな流れなんですけれども、就職して結婚して、子供を作って……というプロセスが本当にテンプレートで誰しも訪れるのならば……いいですよね……。と、もはや結婚が絶望的な私はチラッと思いましたけどw

仕事を選ぶっていうのは、或る意味生き方の選択に他ならないわけですから、ちっと主人公が青臭くもあり、又、贅沢だなぁ……っていうのはありますw
けれども、そうした人生の節目を迎えて、やはり人生の節目となった日々を思い出させる街に行く、というのは何とも風情がある……というか、非常に分かる感じがします。

そして……当時、同じように夢を追っていた女の子と再会して……というのもありがちと云えばありがちなんですが、それが10分の中にギュッと濃縮されている為、凄く良い作品になっていましたね。

又、「分かる」ものとしては、大好きなものと「一番になれるもの」は明らかに異なる、という真実です。
よほどの天才性がない限り、私達は、自分の大好きなもの、自分のやりたい事で一番になれません。私もそうでした。
そこで、方向転換を図るのは、果たして悪い事なのか、それとも夢を追ってひたむきに一番になれずとも、地道にその道を進んでいくのか……。どちらかが良い/悪い、は本作では描かれません。
そういう演出もやっぱりいいですよね。そこで、単純に「一番になれなくても頑張るのは良い事だ!」って云い切られちゃうと、それはそれで困ってしまいますw

きっと皆さんも、そうした現実に何とか折り合いを付けて「今」を生きているハズですから。
二つの生き方があって、どっちも間違ってない。だけれども、確かに夢を追ってキラキラと眩しい過去があった、という事実があるだけ。
そして、その意味のある過去が未来を支えていく、という主張は納得感があり、且つ本作の最も良い所、と云っても良いでしょう。

ちなみに、後書きなんかを読めば分かる通り、本作立ち絵は存在せず、要所要所で出てくる一枚絵に全力が注がれています。これは大正解ですね。
これで立ち絵が出てきちゃうと、何だか妙に俗っぽくなってしまうというか。
背景CGも凄い気合いが入っていて、良い感じでした。素晴らしい背景に一枚絵、そして語りたいテーマが上手く融合した、気合いの入った作品です。


人生の節目を迎えている方、に是非ご一読をお勧め致します。



それでは、また。

by s-kuzumi | 2011-09-03 16:04 | サウンドノベル
2011年 09月 03日

フリーサウンドノベルレビュー 番外編 『ハローワールド』

b0110969_13265585.jpg

道玄斎です、こんにちは。
今日は短めの作品をチョイスしてきました。タイトルからしてちょっと気になっていたんですよね。
というわけで、「ゲームサークルEaSt」さんの『ハローワールド』です。


最初……これが30分以上の尺のある通常レビューの体裁ならば、今日の一言欄に「printf("hello world!");」とか書こうかと思っていたのですが、私がプレイして12分くらい。多分、普通にプレイしても15分かそこいらで読めちゃうと思います。
確かに短い作品なんですが、一風変わった設定を持った作品で、ラストなんか結構いい感じでしたよ。

主人公の長瀬君は、或る意味ステレオタイプな、ちょっと達観している「友達の居ない」高校生男子。形式的な「友達」はいるけれども、本当の意味での友達はいない。
学校という組織の中で、形式的な役割を果たすだけの日々にうんざりしていたりします。

そんなある日、半ば自虐的に、携帯電話の電波飛び交う教室で、テレパシー宜しく自分から電波を飛ばしてみたら……というとりとめのない考えに突き動かされ、電波を送信してみると……なんとその電波を受信して応答してくれる相手がいるじゃないですか。

こういうある種冷めた現実と、或る意味ファンタジック(?)な部分が融合していて、おや? ちょっと面白いぞ……と思わせてくれましたね。
果たして、主人公は誰と波長があって、電波の送受信が出来るようになってしまったのか……というクリティカルな部分では、結構簡単に分かっちゃうんですけれどもねw 

更に良い点を一つ、挙げるとすれば、安直に恋愛に走らなかった、というのが挙げられます。
私が良く云っている「斜に構えた不機嫌高校生、聖母のような女生徒により改心する」パターン……を冒頭部分では半分踏襲しつつも、最終的に恋愛関係になって幕を下ろす、というパターンで無かったので、一安心しました。
勿論、恋愛が悪いってわけじゃなくてね。作品の尺を考えたら、これでいきなり恋愛に発展したら、何事かと思いますw


逆に云えば、もうちょい尺があっても良かったかな? と感じたのも事実。
主人公と謎の誰かとの電波のやり取り、もっとあっても良かったかな? なんて思います。試しに心で念じて電波を送ってみたら受信して応答してくれる相手がいた! っていうのが本作のキモなわけで、そこにもう少し時間を掛けてもアリだったのかもしれません。

或いは、そうやって電波のやり取りを長くして、もっとヒロイン? の数を多くして、最終的に誰か一人が選択されて恋愛に……なんて『夢の少女』系の展開も合いそうですよね。


短いからと云って侮る勿れ。
中々興味深いテーマの詰まった、短編作品です。15分程度ですから是非サックリプレイしてみて下さい。



それでは、また。

by s-kuzumi | 2011-09-03 13:27 | サウンドノベル