人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2019年 12月 22日

フリーノベルゲームレビュー 『魚喰』

フリーノベルゲームレビュー 『魚喰』_b0110969_15040517.jpg
今日の副題「2019年ループホラーの旅」

ジャンル:ホラーテイストノベルゲーム
プレイ時間:1~2時間
その他:選択肢あり。True、Happy、Badのエンドに分岐
システム:吉里吉里/KAG
制作年:2019/12/19
容量(圧縮時):125 MB


道玄斎です、こんにちは。
今日は久しぶりにホラーテイストのノベルゲームを。選択肢が多く、少し懐かしい手触りも感じる作品のご紹介。
というわけで、今日は「魚喰製作委員会」さんの『魚喰』です。
良かった点

・ハイクオリティなイラストや素材。システムも使いやすい

・選択肢多めで、懐かしいホラーの手触りもある


気になった点

・呪いに関してのバックグラウンドがもっとストーリーに活きてくるとよかった
ストーリーは今回は私がまとめておきましょう。
主人公は釣りマニア。
夏休みの時間を持て余し、釣りに行こうとすると、友人から穴場のスポットを教えてもらえる。
そこでの釣果は上々だったが、帰り間際に変な魚に腕を噛まれてしまう。

そんな出来事があって以来、何か周りの人たちの様子が変で……。
という感じ。


少し懐かしい手触りを持ったホラー作品です。
正確にいえば「ホラーテイスト」の作品なんですが、古式ゆかしい「選択肢多め」のものになっており、私はちょっと嬉しかったです。


本作、タイトルが『魚喰』なんですが、主人公が釣り好きであり、作品の「ホラー」に関わる部分も「魚関係」、登場するキャラクターたちの名前もまた魚つながりで、テイストの一貫性を感じます。
文章も軽快で、賛否はありましょうが「ノベルゲームらしい」テキスト。読みにくいことは全くありません。


実は本作、ループものでして、何かしらのエンドにたどり着くまで、何度も同じ選択肢を選んでいくというタイプでした。
ただし、主人公はそのループをほとんど知覚しておらず、プレイヤーである私達がループであることを見抜き、ダメな選択を回避すべく主人公を導いてあげる必要があります。ループ、選択肢多めというわけで、とても懐かしい手触りを感じますよね。『ひとかた』とかね、そういうのをどうしても連想してしまうわけです。


恐らく、初回ではよいエンドには行けないと思います。
何しろ選択肢の数が多いですし、良く分からないまま、ループが開始されてそこで「あっ、ループだったか」と気づく、そういうタイプ。
少しづつ選択肢を変えていくことで、作品の背後にある「呪い」やその影響が明らかになっていく、という作りもまた、古式ゆかしいノベルゲームの伝統を引き継ぐものです。


具体的には、友人とその彼女、クラスメイトの女子とその妹、クラスメイトの女子の3者(という言い方でいいかな?)と、「どういう順番で」出会っていくのか、が攻略の鍵になります。1~2周すれば「どこに誰がいるのか」がわかるので、そうした選択肢捌きも楽になると思います。


イラストも綺麗ですし、1時間程度でおそらくトゥルーエンドが見られると思うので、プレイのしやすさもあります。ライトな感覚でホラーを楽しめる作品と、まとめることも可能でしょう。



一方、ストーリー的な部分で言うと、作品の核である「呪い」の実態とストーリーに、何かしらのつながりがあれば、あるいはそこの説明がもっとあればよかったかな、と思います。


ローカルな性質をもった昔話があり、言ってしまえば偶発的にその呪いが発動してしまうという状況なのです。
そうではなく、例えば、「呪いがあることが知られており、登場人物の誰かが自らその呪いの力を求めている」とか、あるいは偶発的に発動した呪いだとしても、その呪いの本体(よくあるのが、悲しみに捕らわれた人間の魂が呪いの本体になっており、作中では呪いを解くとともに、呪いの本体をも解放してあげる、みたいなやつ)への積極的なアプローチがあってもよかったのではないか、というあたりです。


別のアプローチとしては、「主人公がループを知覚している」という状況を作るとか。
ループものでは、この点は結構なポイントになると思います。
その自覚があると、惨劇を止めるべく主人公は「自発的」・「自覚的」な行動をとっていくわけで、そこに主人公の個性、キャラクターが立ってきますし、作品の見せ場を作ることも出来ましょうし、選択肢に意味を持たせることも出来てくるわけです。


大体こんなところでしょうか?
色々書いてしまいましたが、ちょっと惹かれる作品ですよね。女の子は可愛いですし。
歴戦のノベルゲーマーならハマること請け合いだと思います。少し懐かしく、けれども2019年の水準にモディファイされたループもののホラーストーリー、楽しんでみてください。


それでは、また。


by s-kuzumi | 2019-12-22 15:05 | サウンドノベル
2019年 12月 15日

フリーノベルゲームレビュー 番外編 『虹のくじら』

フリーノベルゲームレビュー 番外編 『虹のくじら』_b0110969_20201462.jpg

道玄斎です、こんばんは。
何となく、「ノベルゲームをプレイしたいなぁ」と思ったので、今日は久しぶりに更新を。
プレイ時間は15分程度でしたので、例によって番外編で。
というわけで、今回は「晴れ時々グラタン」さんの『虹のくじら』です。


前回レビューをしたのが『マーシフルガール』だったと記憶しているのですが、そこから約一年くらい経ったのかな。
本当にノベルゲームのプレイ頻度が落ち、いはんやレビューをや、という状況ですが、今日は久しぶりのノベルゲームにふさわしい作品を選べたのではないか、と思っています。


「晴れ時々グラタン」さんの作品は、過去にも何度も取り上げたことがあります。
ちょっと目に力のあるイラストを描かれる方で、クールで芯の強い女性が主人公、というのが基本路線という印象ですね。


本作もまた、その例にもれず、クールな「小杉さん」が視点人物として登場しています。
主要人物としては小杉さんの他に、不思議ちゃん的な属性を持った「佐々木さん」がいる、という「私と彼女型」の作品です。


こうした「私とあなた」のような、一対一の人間関係やそれに付随する物語を描く作品というのは、過去を遡ってみても、コンテストのようなレギュレーションのある作品に多いのですが、本作も「ティラノゲームフェス2016」に出品されたもののようです。
といっても、何かレギュレーションがあるコンテストではないみたいなんですけれどもね。


さて、肝心の中身ですが、心の中では「どこかへ逃げ出したい」と思っているクールな小杉さんと、「虹のくじら」なる謎のワードを口にし、小杉さんにまとわりついてくる佐々木さんの物語、と簡単にまとめることは出来ましょう。
ところで「どこかへ逃げ出したい」と、そういう気分になることってありますよね。特に学生時代にはそうした思いを抱くことも多いでしょう。青春を描くような作品にはよく取り上げられるテーマとも言えます。


それはともかく問題は佐々木さんなんです。
不思議ちゃん……と言ってしまうと何か大切なエッセンスが抜けてしまうような気もしますが、分かりやすさを優先してそう呼びましょう。
で、佐々木さんは、そういう不思議な言動で周囲、というかクラス全体に迷惑をかけ、疎まれている存在なんです。


けれども、佐々木さんが本当に「迷惑行為」をしているのかどうか、はかなり怪しいのです。
謎の鼻歌を歌う。プリントにちょっと幼稚な(?)落書きをする……といったことは作中でも描かれますが、それってそんなに迷惑なことなのでしょうか?
クラスメイトが佐々木さんに浴びせる罵声やいじめに、本当に根拠はあるのでしょうか?


私は、この辺りのことが凄くプレイしていて気になってしまいました。
また、それは作中後半で小杉さんが感じたものと通じているんじゃないかと思うのです。


これは「学校」という空間だから起こることではなく、大人になっても、会社などの組織に入っても起こることです。
「変わっているから責めていい」、「変なヤツだからいじめてもいい」という空気感は、実はどこにいってもそれなりに存在しています。
そうしたところに、「いや、なんか変だぞ」と思えるかどうか。


実は私は、ノベルゲームの制作者や受け手(プレイヤー)ってそういうところに問題意識を持てるんじゃないかと思っているんです。
でなければ、こうした作品は出てきませんからね(本作に限らず、そうした造形のキャラクターやそれ故に疎まれるキャラクターを見たことがありますでしょう?)。
そうした意味でちょっと考えさせられる作品でもありました。


さて、佐々木さんがこだわっていて、「自由にしてくれる」という「虹のくじら」を見て、彼女が自由になれたのかどうか。
あるいは小杉さんは? そうした部分はふわりとはぐらかされ作品は少し切ない雰囲気でエンドを迎えます。
それは、「最後はどうだったのか、それはプレイヤーの受け取り方次第だよ」ということなんですが、一本の短編としてキッチリとまとまっていると思います。


「虹のくじら」を軸にした「雰囲気」を味わう系統の作品ですが、土台がしっかりとしているので単なる「雰囲気ゲー」になっていないのはさすがです。
「これ以上説明を省いたら分からなくなる」というギリギリまで、説明を削ぎ落しつつも、必要なことは作中で上手く表現されており、それゆえのまとまりだと言ってよいかと思います。


久しぶりのノベルゲームでした。
なんか、こういう作品をプレイするとまた、頻度を上げてプレイしたくなりますね。
ともあれ、今日はこのへんで。


それでは、また。



by s-kuzumi | 2019-12-15 20:20 | サウンドノベル