人気ブログランキング | 話題のタグを見る

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 12日

アメリカンホームドラマ。

俺です。
何だか久住が、忙しいみたいなので、俺がせっせと更新します。

で、フルハウス。
ポーカーじゃないよ。
テレビドラマの方です。あの教育テレビでやってたアメリカのホームドラマです。

いや、俺はアレが大好きでねぇ。
俺のギャグのセンスってのは、殆どフルハウス由来だよ。
将来、俺がもし家族を持つような事があれば、絶対にああいう家庭にしたいもんだ。

何で急にこんな話をしたかってーと、最近、また再放送をやってるんだよね。
まるで宮崎駿の映画が定期的に金曜ロードショーで流れるみたいに、定期的に再放送が行われているようなのです。
今は、もう再再再再再再放送くらい?流石にそこまでじゃないかな?

で、俺はフルハウスが大好きで大好きで、愛していて……。
オルセン姉妹演じるミシェルもステフもジェシーおいたんも大好きなのです。

って言葉で言ってもあまり伝わらないから、一つフルハウスにまつわる昔話でも。


当時、高校三年生の夏。
俺は受験生だった訳です。受験生の夏ってのは「天王山」なんて謂われるくらいで、重要極まりない時期ですな。
けど、折悪しく(或いは折良く)フルハウスの再放送が、夏の間中やってたんだよ……。しかも夜中に。

んで、更に悪い事に、フルハウスが終わったら、今度は「グースバンプス」っていう恐怖系のドラマ(子供向け。オープニングが恐すぎる)が連続して放送されたもんだからさ、ついつい朝の五時くらいまで、見ちゃうんだよね。
フルハウスだけじゃなくて、グースバンプスも滅茶苦茶面白いよ。日本で謂えば『学校の怪談』みたいな感じかな。

で、朝まで視聴して、ぐっすり眠る。夕方起きてきて、朝・昼・夕兼用の御飯を食べて、お風呂に入ってってやってると、またフルハウスの時間に。
そんなこんなで、夏は全然勉強しなかったぜ。

受験よりフルハウス。それが俺の高校三年の夏でした。

そうそう、せっかくグースバンプスの話が出たから、そっちの話もしておかなきゃ。
怖さは控えめなんだろうけれども、妙な不気味さがある作品だったよ。
子供向けって事もあってさ、グロテスクな表現とか無いから、余計他の部分でこだわって怖さを演出している、みたいな。
そもそもグースバンプスって「鳥肌」って事だよね。鳥肌が立つ程度には恐いんだ。
所謂、オムニバス型式のホラー作品なんだけど、不思議とフルハウスと違って、再放送が無いんだよねぇ。何でだろうねぇ?

いや、絶対に流行ると思うんだけどもなぁ。
そういや、ちょっと前に、YouTubeにて英語でグースバンプスって入れて調べてみたら、何件か出てきたな。勿論字幕も吹き替えも無しの英語版。
折角だから、ちゃんと見ましたよ?英語?分からない所が多いけれども、まぁ子供向けだから何となくは、ね。それに画面を見ていれば大体どんな事を言ってるのかって分かるし。

あー、フルハウスとグースバンプスのDVD出ないかなぁ。

# by s-kuzumi | 2007-07-12 15:06 | 日々之雑記 | Comments(0)
2007年 07月 11日

IEとFirefoxをインストールしている人は注意、だそうです。

Firefoxユーザーの俺です。

http://japan.zdnet.com/news/sec/story/0,2000056194,20352586,00.htm?ref=rss

こんな記事がありまして……。
いや、なかなか表示されないよね?ZDnetっていつもこうなんだよね……。

一番大事な所を抜粋すると、


攻撃者は、悪質なサイトをユーザーにIEで閲覧させることで、「firefoxurl://」というURLハンドラを利用しながら、ブラウザとウェブ上の特定のリソースとの間でやりとりをさせることが可能になる。この結果、ユーザーのシステムが遠隔地から悪用される可能性がある。


ってな事らしいです。
けどさぁ、IEってのはWindowsに最初っから入ってるもんだし、どうしようもねぇよなぁ。
兎に角、Firefoxの修正版リリースを待ちましょう。

あっ、なんか今日の記事は短すぎるな……。まぁたまにはいいか……。

# by s-kuzumi | 2007-07-11 16:46 | 日々之雑記 | Comments(0)
2007年 07月 10日

『食卓にビールを6』 小林めぐみ著 富士見ミステリー文庫

俺です。

最近のマイブームは、久住と大量の本を読むのを競い合う事です。
何の為かって?勿論、ブログを更新する為ですよ!
同人サークル(活動実体はゼロ。このブログのみ)のクセに、何をやってんだい、って感じなんだけれども、それはしょうがない。お互い絵が描けないし、本は好きだし……。まぁ、雌伏の時って事で一つ宜しくお願いします。

俺達は結構本を読んでいます。
そもそもお互い、一般の人に比べても少し、本を買う頻度=読む頻度が高いと思われるので、本気を出すと、一日一冊じゃたりなくて一日二冊とか、三冊とかになってしまいそうで、ちょっと恐いです。いや、今の所は一日一冊ペースくらいかなぁ?

久住は、最近妙に「岩波文庫の青シリーズ」に凝っていて、それっぽい本を毎日買っているようです。彼女がそういう真面目傾向の本で行くのなら、俺はライトノベルを!

そう思ったんだけどもね、岩波文庫の青シリーズは過去刊行分のストックが沢山あるのよ。けど、ライトノベルは岩波文庫ほど歴史がないわけで、ストックの絶対量が少ない。
つまり、自分が興味を持って読む事の出来るブツが、必然的にかなり限定的になってくるってわけです。

で、今日は俺の大好きな「小林めぐみ」先生の新刊が出たので、早速本屋に行って仕入れてきました。

小林めぐみ先生と俺について、少し語らせて下さい。
以前、小学校の読書感想文で、ただ一人ライトノベル(『ロードス島戦記』)で感想文を書いた俺は、当然の様にスニーカー文庫だけじゃなくて、富士見ファンタジア文庫にも手を伸ばしていたものです。そうさねぇ、当時流行っていたのは、例の『スレイヤーズ』とかかなぁ?

当時の俺は、本を手にとって、表紙を見て、後書きを見て、著者紹介を見て、自分に合う/合わないを判断する、なんて高等技術が無かったんだわ。
だから、兎に角買う。買う。買う。
勿論、父上様の百円玉を溜め込んだ洋酒の瓶から、五枚乃至六枚百円玉を失敬して、ですが。だって、当時お小遣いって月に1000円とか1500円とかだったしね。
確か、デフォルトで1000円。家事手伝いを勤勉に一月の間行うと500円追加されて、1500円だった。
だけども、その1500円を丸々、本(ライトノベル)に注ぎ込むことが出来るかってーとそれは又違って、1000円は「スーファミソフト購入費」として積み立てて、残りの500円を日常生活で使う、というスタイルでした。つまり一年経ってやっとスーファミソフトが一本購入出来るって計算ですな。勿論500円だけだと、本を一冊買う事も出来ないわけですから、父上様の洋酒の瓶にご登場願おうって事です。

そんな折りに、富士見ファンタジア文庫にて、小林めぐみ先生の本を購入。
一気にはまりましたわ。何て謂うか今まで読んできたファンタジーとは明かに異質な手触り。ファンタジックな世界で在りながら、非常にリアリティのある文章・描写。
兎に角、雰囲気が凄く好きだったんですな。当時の俺からしてみれば妙に「オトナっぽい」感じだったのです。
けどもね、当時の小林先生のご年齢はまだ10代だったり20代前半だったりして……。

今、俺は小林先生の既刊本は殆ど持っているのだけども、どうしても入手出来ない初期の富士見ファンタジア文庫のものとかもあるんだよねぇ。
いや、昔持っていたんだ。だけれどもどこかに消失してしまった。きっと母上様が、「部屋を整理する」という名目の下で、勝手に俺の部屋に闖入し挙げ句、目に付いたライトノベルの類を始末してしまったものと思われる。何て非道いんだ。

っと、そんな事はどうでもいいんだった。
兎に角、俺は幼少の砌から小林めぐみで育ってきたってわけだ。
小林先生は、富士見ファンタジア以外に、角川スニーカー文庫でも執筆をしていたわけだが、俺は個人的には、角川でリリースされる作品よりも富士見で出版される作品の方が好きなんだよなぁ。ま、尤も元々富士見は角川の子会社で、近年完全に合併しちゃってるわけで。



んで、小林作品の中で、俺が近年まれに見る程、嵌っていたのが、今回紹介する『食卓にビールを』シリーズ。
ちなみに富士見ミステリー文庫ですよ。ちなみに富士見ミステリーだと他に『GOSICK』なんかが面白いですな。いや作家は違うけれども……。
この『GOSICK』も一巻が出た時点から、目を付けているのですが、もうちょっとしたら絶対に流行ると思うんだよなぁ。内容自体は、まぁ良くありがちな感じなんだけども、何故か惹かれるものがあります。自慢なんだが、俺が「何か」を感じる作品は大抵流行るんだよ。特にライトなノベルの方では。けど、「何か」があるって、やっぱりみんなが思うから、流行るんだろうなぁ……。

また大幅に脱線してるので、話を戻すと『食卓にビールを』は実は今回の六巻目で最終巻となってしまいました。
非常に残念。俺はもの凄くレンジの狭いSF好きでもあるので、小林先生のバックグランドが遺憾なく発揮されているこういうSF作品(?)は大大大好きなのですよ。

『食卓にビールを』シリーズは、別名「幼妻シリーズ」と申しまして、女子高生にして26歳の夫を持つ、我らが主人公が、日常生活の中で宇宙人やら不思議な現象やらにさり気なく巻き込まれていく。というのが筋立て。
ポイントは「さり気なく」です。超常現象が起きようが、ブラックホールが生成されようが、我らが主人公は「のんびり」「まったり」しつつ、事件をズバッと解決してくれます。

日常生活が、いつの間にか超常的な世界にすり替わってしまい、大量の正確な科学知識が活かされているというのはアーサー・C・クラークの短編に近い感じですね。『白鹿亭奇譚』とかね。
俺は、『食卓にビールを』シリーズは、現代日本の『白鹿亭奇譚』だと思っているのですよ。
けど、ハリーは出てこないし、アーサーだって出てこない。出てくるのは幼妻たる主人公と、主人公の夫。あとは主人公の所属する文芸部とかの面々が、所謂レギュラー要因で、後は一回ぽっきりのゲスト宇宙人とか。イラストも可愛いしね。
『白鹿亭奇譚』のオイシイ所を取って、現代日本のライトノベルのオイシイ所を組み合わせると、『食卓にビールを』になると俺は思うね。

まぁ、最終巻とは言え、今回も飛ばしてますよ。
宇宙の大王の正体が「宇宙マイクロ波背景輻射」だったり、こういう科学知識が最高のスパイスになっていますな。
読者の距離っていうのかな?そういうのがまた巧みでさ、物語の中に読者がどっぷり浸かり込むっていう感じじゃなくて、ちょっと離れたところから観客として見ている感じ。
それが、一見荒唐無稽なSFコメディにぴったりなのです。

科学知識が使われてるからって、別に予備知識としてそういうのを持っていなくちゃ駄目って事じゃないよ。俺も全然わかんないもん。文系ですし!
ちょっと面白くて、センスのあるSFを読みたい人は、是非是非読んでみて下さいな。自信を持って推薦します。
一応1~6巻まであるから、結構な時間楽しめるんじゃないかな!

そうそう、最後に一つ。
表紙がね、微妙にパンチラが……。

# by s-kuzumi | 2007-07-10 19:08 | 読書 ライトなノベル | Comments(0)
2007年 07月 10日

『武家の女性』 山川菊栄著 岩波文庫

こんにちは、久住です。

『武家の女性』の読了記録です。
またしても岩波文庫ですね。岩波文庫の青色シリーズは意外と面白いものが多いんですよ。


さて、『武家の女性』ですが、著者の母君である千世の思い出を著者が纏めて執筆した、という趣の本です。
幕末の水戸藩の武家の日常生活などを知ることが出来ます。
当サークルのもう一人のメンバーの母方の先祖が、水戸藩の礼儀作法指南を行っていた家柄だそうで、彼もこの本に興味を持ったみたいです。


『武家の女性』と銘打ってあるのですが、けっして「女性」という切り口だけに留まらず、「武家の生活」全体を描いているかんじです。家は女性が支えていたのですから、女性を切り口にすれば、必然的に武家の生活そのものを描くことになるわけです。

第一章の「お塾の朝夕」は特に興味深く読みました。
藩士の中には自宅で塾を開き、藩士の師弟たちを教育する場があったそうです。
子供達は、朝まだき寒いさなかに塾に、我先にと訪れて漢文の素読や習字の稽古をしたらしいのですが、子が多い家庭では武士とはいえ、懐具合が寂しいもので、なかなか下の子達までに教育をおこなう事が出来ない状況があったようです。
しかし、塾の先生は、そういう家庭には文房具を贈り、塾に通わせるように説得したとのこと。

こういう描写をみると、とても当時の日本は教育への意識が高かったことがわかりますね。
子供達は、この塾が終わると、今度は剣の稽古へと向かうわけで、今の学校と同じくらいの時間、勉強や体育をおこなっていることがわかります。

師弟間の絆も深く、互いに信頼関係を築いていたこともわかります。
こうした師弟のあり方は、今の教育現場には足りないものなのかもしれませんね。

武家の生活とはいえ、幕末の水戸藩ですから、きな臭い事件についても描写されていました。例の天狗党とかですね。幕末に関心のある人にもお勧めできる本です。

日常生活の中での武家の生活が描かれているため、本当の武家の姿がよくわかります。
江戸時代の入門書として読んでも面白いかもしれませんね。

# by s-kuzumi | 2007-07-10 11:04 | 読書 一般図書 | Comments(0)
2007年 07月 09日

「らき☆すた」14話 閲覧記録。

俺です。

「らき☆すた」の第14話を見ての感想とか徒然を……。

何ていうか、「らき☆すた」は一瞬たりとも目が離せないアニメでありますよ。
ちょっとした一瞬に思わぬギミックが詰まっていたり、兎に角「見て」楽しいアニメです。

前回13話では、バスにのるこなた達の靴下、というか足を暫くの間延々に映し続ける、という何ともフェティッシュな演出が。ああいうのは、本当に見ていて嬉しいし、楽しいよなぁ。


で、今回は、茅原さんが声を出している、長門有希岩崎さんが出てきましたね。

話や展開自体は非常にオーソドックスで、原作に極めて忠実。危なげなく見る事が出来るわけですが、こたな達の私服が場面場面で全部違うのには、恐れ入りました。
つかさのオーバーオール(?)は割と使い回し感があるのですが、かがみのちょっと背伸びしたような洋服。こなたの機能重視の服なんかは、見ていて微笑ましいですな。

特に今回、こなたは、白靴下(或いは白ストッキング?白タイツ?)を着用しているシーンがちらっとあるのですが、俺は靴下好きなので、ああいうのは本当に嬉しい。
こなたのポッキーをパキッっと口にくわえて折るシーンなども、妙にフェティシズムを刺激させられます。

そうそう、勢い余って、公式ページで情報を見ていたらOP曲「もってけ!セーラーふく」のリミックスCDが出る、との事。
通常のOP曲?ああ、勿論購入したとも!カップリング曲も名曲だったし、お腹一杯だ。
リミックスはどうしようかなぁ?余力があったら購入を検討してみよう。

いやぁ、来週も楽しみですな!
フェティッシュ万歳。

# by s-kuzumi | 2007-07-09 23:55 | 日々之雑記 | Comments(0)