人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:コミケ ( 3 ) タグの人気記事


2007年 12月 27日

「マリア様がみてる キラキラまわる』 今野緒雪 コバルト文庫

道玄斎です、ごきげんようw

一応、「ライトなノベル」のカテゴリで日記を書いているのですが、ちょっとだけ告知を。
向こう数日更新が出来ないかもしれません。というのも明日(というかもう今日か)四国に行かねばならないのです。ネットカフェなんかを利用して更新が出来たらやってみようかと。
大体、毎日更新していた(時たまそうでないときもあったけどさ)ので、なんだか自分の中でも調子が狂ってしまいますね。
今日(というか昨日)、レビューを書けて良かったと思います。最近、レビュー以外の記事が多かったしね。

まぁ、何だかんだで更新してしまうかもしれませんが、ネットカフェなんかだとゲームがプレイ出来ないので、こういうグダグダしたものを更新するかと思います。
旅路とはいへ、一週間とかそういう話ではないので、割とすぐに戻ってきます。31日は私も楽しみにしていますし。

ということで、だめ押しの告知。
さくらミント」さんが、31日のコミックマーケットに参加されます。
『月照 ~ツキノテラス~』のパッケージ版を頒布なさるのですが、私もライナーノーツを書かせて頂いております。まぁ、私の文章なんざどうでもいいのですが、是非コミックマーケットに行かれる方はお手にとってみて下さい。とても良い作品なので。



さて、本題です。
ネタバレもあるので、未読の方はご注意を。

『マリア様がみてる』の新刊を読了しました。
私はライトなノベルは読むのが早くて、「マリみて」なら大体30~40分で一冊読了してしまいます。子供の頃から本ばかり読んでいたせいでしょうか、割と本を読むのは早いのではないかと自負しています。

ですが、今回は読了するまでに凄い時間が掛かってしまいました。
最近、一気にライトなノベルを読むのがなんだか辛くて、半分くらい読んであれこれ作業をして、読むのを再開するという手順を踏んだので、購入してから12時間後くらいに読み終えた事になります。まぁ、いい歳こいてこんなのを読んでいるというのは、一般的には恥ずかしい事なのかもしれないのですが、好きなものはしょうがないw

それはともかく、今回は短編を予想していたのですが、見事に裏切られました。
ちゃんと「本編」のリリースでしたね。

今回は、なんだか少しだけ「??」が多かった気がします。
割と前半部のトーンは暗めだし、志摩子さんの生い立ちに関する衝撃的な事実がいきなりポンと出てきたり。
前巻での祥子様の異常行動は車の免許を取得する為だったというのは、なんだか拍子抜けしてしまいました。実際、瞳子と祐巳ちゃんのロザリオ授受を「あっ、もう終わり?帰っていいっすか?」とあっさり流したのは、この試験勉強のせいだったんですか……?
だとしたら、なんだかなぁ?という気がしないでもないw

意外と今回は、祐巳ちゃんと柏木さんが良い雰囲気(?)です。
しかも由乃さんと祐麒も微妙にいい感じでくっついています。祐麒にもいい思いをさせてやってほしいと切に思いますw

さて、今回一番いただけなかったのは69ページです。
本を持っている方は開いてみて下さい。イラストページです。
志摩子さんが、志摩子さんが……、帽子を被っている!!しかもニット帽と思しいものを。

志摩子さんは帽子なんて被らないんだい。しかも洋服もなんだか「普通の女の子」チックなんですよねぇ。俺は志摩子さんにはプリーツスカートにブラウスとかわりとカッチリとした小綺麗な衣装以外認めないw

どうでもいいのですが、私は「マリみて」占いなんかをやると、殆ど必ず「白薔薇」属性になります。白薔薇のメンツは大好きなので(聖様のお姉様もとても良いキャラです。一発キャラだったけど)自分としては嬉しい限り。

マリみて界隈では抜群に人気のある聖様ですが、それは言わずもがなであの「いばらの森」のエピソードが素晴らしかったからでしょう(あと「あの経験」を踏まえた上でのあのキャラクター造型もね)。
だけれども、考えてみるとああいう経験って割と誰でもあるような気がするんですよね。
聖様の唯一無二の最高に切ないエピソードでありながら、或る程度の普遍性を持っている。そういう所が聖様人気を後押ししているような気がします。

いよいよ、祥子達三年生は卒業となります。
次回は……けどやっぱり短編集かな?w
早く本編が読みたい気はするけれども、祥子様がいなくなると凄く寂しいですね。



さて、大分酔いも廻ってきました(そうアルコールを入れつつこれを書いています)。
明日はそれなりに早いのでぼちぼち床に就こうと思います。
それでは、また。

by s-kuzumi | 2007-12-27 03:16 | 読書 ライトなノベル
2007年 12月 13日

なんてことない日々之雑記vol.28

道玄斎です、こんばんは。

夕食を食べた後、うっかりこんな時間まで寝てしまいました……。
これを書き終えたら、シャワーでも浴びてまた眠ります。

さてさて、今日はコミケのカタログを購入してきました。
実は、何を隠そうここまで規模のでかいイベントは初めてです。
というのは、毎年行こう行こうと思いつつも、年末の煩瑣な事に悩まされ結局めんどくさくていかないのです。夏は暑いしね……。そもそも、あそこまで人が多いと行く気が削げる。

まぁ、究極の出不精なわけですが、ごくごく希に興味のある、小規模のイベントには行ったりするんですよ。都産貿とかね。
今年は、多分このまま行けば何とかなりそうなので、頑張って参戦してこようかと。
けれども、やっぱり始発で行ったりとかそういう事は極めてめんどくさいと思ってしまうタチですので、のんびり常識的な時間に。

お目当てにしているサークルさんのブースをチェック。
と、行ってもせいぜい私の場合は4つとか5つくらいしかないんですけれども。
まぁ、折角なんで無理をしない程度にフラフラとしてみようかと。同人ゲームサークルの集まる辺りをフラフラしている、なんか背が高くて黒っぽい服を着ているヤツがいたら、きっと私です。お気軽にお声を掛けてやって下さいw


さて、もう今年もいよいよおしまいといった感じですね。
今年、出来なかった事や、今年から始めた事、色々あります。
ちょっと後半は忙しくてオーヴァーワーク気味だったわけですが、それなりに充実した一年だったな、と感じています。
ずぅっとずぅっと避け続けていた「お絵かき」に手を出してみたのが、個人的には一番びっくりです。へたくそなのは相変わらず。だけれども頑張ってみるとこいつが意外と面白い。

アナログで、ちょこちょこと書いては凹む日々を過ごしております。
画像編集ソフトの使い方もぼちぼち覚えないといけませんね。取り敢えずは愛用しているGimpで何とか誤魔化そうかと。
出来たらペンタブやスキャナも欲しい所。
で、性懲りもなく、又書いたモノでもぶち挙げてみますか。

なんてことない日々之雑記vol.28_b0110969_205610.jpg


あっ、そんな顔をしないで下さい……。
取り敢えず、皆様からのアドバイスを元に、鉛筆で書いた下絵をミリペンでなぞって下絵を作る。
そんでもって、プリンタ付属のスキャナ機能で取り込む(何故かこいつを使うと上下が潰れる……。本式のスキャナが必要だと切に感じる)。そしてGimpで適当に塗りつぶす。
配色のセンスのなさは私自身のセンスのなさの現れですな。
ペンタブがあった方が、細かい修正とかがやりやすそうなんだよねぇ。実際、某ブツを見ながら書いてみたのですが、 「どこまでが上着か」が分からず、途中でめんどくさくなって自分で適当に線を足してしまいました。マウスでやったからなんというか、悲しい結末に。

こ、これでもすこしづつ練習してるんだい……。

というわけで、シャワーでも浴びてきます……。

by s-kuzumi | 2007-12-13 02:06 | 日々之雑記
2007年 11月 04日

告知、というか宣伝。

道玄斎です、こんばんは。


今日は、ちょっと告知というか宣伝をさせて下さい。
以前、本ブログにて「さくらミント」さんの『月照~ツキノテラス~』という作品のレビューを書かせて頂きました。

それが縁で、今回冬コミにて発表なさる『月照~ツキノテラス~』パッケージ版のライナーノートを書かせて頂く運びとなりました。
特設ページにて、情報が公開されておりますので、是非そちらもご参照下さい。


今回、パッケージ版という事で、ゲストシナリオ、ゲストイラストなどが付いております。
いや、凄い豪華ですねぇ……。

ゲストシナリオをお書きになっている方は、恐らく現時点で最大規模のフリーサウンドノベル『Bye』を制作なさった「トラウムブルグ7番地」のポチくんさん。更に、この界隈で今最も元気のいい「あおぞら幼稚園」の雪双葉さんです。

そんな豪華ゲストの中に、私こと道玄斎の名が……w
いや、全く烏滸がましく又、恥知らずな事でありますよ。けれども、頑張ってライナーノートを書きましたので、読んで下さる方がいらっしゃたら幸いです。

まぁ、私のライナーノートはどうでもいいので、是非パッケージ版『月照~ツキノテラス~』をお手にとってみて下さい。
ウェブ上にて公開されていたものに加えてゲストシナリオなどの+αがばっちり利いて、更に深く『月照~ツキノテラス~』の世界を楽しめるようになっています。


別にライナーノートを書かせて頂いたから言うわけじゃないんですが、本当に良質の余韻を持った良い作品です。
興味を持たれたら、まず「さくらミント」さんのページを、余力があれば私が書いたレビューでも読んでみて下さい。そうそう、ベクターの方でもレビューが掲載されておりましたので、そちらの方も。


今から冬コミが待ち遠しいですね。
以上、宣伝でした。

by s-kuzumi | 2007-11-04 21:59 | サウンドノベル