人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:和風 ( 4 ) タグの人気記事


2010年 01月 04日

ノベルゲーム愛好家のDTM勉強会 第十六回

道玄斎です、こんばんは。
今日は新年一発目のDTMのお勉強。新年というか新春に相応しい感じのものにする積もりですよ。



■1ランク上の和風づくり

今まで、「和風」とか何とか云って、適当なものを出してお茶を濁していましたが、あれってただ単に、ハ長調で云う所の「ファ」と「シ」を抜いて音階を作る、47抜き音階と呼ばれるものでした。
まぁ、「和風っぽい」というか「童謡」とか「童歌」とかそういうテイストかもしれませんねぇ。

でも、47抜きばっかりじゃ、飽きてしまいますし、「もっと和風をっ!」という声にお応えして(というか、私自身がそういう欲求があっただけですw)、もう1ランク上の和風な曲作り、やってみましょう!


三が日……。愛用のFL STUDIOが立ち上がったPCの前に座りながら、ウンウンと唸る男一人ありけり。
そう、私です。
何か、あらたまの年も変わって、一発ドカンと「すっげぇ和風!」ってなものを作りたくなったはいいのだけれども、47抜きだけじゃ限界がある。それに個々人の持つ「弾き癖」も厄介なもの。

何か気分を変えねばなるまい……。
「旨くて簡単にパクれる技、どっかに落ちてねぇかなぁ?」なんて考えていたら、私お琴の演奏経験があった事を思い出しました。何故忘れていたんだ……w
お琴って云っても、箏の琴、琴の琴、和琴なんて色々種類があるのですが、一般的に皆さんも良くご存じのお琴は「箏の琴」です。私が弾いたことのあるものもソレ。13本弦が付いているヤツですね。

13本弦があって、それぞれチューニングというか調弦してやらないといけないわけですから、簡単に言ってしまえば13個の音で構成された「音階」がそこにはあるはずです(本当はオクターブとか含むからもっと数は少なく、且つ音階っていうとちょっと違うか。どの音を選んで弾くかって事やね)。

ここまで思いつければシメたもの。
早速お琴のチューニングで音階を構成してみます……って云っても、もうやり方忘れちゃったし、倉庫からお琴取り出すのはめんどくさい。それになにより、ここは「お手軽」で「それっぽい」ものが作れれば良い、というコンセプトでやっているわけですから、「お琴持ってないやつぁ出直してきな!」なんて云えません。

今あるシーケンサー(フリーソフトでも勿論OK)でちゃんと音が出せる事、すぐに試せる事、こうした要件を満たさないと、「ノベルゲームの為のDTM」にはならないのですw
音が出せるって意味では、GM音源に「koto」ってのは入っていたハズですから問題はない。
あとの一つの要件、つまり「簡単に試せる」という部分……。そう、それは「ネットを使う」という手段と相成りました。

「お琴 調弦」なんてキーワードで検索を掛けていたら、お琴教室のHPが出てきて、ちゃんと「平調子」「雲井調子」など、様々なチューニングの仕方(というか音の選び方)が載っていました。
こちらをご参照下さいませ。

一々、HPを開きながら作業する、ってのも面倒ですから、私は五線譜に書き写しちゃいました。HPでは「ドレミファソラシド」的な表記じゃなくて、「ABCDEFG」の表記ですが、特に問題ないでせう。
「C=ド」「D=レ」「E=ミ」「F=ファ」「G=ソ」「A=ラ」「B=シ」です。
まぁまぁ、丁寧な事に、ちゃんとこのHP「実際の音」が聴けます。シーケンサーを立ち上げて、プリセットから「koto」を選んで、音を確かめながら記述すれば完璧。ぶっちゃけ、このお手本の音をサンプリングして使いたいくらいなんですが、それはやっちゃ駄目なので、自粛。

ちなみに、お琴は13本弦があって、座っている側から見て、反対側から順番にその弦を「一」「二」「三」と数えていきます。横からみると、お琴は「かまぼこ型」になっていて、その頂点が「七」でしょうか。
で、「十」まで数えると、次は「十一」とならずに「斗」となり、十二に相当するものは「為」となり、十三に相当するものは「巾」と呼びます。一番手前の弦ですね。そこだけ理解していれば大丈夫でせう。

で、今回は基本のキの字の「平調子」の「壱越」の音だけで一本作ってみました。
最後の方で力尽きて投げやりになっているのが良く分かりますw 
こちらからどうぞ。

如何でしょう?
今までよりも「和風……というか正月っぽい……」と感じるのではないでしょうか?
お琴の形態上の問題として、基本「この13個の音以外使わなくていい」訳ですから(チョーキングみたいな奏法はあるんだけれども、まぁスルーしても構わないでしょう)、適当に、この「平調子」「壱越」で使われる音だけ、鍵盤で押さえてやれば、何だか和風な音というか曲というか、フレーズが出来たりします。

低い音から高い音まで、或いは高い音から低い音までを順番にたららららっと、鳴らしてやれば、誰がなんと云おうと和風な雰囲気が出てきちゃいます。
本当は、もう一本お琴を絡めたり、尺八入れたり、三味線入れたりしたかったのですが、めんどくさくなってやめましたw


ここいらで、纏めてみましょう。

・和風な曲やフレーズを作る場合、「お琴」などの音階(というか音の選び方)をそのままパクる。

・それはネットで探せば沢山出てくる。邦楽楽器のチューナーを作っているメーカーのHPにも載っていたり。

・あとは、その音階で適当に音を鳴らせば……

・あら不思議。そこはかとなく和風っぽい!

という訳です。
47抜きよりも、一歩上に進んだって感じしますよね?

一つ、注意しておくと、トレモロ的に鳴っている音、あれはお琴の構造上「巾」でしか出来ないんじゃかったかな? 「七」とかでやろうとすると前後の弦に引っかかるし。
ただ、まぁ、そういう「現実では出来ない事が出来る」というのがDTMの旨味でもあるわけですから、色々試してみるのも面白いと思います。

/* ↑「巾」のみでしか出来ない、というのは嘘でしたw
  「巾」以外の箇所でやる曲もあるみたいです。状況を下さった方に感謝!! */

折角の新年ですから、それっぽい曲、どうぞお作りになってみて下さい。
そして、もっとグーなやり方見つけたら、そっと教えて下されば幸いですw


以下、余談。

HPには、テーブルになっていて、弦と音の対応表が付いていますが、やっぱり、こういうのを見ると、五線譜の方が楽よね。文字情報だけじゃなくて、視覚的に音の高さ低さが分かるわけで。
それに、アナログに保存しておくってのは意外と大事なんですよね。コンピュータの中に入れておくってのも手だけれども、コンピュータがぶっ壊れても、紙は残りますし、その紙を手元に置いておけば、いつでも参照出来ますからね。


というわけで、新年一発目のDTMは和風な一曲、でした。
意外と、和風な曲ってのも、使い道があるような気がします。「妖怪」が出てくるような作品とか「和風ホラー」とか、或いは「お嬢様の実家」のBGMとか……。
別に「真の邦楽を!!」って人は、そんなに居ないと思うので、使える所をサラリとパクってしまえばいいんじゃないでしょうかw 真剣にやってる人に怒られるかも、だけども。。。


それでは、また。

by s-kuzumi | 2010-01-04 21:41 | 日々之雑記
2009年 02月 17日

ノベルゲーム愛好家のDTM勉強会 第八回目

道玄斎です、こんばんは。
色々作業がこの時期、立て込んでいて、中々ゲームが出来ずイライラすると昨日書いたような記憶があります。段々終わりは見えてきているのですけれども、結構厳しいものがあるなぁ、と。

んで、ゲームが出来なきゃ、日々之雑記とかしか更新出来ないので、少しでもゲーム寄り(?)という事で又してもDTMの話題を。
いえいえ、今日はもう効果音は作りませんw 流石にあれだけやると私も飽きてきてしまいました。かといって、また何か新しいものを作って、ってやると時間が無いし、めんどくさい。よって、今まで上げた音源で使い回せるものを利用して、ちょこちょこっとw



■和風っぽい曲を(再び)考える。

先ずは、お聞き下されば幸いです。

こちらからだうぞ。

そう、これは第二回目の時にブチ上げてみた、和風っぽい曲です。
こいつを、解剖して「和風っぽい曲」の本質(っていうと大げさだけども)に迫ってみようじゃないか、という企画。
勿論、内容は私が書いてるくらいだから、超易しい。
誰でも分かる、即試せる、がモットーですよ。詳しい方のご意見やご指摘があったらうれしからまし。

で、上の曲は、本当に何となく鍵盤にお琴の音をセットして、適当に自分の気持ちよい感じに弾いていったものです。和風っぽさは多少意識しましたが、だからと言って何かをしたわけじゃなくて、和風っぽい音(=お琴、本当は大正琴)を使う、「お琴の音に合うようにする」くらいのもんです。

さて、聞いて頂いて、何か気がつく事はありますでしょうか?
「ヘタクソだな……」「マジでどーしよーもねぇ……」とか、そういう感想もありましょうが、そこは今回は放っておいて頂戴w

もうちょっと分かりやすくする為に、メロディ部分だけを切り出してみましょう。イントロの所は無視してね。
あっ、ちょっとDAWを変えたりして、当てている音色が異なりますが、お琴系である事は間違いないと思うので。。とにかくベタっと打ってます。

というわけで、こちらもだうぞ。

さて、如何でしょうか?
気がつく人は気がつくけれども、作った本人でも気がつかなかったんだから、意外と気がつかない人も多いかもしれません。
そう、似非和風の曲はメロディ部分に「ファ」と「シ」の音を一音も使っていないのです。ちなみに、普通に白鍵のみしか使ってませんよ?



■こいつが「47抜き」(よなぬき=四七抜き)だ。

というわけで、似非和風の曲は、ドレミファソラシドの中で「ファ」と「シ」の音を避けて作られていました。私も気がつきませんでしたw

つまり、

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド

という一般的なハ長調の音階ってのがあって、その四番目と七番目の音、「ファ」と「シ」が抜けているわけですな。
よって、

ド レ ミ ソ ラ ド

なる音階になっている、という。
これを俗に「47抜き」(=よなぬき)と呼ぶようです。勿論、四番目、七番目の音を抜いて音階が構成されているから「47抜き」です。
別にハ長調でなくても、四番目と七番目の音を抜けば47抜きになります。その場合は四番目と七番目に相当する音が「ファ」と「シ」じゃ無かったりするわけですが、そこらへんは分かりますよね?

この47抜き音階は、日本の伝統的な音階だそうな。
だから、これを使って曲を作ると、自然と和風っぽい曲になるという寸法。というか、「和風っぽくしよう」と思って、適当に鍵盤を弾いていると、47抜きを意識せずに行っていたりするわけです。私のようにw
や、本当に、適当にファとシを避けて鍵盤で弾いているだけで、和風っぽくなりますぜ。音色を和風っぽい音にしてやると効果倍増。
是非是非おためしあれ。



■折角だから沖縄風も。

和風の音階を見たわけで、それに派生して、沖縄風というか琉球風の音階も調べたら見つかったので、ついでにご紹介しておきましょう。
例によって、白鍵のみ、「ドレミファソラシド」でいきますよ?

今度は「レ」と「ラ」を抜きます。
つまり、

ド ミ ファ ソ シ ド

となるわけですな。

こんな音になります。

どうでしょう? かなりそれっぽい感じが「ミ」「ファ」の辺りから漂ってきませんか?w
これはつまり、先ほどの47抜きと同様に、ドレミファソラシドから二番目の音と六番目の音を抜いているわけです。

というわけで、ジングルっつーか、それっぽいものをこの琉球音階で作ってみました。

こちらからだうぞ。

適当に、このドミファソシドから音を選んで打ち込めばOK。意外な程簡単にそれっぽいものが出来るでしょ?
ゴメン。補足。今Wikipediaを見たら、ちゃんと解説がありました。それによれば、この26抜きは、
同じように、ニロ抜き音階は「二六抜き音階」とも表記し、ニロ抜き短音階を西洋音楽の短音階に当てはめたときに主音(ラ)から二つ目のシと、六つ目のファがない音階のことである。俗楽の陽旋法がこれに当たる。

だ、そうです。



如何でしたでしょうか?
和風にしたけりゃ、47抜きを、琉球風にしたけりゃ26抜きをしてみろって話ですな。
詳しい方にとっては「常識」レベルなのかもしれないのですが、鍵盤で実際に弾いてみたりすると面白いですよ?
和風っぽいノベルゲームを作る際とか、結構使えるテクではないかと。こういう考え方が合っているのかどうか分からないのですが、ドレミファソラシと七音の中からメロディを考えるのではなくて、五音の中からですから、少しは楽なのではないかとも。


というわけで、今日はこのくらいかな?
何かのお役に立てれば幸いで御座います。


それでは、また。

by s-kuzumi | 2009-02-17 20:01 | 日々之雑記
2008年 10月 21日

なんてことない日々之雑記vol.129

道玄斎です、こんばんは。

明日は、「超音波断層検査」なるものがあります。どうやら、事前に貰っておいた説明書を見てみると20~30分程度掛かる模様。
まぁ、何にせよ、具合の悪さの「原因」が分かると良いのですが……。
一番厭なのは、「原因不明で具合が悪い」というヤツです。原因が分かればクスリを呑むとかのアクションが取れるわけですが、原因不明だともうお手上げですから。



■不眠を治そう

で、アモバンを半錠を毎日服用しているのですが(カッターで切れ目に沿って半分にするのは結構楽しい)、半錠じゃ全然駄目ですねぇ。今日も薄明かりが窓から差し込む頃まで起きてましたし。

そういえば、世の中には『眠られぬ夜のために』というキリスト教寄りの名著があるので、そういうのを買って読みながら凌ぐ、という方法もあるものの、やはり眠りたかったりします。
あっ、ちなみに『眠られぬ夜のために』はアマゾンの書評を見てみると、抜群に評価が高いです。キリスト教入門にも最適なものだそうで、中々興味深いですね。近所の本屋さんでは売ってない為、それこそアマゾンで注文とかしてみようかな、と思っています。

私の不眠って、眠らないで済むっていうのとは違うんですよね。眠らないとやっぱり昼間、とっても辛い。欠伸とかも普通に出てしまうのですが、それでも夜になると全然眠れないという困った状態です。普通、疲労するとそれが眠気にダイレクトに繋がってくると思うのですが、私の場合、眠気を伴わない単純な疲労としてどんどん体に蓄積されていくようで、厭な感じですよw

結構ね、真剣に何とかしなきゃと思って、それっぽい本を読んでみたり、ネットで調べたりしているのですが、「これ!」っていう対処法はないですねぇ……。
ただ、煙草もあまり好ましいものではないようなので、何とかしたほうが良いのかも(一日当たりの本数は、以前に比べると格段に落ちましたが)。


もし、「不眠解消術」をお持ちの方がいらしたら、是非ご教授下さいませ。



■和洋の微妙なところ

大体、私は和風って好きで、大凡和風ってのがどんなものなのか、感覚として分かってるつもりです。で、何でそんな事を話し出したのかってーと、今、上野で琳派展をやってるんだってね。

琳派が大上段に振りかぶった「芸術」かっていうと、ちょっと違うような所がありますよね。
感覚としては、もうちょっとこう「デザイン」とか、そういうのに近いような。けれども、今、「和風」と言われてパッと思いつくような雰囲気って琳派の作品のような気がしますね。伝統的なものを題材にしつつも、そこにモダンなデザインみたいな感覚が入っていて、私は結構好ましく思っています。

勿論、和風って言って「昭和40~50年代東京」の町並みをイメージする部分もあったりするし、京都で御所を見ても「和風だぜ」と感じるわけで、和風という概念は決して一つのものに集約出来ないんですけれども、その中で特に好きな和風があったりします。

それは、微妙に洋風が混じった和風なんです。
奇しくも上野に「旧岩崎邸」ってのがありまして、あの雰囲気がかなり、私の好みに近いです。あっ、勿論外見じゃなくて、内装とかそういう所、ね。
例えば、一つ一つのマス目が縦長の障子(桟は黒塗りっぽいやつ。分かる?)が付いている部屋なんだけれども、そこにちょっぴりモダンな「テーブル」と「椅子」が置いてあるような、そういう雰囲気が妙に好きなんですよね。んでもって、テーブルの上の燭台は洋風だけれども、肝心の刺さってる蝋燭は「和蝋燭」とかね。

完全にゴテゴテっとした和風はそれはそれで、ダサいんですよ。
この和風とモダンな洋風が微妙な割合で入り交じったもの、そこに今物凄く惹かれます。
うんと分かりやすい例を出すと、坂本龍馬って居ますよね。彼の写真なんか見ると、袴穿いて、刀を差していたりするけれども、草履とかじゃなくてブーツを履いています。ああいう感覚ですね。

で、今私が眠っている部屋って洋間なんですよ。
洋間だからベッドを置いてそこで眠っているんですけれども、なんか最近、畳の和室で布団を敷いて眠った方がいいんじゃないか……? というような気がしています。
実は、ベッドを使うようになったのは、ここ10年くらいの間なんですが、それ以前に旅行とか合宿だとか、まぁ色んな事でホテルとか泊まりますよね? そういう時にいつも私はベッドから落ちてしまっていました。寝相、良くないみたいですw

最近では、ベッドから落ちるという事は無いんですけれども、無意識的に「落ちないように!」と思っていたりして、そういうのも不眠と関係があるんじゃないか? と最近、何でもかんでも不眠に結びつけて考えてしまうという悪癖がw

私がお金持ちだったら、もっと大きな洋間を作って、その隅っことかに畳を置いて(敷いて)「和室空間」を作って、眠ったりとかは全部そこでやりたいんですよね。
で、他の部分は、今と同じく、コンピュータが5台くらいあったり、キーボードが置いてあったりと、完全にハイテクで洋風でいいんですけれども、和風な空間は何としても確保したいな、と。

今だって、「あいつの家に行ったら刀ばっかり置いてあった」とか言われて、一見(一聴?)すると和風っぽいんですけれども(しかも刀はそんなに持ってない。木刀とかはやたら沢山の種類がありますが)、自分の生活スペースに和風成分がゼロなんですね。
どうもね、自分の美意識っていうか、その美的な感覚と、睡眠が実は関係があるような気がしているんですよ。
最初に話していた「和洋が微妙に入り交じったものが好き」という感覚は、実は自分の「精神安定」って言っちゃうと大げさだけれども、ある種の理想的な生活空間のあり方を示しているような……。

兎にも角にも、何となく、今は畳で眠りたい気分です。
そんなわけで、今日はこのへんで。

そうそう、短編で面白そうなゲームがあったら是非ご紹介下さいませ。


それでは、また。

by s-kuzumi | 2008-10-21 18:59 | 日々之雑記
2007年 07月 09日

ソフト紹介 「小町文庫」

おはよう御座います。
俺です。

今日は、パソコンのソフトウェアを紹介してみようと思います。

別にFirefoxとかそういう必需品的なソフトじゃなくて、「あるとちょっと豊かな気持ちになれる」ソフトを。

というわけで、今日紹介させて頂くソフトは「小町文庫」です。

俺はメモだとか、ちょっとした記録をテキストファイル書き込んで保存しておく事が多いです。
サクラエディタ」ってエディタを使う事が殆どで、Windows標準の「メモ帳」でもいいのですが、もうちょっと高性能で、且つフリーなものを、という事で探したのがきっかけですね。

実際、結構使い勝手が良いと思いますよ。
興味のある方は是非「サクラエディタ」の方も試してみて下さい。


それで、俺はテキストファイルを、大量にパソコンの中に持っていまして、昔から、「テキストファイル専用ビューワー」があればいいなぁ、と思っていたのです。
例えば、2ペインになっていて左側で、ルート構造で、テキストファイルを収めたフォルダを指定して、右側で中身を表示する、みたいな。
でもって、お気に入りのエディタで編集出来るような機能が付いていたら最高だぜ、とか色々考えていたわけです。

そういう俺の夢と希望とはちょっと違うけれども、これはこれで心を豊かにしてくれる、テキストファイルビューワー。それが「小町文庫」です。

普通、テキストファイルは、横書きですよね。
けれども、このビューワーで開くと縦書き表示になります。
オマケに和装本のような、グラフィックでファイルを閲覧できますので、何とも楽しいのです。
和装本は、やっぱり独特の楽しさがありますね。
神田の古書店などでは、モノにも因りますが、比較的安価に和装本を買う事が出来ます。
私も何冊か持っていますが、所有するだけでも何だか嬉しいものです。やはり安いのは、明治初期くらいの和装本ですかね。勿論中身は活字じゃなくて、版木印刷ですよ?

「小町文庫」は和装本の体裁に、結構こだわっていて、装幀を何種類か選べたり、或いはユーザー定義のものに差し替える事も可能となっています。
長いテキストファイルは、「ページをめくる」事で、次の文章を見ることが出来るのですが、ページ数が表示され、本当に「本を開いている」感覚で使えるのです。

ページとページの間には、綴り糸が少し見えていたり、タイトルが題箋として表示されたり、となかなか粋な演出も。

基本的には、「本棚」と呼ばれる領域に、テキストファイルを登録し、本棚から好きな本(=テキストファイル)を選択して閲覧する事が出来ます。
こういう「実際には役に立たないけれども、演出として面白い」ものは大好きです。
本をめくるとき、本棚から本を選んで開くとき、ちょっと過剰な演出音がするのですが、そういう所も又、素敵。

ちなみに元のテキストファイルの、一行がどれだけの長さの文章であっても、適当に見やすい形に整えて表示してくれるのでいいですね。
多分、こういう所は設定で、好きな形にカスタマイズ出来るはずなので、あれこれ試してみるのも良いかもしれません。


さて、些か褒めすぎた感があるのですが、欠点というか「こうあって欲しい」という機能も沢山あります。先ず、

・テキストの編集が出来ない

という点です。テキストファイルは「見て楽しむ」というよりも、「実際にガシガシ書き込んで、消して編集して」という形で使う性質のものです。
ですので、ビューワー自体に編集機能が付いていると、非常に便利なのですが、そういった機能は付いていないようです。簡易なエディタでも付属していると非常に有り難いのですが。
折角、「本棚」にファイルが登録出来るのですから、編集が出来たらなぁ、と悔しく思います。

もう一点は、

・ドラッグが出来ない

という。テキストに書いたモノをドラッグして、コピペするのは、多分一般的な使い方なんだと思うのですが、悲しい哉、このソフトには領域を選択し、ドラッグそしてコピーを行う機能が付いていません。

纏めると、この「小町文庫」は「見るに特化したビューワー」という事になるのでしょう。
いや、そもそもビューワーだから、見る為のものなんだよね……。
テキストを見たりするだけなら、別に「IrfanView」でもいいと思うのですが、ちょっとこだわったテキストファイル閲覧をしたい人、なんかはこの「小町文庫」を使ってみては如何でしょう?

無味乾燥なテキストファイルを、格調高い本で読んでいるような……、そんな豊かな気持ちになれるかもしれません。

by s-kuzumi | 2007-07-09 09:44 | 日々之雑記