人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:奈須きのこ ( 3 ) タグの人気記事


2007年 08月 13日

『DDD2』 奈須きのこ著 講談社

こんばんは、久住です。

今日、ようやく『DDD2』を読み終えました。
やっぱり面白いですね。

過去と現在、そして未来が入り交じる構成は『空の境界』と同じです。
『空の境界』上下巻、そして『DDD』も二冊読んだ計算になりますが、どうしても「似ている」感が出てきてしまいます。
それは勿論、同じ作者の本であるからなのでしょうけれども、全く違う世界も見てみたいとも思います。

『DDD2』の内容ですが、「野球」が一つ大きな部品となっていました。
私は全然野球にはくわしくないのですが、丁寧に球の種類や打撃の方法について描写されているので、「野球」そのものにも興味を持ちました。
文字通りの「魔球」が出てきたりと、読者を退屈させません。

後半からは、一気にラストに向けて(と思われる)の話が展開していきます。
ラストのページにカナタさんの書いたメモがイラスト風についているのですが、そのメモの最後の欄に「日守桜夏」との対戦記録がのっています。そこには「もしかしてもしかするとオリガで一番手強かったのかな、この人?」とちょこんと記述されているのです。
この「日守桜夏」という人物は、『DDD2』で出てきた不死身の日守秋星さんとの血縁関係が疑われます。

そういうメモが伏線になっているという遊びの部分が面白いですよね。
こういうのはライト系のノベルならではの手法なのかもしれません。

三巻。いよいよラストのようですが、今から楽しみですね。

by s-kuzumi | 2007-08-13 23:08 | 読書 ライトなノベル
2007年 08月 02日

『Decoration Disorder Disconnection. 1』 奈須きのこ著 講談社

こんばんは。久住です。
今日は、先日紹介した『空の境界』をお書きになられている、奈須きのこ氏の『Decoration Disorder Disconnection』という本です。

たまたま、本屋さんで見つけてちょうど『空の境界』を読んだあとでしたので、興味を持ち購入してみることにしました。
読んでみるとやっぱり面白いです。殺人鬼や肉体の不完全性みたいなテーマは『空の境界』とも通じているようです。

読み進めれば読み進めるほどに、『空の境界』との類似がみえてきます。
まずかなり特徴的なキャラクターのネーミング。そして人の良い男性主人公。この主人公が頭があがらない、クールな女性。
人が人ならざるものになり、暴れるというのもおんなじですよね。

おなじ小説を別の角度からよんでいるような、そんな錯覚をしてしまいます。
ともあれ、単純にライト系小説として高水準で面白いと思います。ちょっとミステリーの要素も入っているようですし、ライト系小説に興味がなくてもミステリーに興味のある人は手にとってみてはいかがでしょうか。

いま調べましたところ、8/10に二巻が出るみたいですね。
いまから楽しみです。

by s-kuzumi | 2007-08-02 01:33 | 読書 ライトなノベル
2007年 08月 01日

『空の境界』 奈須きのこ著 講談社

こんばんは。久住です。

最近、勧められて『空の境界』という本をよんでいました。
元々、同人小説であったものを加筆修正をくわえリリースされたもののようです。
加筆があるにせよ、同人小説でこの分量はすごいですよね。

本の後ろには解説文がついています。
ポストモダンなどの批評のための用語がたくさん出てきて、無知なわたしにはぜんぜんわからないのですが、一つ言えることがあります。

単純に面白い。

ということです。
なかなか時間がなくて一気によむことが出来なかったのですが、なんとか上下巻ともに読み終えました。

登場人物の名前はみんなかなり仰々しいいかにもフィクションな感じなのですが、そうした名前ですら類似と差異を出して「遊んでいる」ような印象をうけました。
各章も過去と現在をいったりきたりと、ちょっと複雑ですが、それも「面白さ」や「遊び」の構成要素なんでしょうか。

じっくりと理解しながら読まないと、なかなか話を追っていくことができませんでした。いえ、読了後の今でさえもはっきりと「分かった」とはいえない、そういう懐の深い作品です。
やはり、この作品も道玄斎さんのおっしゃる「ライト系」に分類されるのでしょう。純文学ではないけれども、それと等価でなおかつ表紙にイラストがついていたり、超自然的現象が起きるあたりが、ライト系ですね。
とはいえ、内容は単なるアクションとか伝奇とかそういうジャンル分けを拒否するかのように、複雑で「深い」テーマを抱え込んでいるようです。

どうやらこの作品は映画化されるようなのですが、果たして上手く映画化できるのでしょうか?作り方によってはものすごい駄作になってしまうような気もします。

そういえば、刀に刀装具をつけるシーンがあったのですが、鍔はともかくとして柄やハバキはやはり、特注でつくってもらうのが一般的でしょう。
手持ちのハバキが合わない、というのはあるいみで当然だと思いました。
ちょっと気になった点なので書いておきます。

最近は岩波文庫の青シリーズばかりよんでいるわたしでも、思わず引き込まれてしまいました。多くの人に読んでもらいたい作品です。

by s-kuzumi | 2007-08-01 01:04 | 読書 ライトなノベル