人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:学校七不思議 ( 3 ) タグの人気記事


2009年 09月 18日

フリーサウンドノベルレビュー 『学校七不思議4』

b0110969_2032511.jpg

今日の副題 「やっぱり、何故か好きなのです」

ジャンル:学校系怪談ホラー(?)
プレイ時間:コンプリートして1時間くらい。1ルート15分くらいから。
その他:選択肢アリ、7つのエンドに分岐
システム:吉里吉里/KAG

制作年:2007/2/9
容量(圧縮時):39.0MB




道玄斎です、こんばんは。
今日も昨日の流れを踏襲して、やっぱりあのゲームの最新作までプレイ。
昨日も書きましたが、実はこのシリーズ、昔からプレイしていたのですが、『学校七不思議3』までで、最新作は未プレイでした。
というわけで、今回は「銀の盾」さんの『学校七不思議4』です。

今回も、良かった点、気になった点は省略しましょう。
ストーリーだけ、ベクターの方から引用しておきます。
学校にまつわる怪談「七不思議」を題材にしたホラーアドベンチャーの
4作目です。
選ぶ選択肢によって、エンディングも変化していきます。

誰も知らない七つ目の怪談。
知った人は、どうなる…?

という感じ。

って、これじゃ、いつものそれと同じですねぇ。

前作は「いじめ」の問題と学校にまつわる七不思議が絡み合っていましたが、本作では「友情」とか「友達」或いは「親友」なんてテーマがあるようです。
プレイすれば分かるのですが、それは今回の主人公志緒理が、例の幽霊になっている美加と出会って……。幽霊と人間の友情とか、或いは幽霊同士の友情とか、全体で見ると友情というのが、本編を貫く大事なキーワードになっていたと思います。

前作の『学校七不思議3』から、凡そ4年の日々を経てリリースされた本作は、何と「主題歌」付き。
自分自身未プレイだった事もあって、起動して最初の5分で滅茶苦茶ワクワクしてしまいました。
今回も視点人物というか、主人公は女の子だった訳ですが、また私の好みの感じでねぇ……。お下げにメガネにちょっと引っ込み思案な感じの子でしたw

怖さ的にも特に変化は無し。
相も変わらず、第一作目から示されている「六つ」の怪談、流石にもうそんなに怖くは……。

そんな訳で、完全にこのシリーズをプレイしていないとキビしい状況ではあるのですが、馴染みのある方で、もし「4はまだ」なんて方がいたら、是非プレイしてみて下さい。

そういえば、今までは「友人達に巻き込まれたり」して、夜の学校で七不思議を語っていった為に、怪異が起きてしまう、という状況でした。そこがちょっと今回は変化球でしたね。
アッチの世界の住人が、半ば強制的に、怖い話に興味を持つよう、志緒理に働きかける、といった趣。
又しても「七つ目」の怪談がどういったものなのか、そこは語られなかったのですが、一つ、「七つ目」に関しての示唆がありました。
それは、お馴染みの美加と絵梨は「七つ目を知った為に、自我を保持したまま幽霊として存在出来る」らしい、という事。彼女たちは、他の学校に巣くう幽霊というかお化けというか、化け物というか、そうした奴らとは一線を画しています。その秘密が「七つ目」にあった、という事ですね。

本編の攻略は、実は「3」の方が楽だったかな、と。
それでも無印や「2」に比べれば全然楽になってるんですが、毎度お馴染みの所で分岐したりするので、少しだけ飽きてきちゃう部分があるかも。
とはいえ、全部のエンドをコンプリートしないとオマケが見れないので、ちょっと頑張ってみて下さい。

で、私はこの『学校七不思議』シリーズ、ここ最近改めてプレイしてみて、「結構好きなんだよなぁ……」と改めて再確認する事になりました。
「怪談」って程、怖い訳じゃないし、怖い部分ってのも、シリーズの第一作目で示されて以来、特に変化は無いし。……けれども、なんか良いんですよねぇ。

ちょっと考えてみると、中心にいるキャラクターの魅力が、本シリーズの一番の魅力なんじゃないかと思えてきました。
例の美加と絵梨なんですが、本編が寧ろオマケで、彼女たちの生前のエピソードを語る、オマケが本編みたいな感触になってきますw

何て云うか、二人とも、キャラクターとして厭味がないんですよ。
奇を衒った怪しげな属性がついていないのも好印象。どこの学校にも一人はいそうな、凄く自然体で、それでいて魅力的な女の子。それが美加であり絵梨なんだろうな、と。
無理に区分けしようとしたら、おきゃんな美加に、思慮深げな絵梨、とまぁ、割とよくある感じっちゃ感じなんですけれど、凄く「その世界で生きている感じ」がしますねぇ。虚構の中の登場人物でありながらリアリティがあるというか。

ビジュアル的な事を云えば、美加の方が好みなんですが、見た目を抜きにして考えたら、どっちが良いと云えないような……。そんな本質的な部分でのキャラクターの魅力が、本作を支えているようです。
亦、そんな二人の友情もね、毎回毎回ほろりと来るんですわ。

このシリーズ、イラストも作者様自らが手がけていて、そういう所から来る、キャラクターとテキストの親和性、そこらへんにも本作の良さの一端がありそうですね。


さてさて、『学校七不思議4』がリリースされたのが2007年。
で、『学校七不思議5』の宣伝もオマケとして同梱されていましたから(オマケの中にある、未使用イラストというのが抜群に良かった!)、どうやらちゃんと「5」もリリースされると思しい。
「七つ目」の怪談は一体何なのか? 疑問は尽きないのですが、もうちょっとこのシリーズがプレイ出来そうなので、窃かに私も応援していきたいです(多分、七不思議、だから7が最終章?)。


それでは、また。

by s-kuzumi | 2009-09-18 20:32 | サウンドノベル
2009年 09月 17日

フリーサウンドノベルレビュー 『学校七不思議3』

b0110969_2313353.jpg

今日の副題 「もう少しだけ夏の余韻を」

ジャンル:学校系怪談ホラー(?)
プレイ時間:全部みて1時間程度。1ルートは15分程度。
その他:選択肢アリ、エンドが7つに分岐
システム:吉里吉里/KAG

制作年:2002/12/5(本レビューは2004/10/2にヴァージョンアップされたVer.1.02にてプレイ)
容量(圧縮時):9.94MB




道玄斎です、こんばんは。
もう秋なハズなのに、東京では、蝉が最後の力を振り絞って鳴いたりしている今日この頃、如何お過ごしでしょうか?
8月の後半くらいは、結構頑張って、怖い作品を掘り起こしてきたりしていたのですが、シリーズ物もプレイしていました。それが『学校七不思議』シリーズ。記念すべき第一作目が2000年リリースですから、もう9年も前の作品です。コミックメーカーから吉里吉里/KAGに移植されたりと、変遷を辿り遊びやすくなっているのですが、その第三弾でさえ2002年のリリースです。
あんまり怖くないってのは、何度か述べていますが、それでも私、このシリーズ何故か凄く好きなんですよねぇ。
というわけで、前置きが長くなりましたが、今回は「銀の盾」さんの『学校七不思議3』です。

良かった点、気になった点もちょいと変則的ですが、今回は省略しちゃいましょう。
シリーズ物ですから、大凡そういう所は同じだと思って頂ければ。過去のレビュー等ご参照下されば幸いです。

ストーリーは、ベクターの方から引用しておきましょう。
学校にまつわる怪談「七不思議」を題材にしたホラーアドベンチャーです。
選ぶ選択肢によって、エンディングも変化していきます。
エンディングリストを追加しました。

暑い夏の夜、学校に集まって怪談話に興じる主人公達。
あなただけは知っているはずだった。
今夜、何が起こるのか。
七不思議の七つ目が何なのか…。

こんな感じ。
大枠は、「いつもの通り」という感じですね。

夜の学校で、七不思議の怪談を話していたら、それが現実となって、一人、また一人と居なくなっていき……。というタイプ。シリーズでお馴染みの美加と絵梨は今回も健在。というか、逆にそれまでの『学校七不思議』『学校七不思議2』をプレイしていないと、楽しめない部分があるのは確か。

そういえば、このシリーズは、今までかなり選択肢で悩まされてきたのですが、今回は、所謂グッドエンドというかトゥルーエンドに相当するエンドをすんなりと見ることが可能。
どのくらい楽かっていうと、私が初見(というか、以前プレイしているんですが)で、特にあれこれ画策せず、素直に選択肢を選んでいったらそのまま到達出来たくらい。

寧ろ、バッドエンド系のエンドの方が見るのが難しい。
ちなみに、トゥルーエンドでも二種類あるんですよね。内容自体は同じだけれども、主人公を助けてくれるキャラが美加か絵梨かの二通りのパターンが存在していました。ざらっと攻略情報を探してみたのですが、そこについての言及は無かったような。
一度、美加なり絵梨なりが出てくるトゥルーエンドに到達出来れば、もう一個の方も簡単に見ることができると思います。追加要素や相互補完の要素こそありませんが、やり込み派の方は是非。

さて、今回は、「いじめ」の問題と学校にまつわる七不思議が融合したお話でした。
主人公の立ち位置みたいなものも、選択肢で決定していく訳ですが、案の定、そんなに怖くない。
まぁ、同じ学校を舞台にしているわけで、そこで語られる七不思議の内容自体もさしたる変化はありません。ですから、「怖さの鮮度」が薄くなっている、というのは当たり前っちゃ当たり前なんですが、今回は、微妙に「七つ目」の怪談も関わってきます。

ただ、それが本当の「七つ目」の怪談なのか、というとどうも違うみたい。
「その日だからこそ起こりえた七つ目」という、ちょっと特殊パターン。何故、その日だから起こるのか? そこらへんが作品の一つのキモになっているんじゃないかと思います。

そういえば、先ほど「例によってそんなに怖くない」というような事を書きましたが、改めて怪談の内容を考えてみると「下駄箱」の話は地味に怖いですw 他の「五つ」(七つ目は決定的に明らかになっていない為)よりも断然に怖い。
何て云うか、暴力性がにじみ出ている怪談で、怪談らしい怪談だったんじゃないかしら。


で、全てのエンドを見ると、又しても美加と絵梨のストーリーが進行。
これがシリーズに通底する要素で、本作のオイシイ所でもあります。この二人のやりとりや、彼女たちの過去、決定的に隠されている「この二人は何に遭遇して、死亡したのか?」という、部分に少しづつ迫っている……のかな? だからホラーメインって訳じゃない感触。

本作の『学校七不思議3』まで、リアルタイムでプレイしていました。
で、どうやら、2007年に『学校七不思議4』がリリースされているようなので、そちらも近い内にプレイする予定。

by s-kuzumi | 2009-09-17 23:12 | サウンドノベル
2009年 08月 26日

フリーサウンドノベルレビュー 『学校七不思議』

b0110969_22352084.jpg

今日の副題 「実は感動系かも?」

ジャンル:ホラー+感動系
プレイ時間:1時間くらい。
その他:選択肢アリ。エンドも多数。
システム:吉里吉里/KAG

制作年:2000/7/27(Ver.1.00、本レビュー2004/3/15のVer.2.03にてプレイ)
容量(圧縮時):6.29MB




道玄斎です、こんばんは。
夏ももう終わりですねぇ……。されど、ホラー作品強化週間はまだまだ続きます。
先日、『学校七不思議~小学校の花子さん~』という作品をプレイしましたが、それは本作「学校七不思議」の外伝的な作品でした。外伝だけやって、本編をプレイしない手はなかろうってんで、今回は本編たる「学校七不思議」シリーズ、その記念すべき第一弾『学校七不思議』をプレイ。作者は「銀の盾」さんですよ。
良かった点

・ホラーというよりも、感動的な部分に力が置かれており、結構ジワッときます。演出も古典的ですが、上手だと思います。構成も中々。


気になった点

・ちょっと……エンド数が多めかも? 又、途中からバックログで文章が読み返せない所があったり。

ストーリーは、例によってベクターの紹介文から引用しておきましょう。
学校にまつわる怪談「七不思議」を題材にしたホラーアドベンチャーです。

ある暑い夜、消えた二人の女生徒。
そして数年後、同じ高校に入学した妹…。

選ぶ選択肢によって、エンディングも変化していきます。

「コミックメーカー」から「吉里吉里」にリメイク。
エンディングリストを追加しました。

こんな感じ。


ホラーを期待していたら、意外にもホラー色は薄くて、結構意表を突くような形で感動的なストーリーになっていたのが印象的でした。普通に面白いんじゃないかな? 

ちなみに本作、私用語で云う所のサンドウィッチ型です。
過去の話に挟まれて、「現在」の話がある、というタイプ。『学校七不思議』という一つの纏まりではあるけれども、実は三つの章に別れているわけです。「北水由美の章」、「七不思議の章」があり、全てのエンドを見ると、「北水由美の章」に繋がる、過去の話の続きを読むことが可能です。

そういえばイラストが中々可愛らしかったですね。
個人的な好みで云えば、心霊研究部部長の美加のビジュアルが一番好きです。「こいつが主役」ってな明確な主役はいないものの、割と北水姉妹(絵梨・由美)がフィーチャーされています。けれども、わたしゃ美加が一番飄々としていながらも可愛らしくて好きです。
2009年現在から見ると、多少古い絵柄な気がしないでもないのですが、Ver.1.00発表当時の2000年だったら全然水準以上だったんじゃないかしら? というか、結構好みの絵柄です。少し前の少女マンガみたいな。

ここらで恒例の脱線を入れておきましょうか。
少女マンガで思い出したのですけれども、今日、ちょっとブックオフを見つけたので人目をこっそり気にしつつ、少女マンガの棚に行ってみたんですよ。そしたら文庫版で例の「200万の乙女のバイブル」があったんですな。この「200万の乙女のバイブル」ってキャッチフレーズをご存じの方、いらっしゃるでしょうか……? 一定以上の年齢の方ならピンと来るハズ。そう、そのキャッチフレーズが付いたマンガは『星の瞳のシルエット』と云います。
もう、私自身どんなストーリーだったのか細かい部分は忘れているんですけれども。。で、大人買いしちゃおうかどうか迷ったんですが、何となく「今読んじゃうと興ざめ」しちゃうんじゃないかと、思って結局買わず。んで、横に置いてあった、谷川史子の文庫本『ごきげんな日々』と『外はいい天気だよ』を購入。こちらも少女マンガ。
で、こっちの二冊は谷川師の『りぼん』後期(『りぼんオリジナル』とか『クッキー』を含む)の作品が収められているって感じのもの。一応、単行本も全部持ってますし、再録ですから必要ないっちゃないんですが、ここまで谷川道を極めちゃうと、ついつい、ね。


さて話を戻しましょう。
作中時間で「今」から何年も前、絵梨と美加の心霊研究部のコンビは、学校に存在する七不思議を探索しようとして、神隠しにあってしまいます。
そして姉と同じ高校に入学した、絵梨の妹の由美は、放課後、友達と一緒に「こっくりさん」をやることに……。
これが、「北水由美の章」の概略ですね。そこでご多分に漏れず、怪異に逢い、そこから逃れる中で、神隠しにあった姉の存在と出会って……という感じ。

この章で全てのエンドを見ると、次の章である所の「七不思議の章」に進むことが出来ます。
そこでは、こっくりさん事件から暫く経った由美が、友達と共に夜の学校に忍び込み、姉たちの消息を探る、という趣になっています。
で、やっぱりこちらも全てのエンドを見ると、本作の本当の始発部(つまりサンドウィッチの反対側のパンの部分)を見ることが出来ます。

選択肢自体は、そこまで難解ではないですねぇ。
一応、システムもしっかりとしたものですし、こまめにセーブをとり、あれこれ試せば全部のエンドを見ることが出来ると思います。ただ、「北水由美の章」と「七不思議の章」それぞれで、全てのエンドを見ないといけないので、そこが少し面倒かも? エンドリストも実装されてはいるのですが(昔プレイした時には無かった気が……)、数が多いとやっぱりちょっと大変ですよね。

選択肢の多さ(≒バッドエンドの多さ)で、怖がらせるタイプの作品じゃなくて、寧ろストーリーとしては一本筋が通っていて、結構感動的な所に落とし込むタイプですから、ここまでエンド数がなくても良かったんじゃないかな? なんて思いますね。ストーリー本体をもうちっと容易に追っていけるようなタイプの方が良かったのでは? という事です。
敢えて云えば、なんですけれども、作品の傾向、というかタイプとエンド数の処理に若干齟齬がなくもない、みたいな。


上手く云えずもどかしいのですけれども、作中世界に於いて「時間」的なものを積み重ねて重層的にしていくと、やはりストーリー自体も厚みが出てきますねぇ。
そもそも「世代が代わる」みたいな演出は、日本人の好みなんだそうで(別に日本人に限らないと思うけど)、そういう意味でも普通に面白く遊べましたよ。

個人的に凄く良い意味で、気になったのは、オールクリアー後に見ることが出来る、「次回予告」です。
どうやら、今度は卒業生が教育実習生として、この学校に戻ってきて……というお話になっているようです。ってそちらも一度プレイしているのですが。。 
本作は本作で完結したものでありつつも、次回予告で「これもやらなきゃ!」と思わせるような演出があって、やっぱり上手いんだと思いますねぇ。
分析的な目でみちゃうとアレだけれども、古典的ですが、結構「感動させる演出」みたいなものもしっかりしていますし、ね。


近々、是非第二弾、第三弾、そして第四弾をプレイしたいです。
さて、風呂にでも入りながら、今日買ってきた少女マンガを読むことにしましょうか。


それでは、また。


※追記

そういや、一番最初に出てくる「新聞記事」でのタイプライターの音が、何だかうるさかったので、「こんなのはどうよ?」的にちょっくらタイプライターの効果音、作ってみました。制作時間3分。超お手軽制作ですな。
興味があれば、ご試聴下さいませ。こちらからどーぞ。

by s-kuzumi | 2009-08-26 22:35 | サウンドノベル