人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:宣伝 ( 4 ) タグの人気記事


2011年 05月 01日

久住女中本舗ニコニコ別館を作ってみた。

道玄斎です、こんばんは。
なんか雨が鬱陶しいですねぇ……。こういう日はどうも今ひとつ調子が出ません。



■というわけで作ってみた

こうやってブログを書いたり、或いはたまーに行われる(或いは行う?)ネットラジオ放送で活動を続けてきたのだけれども、ちょっと流行に乗ってみるか……という邪念が頭を過ぎり、ニコニコ生放送でコミュニティを作ってみました。

コミュニティはこちらからだうぞ。

既に二回くらいテスト放送はしているんですが、如何せんコメントが無いので、果たして放送が出来ているのかどうか、非常に怪しいですw
何だか良く、仕組みが分からないのですけれども、これって参加人数が増えるとレベルが上がるって認識でいいのかな? 

で、プレミアム会員でないとレベル上げに貢献出来ない。更に或るレベルに於いて参加人数の上限がある。
って事みたい。
まぁ、自分でフリーのメアドを大量取得して、アカウントを作り、そのコミュニティに参加。結果、無理やりレベルを上げて、「俺のレベルを見よ!!」って嘘付く事も出来ますからね……。そういうのを防ぐ為、なのかな?

となると、現段階でレベルが1なので、非常にヤバい感じですw
ここらへんは仕組みの問題で、全然理解出来ていないのですが、現在レベル1で参加者2人。で上限が5人。という事は例えば、あと3人一般会員の人が、このコミュニティを登録したら、もう詰み、でしょうか?w
上限まで達してしまえば、どうしようもなくなっちゃいますもんねw

なので、もし「よし、聞いてやっか」って方で、且つ、プレミアム会員の方がいらっしゃいましたら、どうぞ入ってやって下さい。
って、完全に今回は宣伝ですね……。


先に、流行に乗ってみたかった、って云いましたけれども、勿論、それだけじゃありません。
自分の肉声……で話す事で、文章だと伝わりにくい微妙なニュアンスを良くも悪くも伝える事が出来ますし、同好の士が集まれば楽しいですし、自分自身のモチベーションを維持する為にも悪い手じゃないかな? という気はします。
いざとなったら、やめちゃえばいいんですから、気が楽です。

同好の士と語らいたい、って発想は、既にあるNCに似てますけれども、それを放送、でやってしまおう、といいうわけです。
意外と、コメントビューワーとかデスクトップキャプチャーとか、棒読みちゃんとか、色んなソフトの設定が必要でてんてこ舞いです。

で、多分、ネットラジオの時と同じくらいには放送出来る……状態だと思うので、良かったらご試聴下さいまし。
ここで、今宣伝して、どれだけ人が来てくれるのか、非常に怪しいのですが、今日の午後10時くらいをメドに、テスト放送ver.0.3をやってみようかな、っと。例によってヴァージョンがやたらと細かいのは仕様です。


まだ、具合があんまり良くなくて本調子じゃない上に、風邪気味なのか声が掠れていますけれども、それでも構わん、テスト付き合ってやんよ! って奇特な方は是非是非!



というわけで、宣伝でした。

それでは、また。

by s-kuzumi | 2011-05-01 17:57 | 日々之雑記
2009年 02月 05日

なんてことない日々之雑記vol.174

道玄斎です、こんばんは。
もう、暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続いております。
皆様は如何お過ごしでしょうか?



■お寿司屋さんと私。

いや、なんか、知り合いがですね、何故か分からんけれども自分の家の近所にあるお寿司屋さんを大プッシュしていて、やっぱり何でか分からんけれども宣伝部長みたいな事をやっているようです。でもって、先ほども電話が掛かってきたりして、ブログの設定やらを少しお手伝いしたりしたらこんな時間になりにき。

私にも「是非、ブログで宣伝してくれ」と云ってきたので、ちょいと宣伝をw

鮨処 千景


というお店です。
「ちかげ」に非ず、「ちひろ」也。
東京は北区かな? ネコが多い街で有名な北区ですw 近所には王子という土地が御座いまして、江戸時代はちょっとした名所で御座いました。
大晦日になると、狐火が見える事でも有名。装束稲荷という神社もあって、神社仏閣ファンなら是非一度遊びに行ってみて下さい。あっ、ちなみにお店のブログは私は書いてませんよ? 同じようなタイプの友人が書いているから微妙に文章が似てるだけw

で、そうやって古式ゆかしい日本文化に触れたあとは、是非鮨処千景にてご休憩下さいましw 実は私自身は行った事はないのですが、どうやら安くて旨い、というコンセプトのお店だそうで、鯨のたたきとか、少し変わったメニューや創作料理も充実している、との事。
お近くにお立ち寄りの際は是非、ご来店下さい。

って、なんで俺がこんな宣伝してるんだって話ですがw



■ソヴィエト製のシンセサイザー

何か、フリーのソフトシンセを求めてフラフラしていたら、ソヴィエト製のシンセをいくつか発見。多分、実機をエミュレートしたヤツだと思う。いくつか落としてみて音を出してみたら、意外にも好みの音が多くて吃驚。
普段だったら、「DTM勉強会」なる謎のタイトルと共にお送りするんですけれども、まぁ、軽い一発ネタなので、日々之雑記にて。

というわけで、簡単なレビューみたいな事をしてみませう。


・Alice-1377

名前が、ソヴィエト製とは思えない程可愛い感じです。
素直な音が出てきます。面白いのは、割と民族っぽい音が入っている点。
プリセットに「チベット」とか「アラビック」とか、そういう音が。鳴らしてみると確かにそれっぽい……。


・Polyvoks Station

完全に私好みの音が鳴る、掘り出し物。
これもクセがなく使えると思いますが、プリセットが少なめ。
個人的にはLead系の音がとっても素直で、好き。いかにもなシンセサウンドが出てきます。FXの海の音は、寒い国の海! って感じの音で、そのまま効果音として使えそう。インターフェイスもカッコいい。お勧め。


・SubsTractor

これはベース系の音が多く入っています。でもって、プリセットは少ない。
クセもある気がする。微妙に「プチプチノイズ」が入るのは、私の環境の問題か?
どうでもいい事ですが、プリセットのElectro Gateを鳴らしてみたら、「冒険の書が消えた」時の音に似てた……w トラウマを呼び起こしやがって……w


と、まぁこんな感じ。
ダウンロード出来る場所には、プリセットも付属しているハズなので、一緒に落としてフォルダの中に入れておいてやりましょう。
基本的に、これらのシンセはインストーラーがついています。普通にVstpluginのフォルダを指定してインストールしてやれば問題ないと思います。

それにしてもPolyvos Stationいいねぇ……。
こういうシンプルなシンセ音が欲しかったんだよねぇ。
高いソフト音源を買わなくても、フリーであれこれ探せば結構使えるものがゾロゾロ見つかるよ、ってなお話でした。もし、これらのソヴィエト製のシンセに触れた事がない方がいらしたら、是非試しに遊んでみて下さい。楽しいですよ?



■長目のゲームをプレイ

ここ数日、少し時間を掛けて長目のゲームをプレイ中。
昔プレイしたもの、ではなく、今回新たに落としてきたものです。容量が100MB越えですから、結構長い。チマチマとプレイしていきたいです。

いやぁ、実は結構忙しくなってきて、色々な悩みも増えて心おきなくゲームを楽しむ事が出来なかったりするんですけれども、そういう時こそ余裕が大切(と自分に言い聞かせる……)。
まぁ、いつも通り、のんびりマイペース更新で頑張ります。


それでは、また。

by s-kuzumi | 2009-02-05 02:21 | 日々之雑記
2008年 09月 30日

フリーサウンドノベル関係の雑記 箸休めvol.22

道玄斎です、こんばんは。

少し前に、ちょいと私の活動についてお話したわけですけれども、大体の完成形が見えてきたので、ここで告知させて下さいませ。



と、まぁ、そんな企画に参加させて頂いております。
勿論、「やらせてください!」と立候補しています。何しろ、私の活動の最終目標はこういう所にあるわけで、且つこの企画が「ジャンル布教用」の為という大儀があるわけですから参加しない手はないのです。

執筆者のリストがサイトから見れると思うのですが、界隈では有名な方が多数参加されておりますし、私自身が取り上げた事のある作品の作者様も多く参加なさっております。

で、私は「同人ゲーム布教用」という企画で何を書くのか? と言えば「フリーのノベルゲーム」についてです。まぁ、いつもと全く変わりませんねw
ただ、やはり全体を或る程度概観出来るような、そういう記事を書いているつもりです。その分、個々の作品に関しての解説は少なめに。一般の人にフリーのノベルゲームに関心を持って頂けるような、そして既にフリーのノベルゲームが大好きな人にとってはちょっとニヤッと出来るような(立ち絵無し、一枚絵無しの作品に触れたり、ね)、まぁそんな記事が書けたらいいな、と。

例によって勢いでガシガシっと書いて、原稿用紙21枚にも及ぶ第一稿を提出してしまったのですが、編集の方が綺麗に分量を下げて下さったので、完成したものは、約半分くらいになる予定です。少し、物足りないなぁ、と思わない部分もあるのだけれども、他の方との兼ね合い、そして「読みやすさ」を考えるとそのくらいがベストかな、と。
正直、そこまでマニアックにしすぎちゃうと問題があったりするので(けれども、歴戦のプレイヤーがにやりと出来る部分は入れたい)、そのあたりのバランスを調整しつつ完成させていきたいですね。


大体、こんな所かな?
今回は、ちょっと宣伝になってしまいましたが、完成された本は来年の5月、コミティア88にて頒布予定です。私の担当記事はともかく、ノベルゲームを愛する人、既に作っている人、そしてこれから作ってみようと思っている人にとって有益な情報が満載のムック本になるハズですので、宜しくお願い申し上げます。

ではでは。


P.S

そういえば、グッバイトゥユーのテスト版4がリリースされましたな!

by s-kuzumi | 2008-09-30 19:59 | 日々之雑記
2007年 11月 04日

告知、というか宣伝。

道玄斎です、こんばんは。


今日は、ちょっと告知というか宣伝をさせて下さい。
以前、本ブログにて「さくらミント」さんの『月照~ツキノテラス~』という作品のレビューを書かせて頂きました。

それが縁で、今回冬コミにて発表なさる『月照~ツキノテラス~』パッケージ版のライナーノートを書かせて頂く運びとなりました。
特設ページにて、情報が公開されておりますので、是非そちらもご参照下さい。


今回、パッケージ版という事で、ゲストシナリオ、ゲストイラストなどが付いております。
いや、凄い豪華ですねぇ……。

ゲストシナリオをお書きになっている方は、恐らく現時点で最大規模のフリーサウンドノベル『Bye』を制作なさった「トラウムブルグ7番地」のポチくんさん。更に、この界隈で今最も元気のいい「あおぞら幼稚園」の雪双葉さんです。

そんな豪華ゲストの中に、私こと道玄斎の名が……w
いや、全く烏滸がましく又、恥知らずな事でありますよ。けれども、頑張ってライナーノートを書きましたので、読んで下さる方がいらっしゃたら幸いです。

まぁ、私のライナーノートはどうでもいいので、是非パッケージ版『月照~ツキノテラス~』をお手にとってみて下さい。
ウェブ上にて公開されていたものに加えてゲストシナリオなどの+αがばっちり利いて、更に深く『月照~ツキノテラス~』の世界を楽しめるようになっています。


別にライナーノートを書かせて頂いたから言うわけじゃないんですが、本当に良質の余韻を持った良い作品です。
興味を持たれたら、まず「さくらミント」さんのページを、余力があれば私が書いたレビューでも読んでみて下さい。そうそう、ベクターの方でもレビューが掲載されておりましたので、そちらの方も。


今から冬コミが待ち遠しいですね。
以上、宣伝でした。

by s-kuzumi | 2007-11-04 21:59 | サウンドノベル