人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:少女素数 ( 2 ) タグの人気記事


2010年 11月 17日

なんてことない日々之雑記vol.319

道玄斎です、こんばんは。
今日はゲームのレビューも書いたんですが、何となく手持ちぶさたなので日々之雑記も追加する事にしてみましたw



■『少女素数』の二巻購入せり

以前、書いた事のある『少女素数』というマンガ、その第二巻が出ていたので、さっくりゲット。
いや、実は「少女素数」というキーワードでこのブログに来る人も結構いるみたいで、いつも申し訳なさを感じていたわけですが、晴れて二巻をゲットしたので、少し記事に出来ますね。

もう、ね、帯についてるキャッチフレーズからしてイカす、なんてもんじゃないんですわ。

14歳。まだ「おんなんこ」、でも「女の子」。

なんて書いてあって、このコピーで「ピン」と来た人は是非、一巻からのご購入をお勧めしておりますw
これ、何度も書いてますけれども、私が一番惹かれる……というか魅力的だな、と思う女性の年齢は「14歳」なんですよね。
や、勿論、リアルでって事になると、また色々な問題が生じるので、現実とフィクションの区別はちゃんと付けてます! 多分……w

兎に角、あんずとすみれという双子のハーフの女の子を描きながら、「女の子っぽさ」っていうか「少女性」みたいなものをグイグイ魅せてくれる稀有なマンガ。
強烈な引きやオチこそ無いものの、ゆっくりとそして確実に心の中に何かが沈殿していく感触が味わえます。

今回、特に「おお!」と思ったのは、episodeⅦですかね。
敷島君という男の子を通じて、女の子の不思議さやそれに伴う可愛さ、みたいなものを追体験させてくれる……そんなエピソードでした。
このエピソードを見た時、「こういう事あったよな!」と思わず昔を思い出して頷いてしまいました。もう、「いつ」「どこで」「だれと」という肝心の部分はすっぽり抜けてしまっているのだけれど、確かに、こういう事があった、というのは分かるんですよね。敷島君を追体験しているようで、誰しもが経験しているであろう「男の子としての個人的な体験」すら追体験させられてしまう、という凄いお話だった、というわけです。

とか、何とか私が書くと、「どうせ萌えマンガなんだろ?」と斜に構えた見方をする人がいるかも、ですがw 単なる萌えとか、そういう俗っぽさはかなり少なめだと思いますよ(勿論、可愛さ、という意味では最大限だけど)。

少女漫画の切ないシーンを読んだ時とは、また一味違う「きゅんきゅん」が味わえる事請け合いです。
超お勧めのマンガです。潤いの足りない現代人の男性に、是非!w



■RHODIA続報

ちょっと前に、愛用の文房具としてメモ帳のRHODIAをご紹介した記憶があるのですが、最近、益々RHODIA熱が高まっていて……ついに№11のカバーまで購入しちゃいました。

それだけに留まらず、細長い№8とかも気がついたら購入してしまいました。
うーん、このサイズは……面白いサイズ……ではあるけれども、効果的な使い方が思い浮かばない……w

けど、このメモ帳、本当に便利で「メモを取る」という、めんどくさい……というか何てこと無い動作をちょっと楽しく華やかにしてくれる、そんな気がします。

結局、使うサイズは固定されてきていて、所謂普通のメモには№11。アイデアを出したり、ちょっとした図を書いたり……って時には№16です。

この№16の絶妙なサイズがいいですよねぇ。ノートほど大きくなくて、かといって「メモ帳」という程小さくない。それにミシン目のお陰で、一枚づつぺりっと気持ちよく切り取って使用出来ます。
サイズ的に云ったら、A5とからしいんですが、結局途中から切り取れる為、「メモ出来る領域」はそれよりも縦が2cmほど小さい独特なサイズに……。
絵とかも全然普通に描けますし(私は描けませんけどw)、方眼紙仕立てになっているから、グラフを描いたりとかも楽々。
ただ、まぁ、ノートのように日次で何かを記して、それを残していく……みたいなそういうタイプじゃないんですよね。
書いたら/描いたら切り取る。切り取ったら書く/描く。と、やっぱりメモ帳的なそういう使い方が向いている気がします。



おっと、結構いい時間になっちゃいましたね。
ま、なんてことない日々の雑記、ですが、何かお役に立てる部分などがあれば幸いです。



それでは、また。

by s-kuzumi | 2010-11-17 23:30
2010年 03月 16日

なんてことない日々之雑記vol.279

道玄斎です、こんばんは。
もう、人によってはお早う御座います、の域に差し掛かっているかもしれません。



■眠られぬ夜の丑三つ時

今、これを書いている瞬間は午前三時半ジャストなんですが、所謂真夜中ってヤツです。
ちょっと色々と今日はあって、考える事が多く、眠れなくなってしまいました。

時々、ですけれどもこうやって、考え込まざるを得ないような事が起きたりします。
お酒を持ってきたので、これを書きつつ呑んでいたら、少しだけでも眠れる事でしょう。

何か悩んだり考え込んだりっていうのは、生きている以上絶対に起こる事で避ける術を私は知らないのですが、そういうもんだ、と頭の中で分かっていても、実感としてやりきれない気持ちになったりもしますよねぇ。
で、こういう時の為にお酒なるものがあるのも亦事実なので、さっくりと呑んでいきますw

そういえば、まだ日付が変わる前、「こりゃ、今日は延々と考え込むモードだな」と腹を括るあたりで一瞬「煙草買いに行こうかな……」という邪念が頭を過ぎりましたw
そうなんです、私の場合、元々こういう思考ループ状態の時に「煙草で気を紛らわす」という手法を採っていて、それが喫煙という習慣になってしまったんです。ですから禁煙の為にはここが踏ん張りどころ。
甘い物を食べたり、毎日お世話になっている電子タバコを使用したり(ただ、そんなに電子タバコがなくても口寂しくなくなってきた。良い傾向?)して、誤魔化しました。大体、自分を誤魔化すのは得意なんだw

精神衛生の為には、こうやって適当に文章を綴るっていうのは、凄く良い事なんですよね。
書いてると確かに気分が楽になってくるし、眠れそうな気がしてくる。



■またしても神マンガ

今日も神マンガ発掘のお話。
少女マンガ……ではないですけれどもね。

今日のマンガは『少女素数』。
これは絶対に買おうと思っていたマンガで、ついに今日ゲットしました。長月みそかさんという方がお描きになっているわけですが、どうやら本業はマンガ家ではなくデザイン関係のお仕事をなさっている方のようです。
「ようです」、なんて云っちゃいましたが、実は大ファンですw

この方の出された単行本は全部持っているはずです。
『少女素数』の前に連載していた『HR』というマンガの凄さは、何度かこのブログで書いていたりもしました。なんか、もう神掛かってましたからねぇ……。

この方のマンガ全てに云えるであろう事は、「切なく痛い」マンガである、という。
「甘やかに痛い」でもいいんですけれども、不思議な事にマンガという媒体から受ける感傷というよりは、小説から受ける感傷みたいな、そういうダメージの入り方をしてきて、胸がきゅんきゅんとw

少女性みたいなものを描きくってのがテーマの一つと思しいわけですが、肝心の少女が中学一年生という辺り、流石に分かっていらっしゃるw
個人的には14歳辺りかな? という感じなんですが、まぁそこらへんは許容誤差でしょうw

多分……まず間違いなく天才の一人なんです。この方は。いや、ホント。

「可愛い」けれども「あざとくない」
「やさしい」けれども「しつこくない」
「懐かしい」けれども「古くない」

そんな感触の作品を創るって凄いですよ。

ここいらで話を少女マンガに戻すと、まさにこういう印象を、私は谷川史子のマンガに感じていて、それが故に彼女のマンガが凄く好きなわけです(やっぱり初期の頃が一番好き)。
ちなみに、谷川史子も新刊が出まして、『おひとりさま物語』の二巻目です。買ったはいいけれども、未読。やっぱりこういう或る意味で凄くシビアな結婚モノよりは、中学生高校生の恋愛とかの方が好きなんだよねぇ……。とはいへ、まだ本丸の『清々と』があるから、谷川史子からも目が話せないのでした。

そろそろ書庫、マンガが他の書籍を圧迫してきました……。
自分基準のタイムプルーフを経て、厳選されたマンガが揃っているハズなんですが、それでも結構な量に。是非、お近くにお立ち寄りの際は、私の書庫、覗いていって下さいまし。一応私設図書館でもあるので、貸し出しも行いますよw 


さて、随分と良い心持ちになってきました。
お酒を呑んで、好き放題書き散らかしてw 今から一眠りしてきます。
それでは、おやすみなさいませ。

by s-kuzumi | 2010-03-16 04:09 | 日々之雑記