人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:時計塔へ ( 2 ) タグの人気記事


2008年 07月 28日

フリーサウンドノベルレビュー 『時計塔へ -La Danse Macabre』

b0110969_205442100.jpg

今日の副題「Le mal dont tu deburas mourir」

ジャンル:幻想ノベルゲーム(?)
プレイ時間:1時間半くらい
その他:選択肢無し、一本道
システム:NScripter

制作年:2008/7/14
容量(圧縮時):70.0 MB




道玄斎です、こんばんは。
今日の東京は曇り空。昨日までは茹だるほど暑かったのに、今日はなんだか生ぬるい空気でした。こういう気候の変化があると最近、頭痛がするようになってしまいました。もう歳ですねぇ……。

のっけから脱線しますけれども、私の書庫(自分ではカッコつけて私設図書館と呼んでいたりする)は、それなりに本が収まっているので、たまに閲覧願いが来る事があります。「~という本はあるか?」という問い合わせです。あんまり出回っていない本だったりするわけですが、若い頃から根性で本を集めたある種特殊な書庫ですので、意外とニーズに応える事が出来たりします。今日来た問い合わせでは、某アジアで三番目に蔵書量が多い某図書館でも見つからなかったという、とある本に関するものでした。
実はそういう本って、中央線沿線の古本屋とかに普通に売ってたりするw
その本は私の書庫にはあったんですが、それは「新しいヴァージョン」が出版されていて、古いヴァージョンのものを確認したい、という問い合わせでした。たまに本ってヴァージョンが上がると校訂している人が異なっていたり、底本が異なっていたりします。
「FAXで必要なページをお送りいたしましょうか?」と聞いてみた所、FAXが今使えないそうなので、明日直接、必要なページをコピーしていただく予定です。

で、例えば大きな聖堂みたいな図書館の隅っこ。そこに幻想小説なんて棚があったとして、誰かに読まれるまでひっそりと眠っている本のような、そんな作品のご紹介。
空と雪」さんの『時計塔へ -La Danse Macabre』です。
前作もレビューさせていただきました。独自の世界観と少し暗めの雰囲気が魅力の作品でした。
良かった点

・独特でオリジナリティのある世界観

・緻密に書き込まれた、独特の雰囲気を持つ幻想的な背景。


気になった点

・前作をプレイしていないと、理解しづらい部分が。

ストーリーは、サイトの方から引用しておきましょう。
疫病で両親を失った、エリーとミミ(妹)とおじ(母の兄)は三人で暮らしていました。
けれど、おじは軍に戻らなければならないので去ってゆきます。
夢の中(?)で、エリーが過去の日々を思い出してゆく話です

こんなストーリーになっています。

出来たら、先ず前作の方からプレイしてみると良いと思います。
そこまで直接的に繋がらないものの、やはり前作と続いている部分があるので、本作をより楽しむために前作をプレイしておいた方が良いかと。

で、今回もエリーが主人公。
割と時間軸が行ったり来たりするので、「今がいつなのか?」というのを把握する為にも、やはり前作のプレイを推奨しておきます。そこらへんの事情で今回は無印にしてあります。

さて、サブタイトルの「La Danse Macabre」、たまーに耳にする言葉ですよね。
フランス語なのですが、日本語に直すと「死の舞踏」という事になります。美術史西洋の歴史に詳しい方はすぐにピンと来るはず。
老いも若きも、男も女も、聖も俗も逃れがたい死に恐怖して、踊り続けるっていうアレです。有名なのが骸骨が踊っているという絵ですかね。

今、ちょっと調べてみたら、実際に墓地なんかでみんな集団ヒステリーを起こして踊り狂っていたみたいです。それを芸術という形で表現してそちらの方が今は有名になってしまっていますが。時代背景としてペストの流行が一役買っているわけですが、本作もそれに準拠するかのように、謎の病が流行した街が舞台です。
ただ、ペストとは明確に示されていませんよね。それにペストは「黒死病」ですから、皮膚が黒くなっていくわけで、そうした描写もない事から、物語の中で「流行病」(はやりやまい、でしょうね)と表現される病気とペストは別物、と考えた方がよさそうです。

本作の大きな特徴は、後述するイラストだけでなく、実は文章にもあったりします。
というのは、何だかとても詩的で「小説」っぽい印象を受けるのです。
だららっと流し読みが出来ない、ノベルゲームでは珍しい文体でストーリーが綴られていきます。
そういえば、かなり明確な形で「章」を意識させる演出もあります。他の作品だったら例えばアイキャッチで場面転換してしまう所に「章のタイトル」+「サブタイトル」を示して場面を転換させていく。

正直、ノベルゲームを「ゲーム」として見たときに読みやすいか、って言われたらそれは読みにくいんです。どちらかというとゲームというよりは、本当に小説、なんですよね。
そういうスタンスが或る程度明確になっていると思われますし、世界観と文章のリンクという意味ではやっぱりマッチしているというか、親和性が高い文体だと思います。
これが普通の幼なじみの女の子、妹系の女の子、口が悪くて手が早いクラスメイトみたいなヒロイン布陣のゲームで同じ文体だったら、何かとってもカオスなものになってしまいそうですがw

文章という話で、少しだけ脱線してみます。
「・・・」とか「・・」とかそういうのありますね。リーダっていうんですが一応、基本があります。一つだけ覚えるべき基本として

・三点リーダは二つ続けて使う

という原則が一応あるんですね。
というのも、本作の場合「・・・」や「・・」が併存しているわけで、実は「二点リーダはあまり使わない」んです。気になる、という程でもないんだけども、折角の機会だからちらりと解説させて下さいな。

兎にも角にも、基本は「三点リーダを二つ続けて使う」なんですね。
割と、このリーダの使い方で見栄えが大きく変わったりするので、意外と侮れないポイントだったりします。
又、「・・・」とするよりは、私だったら「…」かな? それも二つ続けるのが基本ですから「……」とします。まぁ、この辺りは本筋とは全然関係ない枝葉末節ですし、商業ゲームのプロの文章であっても三点リーダを二つ続けない人もいますから。三点リーダは二つでワンセットですから「……」とするのがスタンダード。けれども倍にして「…………」とすればリーダの長さも確保出来ますね。
あと敢えて一点挙げておくとすれば、

・「?」「!」の後はスペースを空ける

というものもあったりします。これも一応原則ですから、守る必要は必ずしもないのですが、「?」のあとにすぐ文章が続くと少し「詰まった」感じに見えない事もない。勿論、文末ではスペースは空けなくていいですよ。
試しに適当に文章を書いてみましょう。

「えっ?地面に落ちてたたこ焼きを食べたの?」

「えっ? 地面に落ちてたたこ焼きを食べたの?」

「えっ? 地面に落ちてたたこ焼きを食べたの?」

三つ並べてみると、微妙に見た目が違うのが分かると思います。一番目はスペース無し。二番目は半角スペース入り、三番目は全角スペース入りです。
どちらがいいかは、好みにもよると思うのですが、個人的には半角であれ全角であれスペースはあった方がいいかな、と思っています。多分、基本は全角なんですが、半角も中々悪くないですね。


又しても脱線しまくったので、ここらで軌道修正。
先にちらりと触れた「イラスト」に関してです。例えば人物のイラストは決して上手いわけじゃないし、今流行のタイプの絵柄でもない。
けれども、そこには妙に暖かみがありますし、ラフっぽく書かれたイラストなんてかなり味があるんですよ。個人的に一般的な「巧さ」よりも「味わい」の方を重視したいので、本作のイラスト結構気に入っています。
また、背景がとってもグーですね。凄く緻密に描かれたやはり一種幻想的な絵で、雰囲気が出ています。本当にこの背景は絶品だと思います。中々描けませんぜ?

ストーリー的な部分は、もう先に引用した部分が大枠としてあって、それに加えてエリーの過去で、家族四人で暮らしていた頃、そして両親との死別とその時のエリーの行動みたいなものがメインとなります。あんまりこう、ドラマティックな展開があるとか、あっと驚く仕掛けが、とかそういうのはないのですが、少しダークな雰囲気が私は好きだったりします。


一篇の幻想小説のような趣の作品です。
独特の世界観や雰囲気をより楽しむ為に。是非、前作と併せてプレイしてみて下さい。

それでは、今日はこのへんで。


PS.今サイトを見てみたら、本作の配布を停止なさるという告知が。うーん、残念。。問題があれば削除しますので、そのときはどうぞ仰ってくださいまし。

by s-kuzumi | 2008-07-28 21:06 | サウンドノベル
2008年 02月 24日

フリーサウンドノベルレビュー 『時計塔へ -ciel et neige』

b0110969_61073.jpg

今日の副題 「Il neige sur......」

※吟醸
ジャンル:ちょっと暗めのお伽噺
プレイ時間:一時間半くらい
その他:選択肢なし、一本道。ややダーク風味。
システム:Nscripter



道玄斎です、お早う御座います。
今日もまだ眼帯付けてますが、頑張って書きますよ?
眠る前にちょっとだけプレイしておこうかな、と思っていたら、あまりにも直球の私好みの作品で、ついついこんな時間になってしまいました。なんだか、ここ最近、良質の作品が増えてきてプレイヤーとして本当に楽しいです。

というわけで、今回は「空と雪」さんの『時計塔へ -ciel et neige』をご紹介いたします。
良かった点

・エリー、ミミの姉妹の設定が嫌みがなくて、私好み(特にエリー)w

・音楽や背景などが作品の雰囲気にばっちりあっていて、多少暗い雰囲気ではあるものの、良い演出が多い。

・(やっぱり暗めではあるものの)独特の雰囲気がたまらない。


気になった点

・誤字などが少し目に付いた。惜しい所。

・意外と難解な所がなきにしもあらず。

ストーリーはサイトの方から引用しておきましょう。
私(メリー)と妹(ミミ)は幼い頃に疫病で両親を失い二人で生活をしていた。
金銭的名面は、母の兄あたるおじさんに支援してもらえていたので
ある程度の生活を送ってはいたけれど・・ 

※原文ママ。恐らく「私(メリー)」は「私(エリー)」と思しい。

こんな感じです。

「空と雪」さんの作品は以前『春になると』を取り上げた事がありましたね。
『春になると』もそうだったんですが、本作も独特のセンスが光る作品だったと思います。正直、物凄い私の好みです。

NScripterのカスタマイズもそうですし、イラストも磨きが掛かって更にワンランク上がったな、と素直に感じました。ちょっと偉そうですみません……。

作品の雰囲気自体が割と暗めです。加えて結末部分も素直な大団円のハッピーエンドっていうわけでもありません(よね?)。
或る意味で、暗い影を残したエンドで印象的でしたが、「ハッピーエンドじゃなきゃいや」って人には合わないかも。

エリーとミミの姉妹の描き方が良かったですね。
ミミは純粋な妹で、エリーはしっかり者のお姉さん。ミミの発話なんかを見ると、彼女の性格というか性質が、へんてこなギミックを使わなくてもばっちり理解出来ます。それはエリーもそうで、彼女の語る言葉にエリーというキャラクターが存分に反映されています。
或る意味でこの姉妹の造型そのものが分かりやすいって面もないわけじゃないのですが、それでもしっかりとした描写力を感じさせます。

実は、プレイする前は本作は「ファンタジー」に近い作品だと思いこんでいたのですよ。
で、冒頭部をプレイしていったら、意外と「現実世界」に近い手触りでびっくりしました。そうね、産業革命後の倫敦みたいな、ちょっとそんな感じかしらね。
電気は通っているけれども、その恩恵に与れるのは一部の富裕層だけ。エリーとミミの姉妹は昔ながらのオイルランプや薪を暖炉にくべて生活しています。
こういう、なんていうか「生活実感」みたいな描写も中々なものがあるのではないでしょうか。

プレイを進めていくと、何となくダークで「ほの暗い」感じのする雰囲気を持った作品である事に気がつきます。いっつもいっつも明るい学園モノばっかりプレイしていると食傷気味になってしまいますしw こういう作品は本当に貴重。

前半部はエリーとミミの慎ましやかな生活が描かれます。
ここを或る程度の時間を掛けて丁寧に描写した事で、プレイヤーがキャラクターに思い入れを持てるのではないかと愚案する次第。正直、プレイしていてエリーに惚れそうになりましたからw

後半部分、何となく急展開な気がしないでもないのですが、平和な日常は消え去ってしまいます。一応、前半部で伏線は張られているんですよ?けれども、やっぱりちょっと唐突な印象があるかな。で、物語は更にダークな方向へ進んでいく事に……。
どういう事件が起きるのか、どうダークな方向へ進んでいくのか、は実際にプレイして確かめてみて下さいね。

さて、イラストについて触れなければならないでしょう。
前回『春になると』のレビューの「気になった点」にて私は、

・イラストはお世辞にも上手とは言い難いw

と書きました。正直な所、かなり人を選ぶ絵かもしれません。
けれども、フックがあるというか、妙に気になる絵なんですよ。凄く味わい深い。前回の時よりも本作では更に絵に磨きも掛かっています。けれども作者様の持ち味みたいなそういう部分は変わらない。

実は、私もこっそりノベルゲームを作ろうなんて考えていて、最近制作はストップしているものの、割といつもあれこれ考えています(ゲームの制作がストップしている代わりに音楽を二曲ほど作ってみましたが)。
で、イラストって本当に描くのが難しくて、頭の中にあるイメージをトレースすればいいんだろう?なんて考えていたら手痛い目に遭いました。確かに努力で何とかなる部分っていうのは大きいのかもしれないけれども、やはりある種の「才能」がないときついよなぁ、と感じています。

で、「もし、自分がノベルゲームを作って、且つ絵を外注するとしたら誰に頼むか?」という問題をこの前ずっと考えていたのです。過去にレビューした作品を全部見返してみて、勝手に結局二つ・三つに絞ってみたのですが、その中に「空と雪」さんをノミネートしてしまいました。
単純なイラストのレベルみたいな話で言えば、もっと上手に描く人はいるかと思いますが(そもそも上手い/下手なんて主観的なもんだしね)、「雰囲気」や絵の持つ「手触り」なんかが、私の趣味に凄く近いんですよね。

最近、特に私自身が違和感(?)を感じているのが所謂「アニメ塗り」みたいな、あの手のタイプのイラストです。誤解しないで欲しいのですが、そういうテイストが嫌いっていうんじゃないんです。
ただ、自分の中でのイメージや求める雰囲気を考えていくと、ラフの線が少し残ってしまっているような、そのくらいのイラストで且つ塗りに関しても「アニメ塗り」じゃなくて、もっとオーガニック(何となく雰囲気でオーガニックって言っちゃったけど、自分でも結構意味不明だなw)な感じの塗りが好きだという事に気付いたのです。

だから、本作のイラストはなんか物凄くゆかしい感じを受けました。
正直な所、男性キャラはちょっとw なんですが、女性のキャラは凄く魅力的。だから、本当はもうちょっと一枚絵があっても良かったかなぁ、なんて思いますね。
特に後半部に集中して一枚絵が出てくるわけで(といっても全体的に少ない)、前半部にエリーとミミの一枚絵があったら良かったなぁ、と。スクリーンショットで載せた画像は本当にお気に入りの画像です。
絵の描き方とか、使っている道具なんか教えて貰いたいなぁ……。


さて、気になった点としては、そうですね、結構誤字が目立ったように思えます。

「訳」が「分け」

「言って」が「行って」(もしかすると逆かも?)

「離した」が「話した」

になっていた所がありました。あと恐らく「良くないこと」とするべき所が「良くこと」になっているという脱字もあったりして、凄く惜しい。

あとは、意外と難解な部分があって、これは単純に私の頭の出来かもしれないのですが、随所に出てくる「神話」と物語がどうリンクしていくのか、がちょっと分かりづらかった所がありました。


ちょっとダークな雰囲気があるのですが、オススメです。
暗さの中から綺麗なものを抽出しようとしているような、そんな手触りです。
是非、一度プレイしてみて下さい。


※2/24 午前七時半、誤字について書いてある場所で、自分が誤字をしていました。猛反省して修正しました。

by s-kuzumi | 2008-02-24 06:10 | サウンドノベル