人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:生放送 ( 2 ) タグの人気記事


2011年 05月 28日

フリーサウンドノベル関係の雑記 箸休めvol.47

道玄斎です、こんばんは。
今日は箸休め。たまにはこちらも更新しておかないと、ね。



■時に見返すセーブデータ

気に入った作品を、日をまたいで再度プレイする、という事は割と良くあります。
ノベルゲームという作品は一度読了してしまえばお終い、という一回的なものではあるのですが、何度か繰り返してプレイする事で、良さが見えてきたり、初回プレイ時には気づかなかった所に気がついたり……そんな事があるわけです。

そう考えてみると、本なんかと近いかもしれませんね。
同じ本でも、年を取って読んでみると、また読み方が変わったり、凄く響いた作品が、何故か空疎に思えたり。そしてその逆も又然り。

まぁ、それは兎も角、複数回、作品をプレイしていると妙な事に気がつきます。
それは「セーブデータ」に関する問題です。

私だけ……かもしれませんけれども、「どれ、あの作品をもう一回プレイしなおしてみるか……」と思い、ゲームを起動。で、何気なくセーブデータを見ると、まさに「一年前の今日」にプレイしていた事を示す記録が残っていたりします。
そこまでピッタリ一致しなくても、同じ月に毎年プレイしていたり、とかね。

割と、季節感がある作品……だと、そういう傾向があるような気がしますねぇ。
毎年連休になると、アレをプレイしたくなりますしw

とはいえ、季節感が薄い(一年丸々描くような作品だったり、ギャグだったり)作品であっても、やっぱりセーブデータを見てみると、似たような時期にプレイしているんですよね……。
基本的に、ノベルゲームって、「ノベル」であるわけですから、人間の情緒っていうか、そういう所に訴える何かがあるわけです。

そうすると、何かしら「感じやすい」時期に、ある特定の作品をついつい無意識にプレイしてしまう……というのは意外とあり得る……ような気はします。
こういう所、ノベルゲームをプレイしていて、面白い部分ですね。作品本体、とはあまり関係がないけれども、それを享受する側、として楽しめる部分……という感じでしょうか?


何度もプレイしている、「お気に入りの作品」がある方は、是非、過去のセーブデータ、見てみて下さい。意外と、同じような時期にプレイしているんじゃないかと思いますよ。



■結構楽しい生放送

んで、まぁ、何だか最近、やったらめったら例の生放送をやっているわけですが、最近、ご婦人方が来てくれないものか……と思い、それっぽい(?)ゲームを朗読実況、という試みをしていますw

まぁ、所期の目的は果たせている、とはとても云えない状況なのですが、結構面白いですw
私自身、初めてプレイする作品をチョイスしていますから、視聴して下さっている方と「この後、○○になるんじゃないか?」とか「このキャラはもう出てこない……か?」とか色々推理したりして、読んでいきますw
勿論、時に突っ込みを入れながら……。

推理は外れる事もあり、当たる事もあり。微妙に掠る事もありw
ゲームを、自分一人じゃなくて、視聴者の人と楽しんでいく……というのは、やっぱりあの生放送ならでは、のものかな。

で、そろそろ……今プレイしている作品もラスト……に差し掛かってきたかな? という感じ。
あと、2回くらい放送すれば、多分……読了出来るハズ!
ちなみに、取り扱っている作品は、「堕天の旋律」さんの『君の記憶』というBLテイストのもの。

女形(?)の雪村君が、なんつーか気を持たせすぎっつーかw
男ではあるのですが、非常に女性的な造型で、プレイしていて妙にやきもきしたりします。
まぁ、実際居るんですよ。こっちが勇気を振り絞って「君が好きなんだ!」と思いの丈を述べても、どちらとも取れるような受け答えをして、ハッキリしてくれないような人……。

で、こっちも悪い方にハッキリされても困るから、「と、取り敢えず現状保留だ……」とか何とか、自分を誤魔化している内に泥沼に入り込む……。経験ありませんか?w

女はおっかねぇ……女は油断ならねぇ……。



という辺りで、また夕飯でも食べたら、実況放送しましょうかね。
多分、今回でお終い、になるハズ! もし良ければご試聴下さいましたら幸い。



それでは、また。

by s-kuzumi | 2011-05-28 18:26 | サウンドノベル
2011年 05月 03日

なんてことない日々之雑記vol.335

道玄斎です、こんばんは。
前回の記事で書いた通り、ニコニコ生放送の方にて、コミュニティを作って何度か放送してみました。今日は、そんな感じのお話を……。



■テストでゲスト!

というわけで、昨晩、予告通り午後10時くらいに放送、やってみました。

思ったよりも、人が来てくれたのが救い……ですかね。で、グダグダDJっぷりに黙っていられなかった(?)NaGISAさんがゲストとして参加して下さいました。いや、ホント済みません……。

一応、テストという名目で何度か放送をしてみて、勘どころは掴めたので、そろそろ「テスト」の文字は外してもいいかな? という気がします。
今日も、やってみたんですが、ネタが無くて、「墓場の陰からごきげんよう」の制作手順公開、とか、あまり面白味の無い放送になりましたw

ただ、自分のDAWをすぐに映せて、リアルタイムで弄っている様子をお届け出来る、というのは、中々面白い、生放送ならではのものだと思うので、また、気が向いたらそんな事もやってみましょう。

何だかんだで、あの「墓場の陰からごきげんよう」が、単純なパーツを組み合わせて作ってある、という事、そして結果として、(私としては珍しく)結構凝った作りになっている事、なんかがお分かり頂けたのではないかと……。

ま、音声のみ、ってよりも色々と試行錯誤出来そうなので、そこらへん工夫しながらやっていけたらいいですね。

んー、従来「箸休め」というタイトルで以て書いていた記事を、今後は生放送で行う、という感じになるのかなぁ? という気はします。DTM的なお話も勿論する予定ですけれどもね。



■早速困ったコミュニティ

で、沢山の方が、一日でコミュニティに参加して下さって、本当に感謝しております。
ただ、困った点が一点。それは「コミュニティ参加人数上限」の問題です。

今、レベルが3なんですが、この状態だと、参加人数の上限が15人なんですよね。
で、あと一人、プレミアム会員の方が入って下さると、レベルが4になり、恐らく参加人数上限がアップするハズです。

が、一般会員の方の参加によって、現在上限である所の15人に達してしまっているという……w
これだと、プレミアム会員の方が入り込める余地は無く、結果として詰んでいる……って状態なのかなぁ……とw

一般でもプレミアムでも何でもいいんですけれども、こうしたレベルによる「参加人数上限」の縛りは結構厳しいですねぇ……。
こんな事云うのも、気が引けるんですけれども、出来たら、一般会員の方、プレミアム会員になって参加人数の上限を上げてやって下さいw

まぁ、何も、毎月毎月携帯電話料金に上乗せする形で500円払わなくても、コンビニとかで購入出来るウェブマネーを使えば、三ヶ月はプレミアム会員にはなれるみたいですし、今、マジで詰んでいる状態なので、どうかご検討を……w

や、私もコンビニで都度、買い足してプレミアム会員を維持しています。
厭になったら、すぐに辞められる、っていうのも身軽でいいものですよ。どうも、ウェブマネーって1500円とか狙った金額が購入出来ず、1000円単位での購入になるので、結果として2000円掛かるわけですが、余った分を溜めて、色々な事に使う事も可能ですし、余りを集めて再度、プレミアム会員の更新も行えます。

或いは、こういう方法を提示するのも、どうかなぁ、と思うのですが、既にコミュニティに入って下さっている一般会員さんに一度脱退して頂いて、「俺、プレミアム!」って方を取り敢えずは優先して入って貰う……なんて方法もありますが……折角入って頂いたのに、それは何か非常に申し訳ない気がする……。

いやぁ、正直、「聞かなきゃ損するよ!」ってなお話は全然していなくてw 
まぁ、このブログに長い間お付き合い頂いている方に、生の声を届ける、みたいな所に主眼があるわけですから、私個人の肉声だとか、そういうのに興味が無い方は、スルーして呉れても全然OKですw って私が云っていいのかなぁ?w

一方で、ラジオ放送だと、そうした縛りもありませんし、好きなだけ放送を垂れ流す事も可能です。
けど、30分で一枠と区切られている、というのはやっぱり、いいもんですね。30分という明確な区切りがある事で、番組を構成しやすくなったり、はしますから(いや、そういうの面倒だからあまりやらないんだけど)。



■一方の本舗について

っと、別館のお話ばかりしていてもアレなので、本舗、つまりこのブログについても少々。

年度末や年度始まりで色々バタバタしていたり、或いは、私事ではありますけれども、色々精神的にダメージを負ったりしていて、ここんとこ、どうにも調子が出ません。

嘘でも、ゲームをプレイしてレビューを書く、という行為は意外と大変なんですよ?w
単純に「面白かった!」「つまらなかった!」って書きたいだけなら話は別なんですけれども、自分の出来うる範囲で、ちゃんと作品に向き合って、メモを取ったりしながらプレイを進めていきます。

勿論、プレイ時間の目安になれば、という事でちゃんとカウントしてますしね。
んでもって、良かった点を見つけ出したり、或いは気になる点を探し出したりして、合間合間に脱線を挟みつつ、一本の記事にしていくわけです。

結構好き放題書いているような気がしないでもないのですが、それでも、毎度毎度、それなりの分量書いていますし、一本レビューを書くとやっぱり少し疲れます。
「その程度?」って思う方がいらしたら、是非一度やってみて下さい。「その程度」でも結構疲れますw けれども、ここまで続けてこれたのは、やっぱり、作品そのものの魅力だったり、その魅力を共有したい、という「草の根活動を頑張りたい」という一念です。

なので、本音を云えば、「ノベルゲームのレビューでビッグになるぜ!」とか、そういう割と俗っぽい事には興味が無くて、マイペースで、フリーのノベルゲームの魅力を共有出来たら、それが一番なんですよね。
そうした事情もあって、アフィリエイトとかも一切付けていませんし(今後も付けるつもりはありません)、自分が自分でコントロール出来る範囲の、割とこじんまりとした、草の根活動、を今後も続けていく予定です。


これも又、恒例になりつつありますが、プレイしたい! と思う作品、ピックアップしてあります。
久々にベクターとか巡ってみたら、「お!」と思わされるような作品もあって、4~5個くらいでしょうかね? プレイ予定のストックがあります。

連休中に何本プレイ出来るのか? に関しては、現状言及出来る事はないのですが、最低でも一本くらいはプレイして、又、今後に向けてはずみを付けられたらいいな、なんて思っています。



というわけで、別館、そして本館に関するお話でした。
生放送に踏み切ったのも、ここんとこのゴタゴタで少し萎えかけていたノベルゲームへの情熱を盛り上げる為のブースターみたいなもんですからw

上手くね、本舗・別館を使い分けしながら、これからも草の根活動、続けていけたら、と思っています。



というわけで、今回はこの辺りで。



それでは、また。

by s-kuzumi | 2011-05-03 03:22 | 日々之雑記