人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:聖書 ( 2 ) タグの人気記事


2008年 09月 29日

なんてことない日々之雑記vol.120

道玄斎です、こんばんは。
今日も寒かったですねぇ。この二日の間で、急に寒くなってきました。初冬くらいの寒さがあるんじゃないかしら? 今、ついに耐えられなくなってエアコンで暖房を掛けています。



■アレな証人がやってきた。

先日、アレな証人の方がやってきました。
しょうにんって言っても、marchantじゃなくて、witnessのほうです。

私が在宅で、ごにょごにょ作業(しかも微妙に煮詰まっていた)をしていたら、インターフォンが。
「どちら様でしょう?」と出てみたら、「聖書についてお話をさせて下さい」、と。

いや、まぁ、聖書、読んでますし、知り合いでその宗教に入信していらっしゃる方もいるので、大体の事は分かってるし、とっとと追っ払おう、と思ったわけですが、妙に若い感じの声だったんですよ。殆どの場合、結構なおばちゃんがやってくるのですが、その日は違ったようです。
で、ついつい、のこのこと門の所まで出て行ってしまいましたw

行ってみてびっくり。楚々として綺麗なお嬢さん(とおばちゃん。おばちゃんは別に楚々としていたわけではない。念のため)だったんですねぇ。二十代半ばくらいでしょうか? けばけばしさは無いし、一言で言ってしまえば清純な空気漂うお嬢さんだったわけで、私としても勢いを削がれた形になってしまいました。

で、そのお嬢さんが私に向かっていいます。


お嬢さん「何か悩みとかありませんか? 悩みを解決するため聖書を学びませんか?」


と。
そりゃぁ、人間生きてりゃ悩みの一つや二つくらいあるよね。その悩みを解決する方策の一つが聖書であってもいいと思う。けれども、私は個人的にその宗教はなじめないものを感じているので丁重にお断り申し上げようとしたら、一瞬綺麗なお嬢さんが出てきて、とまどった私の隙を突くかのように、お嬢さんがお話を始めてしまったのです。
しかも、困った事にお嬢さんが身振り手振りを交えて、自分たちの宗教の素晴らしさ、そして聖書を研究する事の喜びを語りだしたら、妙に良い香りがしてきて、


(ああ、このままじゃ、入信しちまう……!)


と、本気でヤバイものを感じたので、私は咄嗟に、


私「あ、あの……。私、神主なんです!」


と一世一代の大嘘をこきました。いや、考えて出てきた言葉じゃなくて、何とかしなきゃ、という焦りがついつい「我が輩は神主である」という言葉となって口から出てきてしまったわけで。。
きっと、「神主になりたかった」とかここで書いていたのが脳みその端っこに残っていたのでしょう。
せめて、和服でも着ていればもうちょっとカッコはついたんでしょうけれども、生憎、その時は普通の洋服姿。
今度はお嬢さんがあっけにとられる番です。


私「まぁ、そういうわけで、そちらの宗教に入信は出来ないんです、スミマセン」


と。けれどもお嬢さんはめげません。
今度は上目遣いで、


お嬢さん「神主だって、悩み事もありますでしょう?」


しかも二三回、目をパチパチ瞬いてました。
勿論、マスカラなんて使っていません。綺麗な天然のまつげが良く見えます。
うわぁあ……。反則だ。反則すぎる。一瞬、言葉に詰まってしまったのが私の運の尽き。その隙を逃さずおばちゃん(もう、とっくに私のヴィジョンでは“居ないことになっていた”)が、小冊子(いつものヤツとは違う、初心者布教用のちょっとした本みたいな感じ)を取り出し、お嬢さんに渡します。そしてお嬢さんが私にその本を差し出してきました。


(うーむ。まぁ、冊子くらいは貰っても罰はあたるめぇ。この冊子を貰ったらお引き取り願おう……)


そんな事を考え、ついつい冊子を受け取ってしまいました。
そうしたら、さっきまで居るんだか居ないんだか分からない微妙な存在感しかもっていなかったおばちゃんが烈火の如くしゃべり出しました。曰く、


・聖書は世界最高の本

・科学的にも全く正しい本で誤りは一つもない

・聖書に従って生きるのはとっても素晴らしい事で

・そうする事により、全ての悩みは解消され

・幸せになれる


と、まぁそういう事を、まくし立てたわけです。
正直、お嬢さんに優しく噛み含めるように語られたら、ちょっと危なかった。おばちゃんの興ざめするようなマシンガントークで、大分私も頭が回ってきました。

聖書は世界最高の本ってのは、「ベストセラー」的な意味で言ったら多分、最高のものの一つだと思うけれども、価値基準ってのも人それぞれだからねぇ。私なんかは読んでいて面白い、と思えるけれども、中には「くだらねぇ」と思う人だって居るはずで。

まぁ、それはいーんだけどもさ、「聖書が科学的にも正しい、事実のみを述べた本」ってのはちょっとどうかなぁ? って思うわけですよ。んでもって、その聖書(まぁ、彼らの聖書と私の持ってる聖書は違う種類のものですが)に従って生きていて、最高に幸せです! とか宣ってるわけです。まぁ幸せなら別に私がとやかくいうことは何もないんだけども、聖書に書いてある事は「全て事実で、全て正しい」って言っちゃうのは無理があるんじゃないの?

実際、聖書を読むようになってから私もキリスト教関係の本、何冊か読んでみました。
特に初学者向けの問答集みたいな本があって、それは随分と読んだのですが、


「聖書は何分、書かれた年代も滅茶苦茶旧いし、全てが事実で正確かっていうとそれはちょっと……。だけれども大事な事は聖書に書いてあることそのものではなく、その文脈、文章が伝えたいものを読み取る事」


だって、書いてあるわけです。
一応、言っておくとバチカンの公立の大学組織で聖書学みたいなものを学ばれて、学位をお取りになってる方がそう言ってるんですよ。だからこれがキリスト教徒全体のコンセンサスってわけじゃないとは思うけれども、「こういう風に考えるんだ」という考え方の指標としては、相当程度の正しさというか、まぁそういうものを持っていると思っています。

そうそう、その本の著者はよく「福音の精神」という言葉を使います。
どこまで一般的か、この部分に関しては分からないんだけども、


「福音ってのは良いお知らせ。だから聖書を或る意味で武器にして『~しないと地獄行き』とかいうのは間違ってるんじゃないの? 福音の精神っていうのを軽視していはいかんのよ。まぁ、人によって仏教を信じたりとか色々あると思うけれども、結果として全うな生き方をしてそれが主の御心に叶うならば、その人だってキリスト教徒じゃなくても救われると思う。それが福音の精神ってもんさね」


と、大体こういう主張でした。
何か、物凄いなじみやすいというか、親しみやすいのは確かです。「俺たちの宗教に入らなきゃ、お前地獄行き!」って宣告されるのに比べたら、遥かに「グッドニュース」=福音的ですよねw
この部分は私には判断は付かないけれども、少なくとも「聖書」の記述が科学的にも全て正しい!って解釈については、上記に挙げたような態度の方が、よっぽど科学的だし、信用できると思うのですが如何でしょう??

なんだけども、おばちゃんは「聖書の記述は全て正しい!」という信念があって、尚かつ「その正しい聖書に沿って生きる事は最高です」という考え。
だから、私は例によって例の如くいつもの論法で攻める事にしました。


私「あー、ちょっと水を差すみたいだけども、質問していいかしら? 今年、土用の丑の日にウナギ食べました?」


おばちゃん「?????? えーっと、はい、食べましたけれども……?」


私「旧約を見ると、海のものでも川のものでも鱗のないものは喰っちゃいけないって書いてません? ウナギってその律法に抵触するんじゃ?」


おばちゃん「…………」


一般的には、イエス様が全人類みんなの身代わりに身罷られた事で、私たちは律法に縛られる事が無くなった、という(どうしてそうなるのか、イマイチ分からないんだけども)事なんですけれども(いいよね?)、この人達は「聖書の記述は科学的思想的、ありとあらゆる意味で全て正しく、全て従うべき」という立場なわけで、そこらへんどうなのかなぁ? と思って聞いてみたわけです。

ややあって、


おばちゃん「それは、イエスが身代わりになって……だから律法には従わなくても……」


とごにょごにょ言ってます。
ああ、やっぱり、その解釈を採ってたんだ……。


私「あー、まぁそうっすよね? けれども聖書は全部正しくて全て聖書に従えって言ってたじゃないですか?」


と突っ込んでみたら何か黙っちゃって、お嬢さんの方を見たら、鞄の中からコンパクトサイズの聖書を取りだして「出エジプト記」あたりを読んでいる模様。
私、さっき貰った冊子をぱらぱらとめくって、


私「ほら、例えばこの冊子の『従うべき事』って欄に律法に定められた項目が入ってるじゃないですか。それじゃあ、やっぱりウナギを食べたのはまずかったのでは?」


はっきりいって、私、物凄い厭ヤツです。
それに多分、キリスト教に詳しい方からみると、かなり的外れな事を言っています。少なくとも何千年にも及ぶキリスト教(含ユダヤ教)の歴史の中で、この手の質問に関する答えが用意されていないハズがない。

けれども、あちらさんはあちらさんで「聖書の記述は全て正しい」「全ての行動原理を聖書に求めよ」って言ってるし、冊子に書いてある「従うべき事」みたいな欄には旧約から引用したもの(律法)と新約から引用したものが入り交じっているわけで、そういうのを見ると、この人たちはどうも「律法も守ります」って立場にしか私には思えなかったという。
よくよく考えてみれば「輸血しない」ってのも、律法にその根拠を求めていたのは、貰った冊子を見れば明らかです。あっ、新約からの部分もあったけれども。

何か冊子自体も、妙に衒学的というか、何というか、ありとあらゆる文章が、ありとあらゆる聖書文献のつぎはぎで出来ていて、文脈無視で兎に角繋げて「いいこと言ってます」風に仕立ててあるので、何となく怪しいものを私なんかは感じてしまいます。
あっ、いや、別に信仰は自由ですから信仰そのものは否定しないし、出来ないのですけど、私個人はどうもこういう部分を見て、信じられないな、と思うわけです。

まぁ、何でここまで私が厭なヤツになっていたかというと、何かのタイミングでまた、良い香りのするお姉さんに言い寄られたら、ちょっと本気で入信しそうだったから、なんですよw 自己防衛の為に酷いことを言ってしまいました。ごめんなさい。




あー、何か今日はもっと書きたい事があったんだけども、疲れたからここいらで切らせてもらいます。

それでは、また。

by s-kuzumi | 2008-09-29 22:24 | 日々之雑記
2008年 07月 12日

なんてことない日々之雑記vol.96

道玄斎です、こんばんは。

今日も今日とて、ゲームをプレイしているのですが、思いの外長いゲームでして、まだプレイが終わっておりません。明日には終了出来るといいなぁ。


で、例の「ノベルゲーム/サウンドノベル愛好家の為の交流会」(何かいつも名前が違う気がする……w)なのですが、まだ人数に余裕が御座いますので、どうぞお暇な方はご参加下さいませ。


場所:新宿(そして怪しい中華料理屋)

時間:午後6時~を予定しております。
待ち合わせ場所:JR新宿駅、東口の改札を出て地上に出た所(横に交番があります)、うんと手っ取り早い言い方をすれば、アルタ口です。

費用:大体3000円もあれば大丈夫だと思います。具体的には中華料理屋で散在して頂きます……。

連絡先:kazenitsurenaki アットマーク gmail.comまでどうぞ。


昨日、中華料理屋に予約を入れておきました。
普通に電話したら、中国語で応対されて、非常に困ったw
古代中国語=漢文なら、或る程度の読み書きは出来るものの、現代中国語=中文なるものはニガテです。っていうか、一度もまともに勉強した事のない分野です。

外国語の話が出たついでに、下らない事をつらつらと。
最近、思っているのですが「日本語って簡単なんじゃないか?」と。
ほら、日本に来ている外国人の方って、みんな日本語をすぐ習得しちゃいますよね。初来日、なんて人も既に結構日本語がしゃべれていたりする事も屡々。

私たちは、一応義務教育で3年間、そしてそれなりに多数の人が高等学校で更に3年間。と一般的に6年も英語を勉強しているのです。けれども、英語圏で英語が話せるかっていうと、そんな人はマレなわけですよ。
私なんて、更に大学で2年間、大学院で更に更に2年間。計10年間も英語を勉強した記憶があるのですが、全然英語は使えません。そりゃ、最低限の読み書きは出来るけれども(ハリーポッターくらいなら原書で読める)、いきなり外国に行ってそこで現地の人と英語で会話出来るか? っていったら絶対に無理です。

そう考えると、外国人が多言語習得能力が高いのか、はたまた日本人が多言語習得能力が低いのか、そして「日本語は簡単な言語なのか」という問題にぶち当たります。
そりゃ、非の打ち所がない日本語を使おうとしたら、日本人だって大変です。けれども、日本語ってアバウトな所があるので、もしかしたら習得しやすい言語なんじゃないか? と思ってしまうのでした。勿論、そのアバウトさが大変な部分もあるんでしょうけれども。


そういえば、『聖書』をシコシコと読んでいるわけですが、ここの所纏まった時間が取れず、まだ「士師記」です。旧約聖書で一番楽しみにしているのが「列王記」なので、もうちょっとそこに到達するまで時間が掛かりそうですね。

さて、旧約聖書を読んでいて、一番吃驚したのが「神は一人じゃなかった」という事です。
キリスト教って唯一神の宗教だと思いきや、当の神様そのものが、他の神様の存在を認めている発言をしている事です。
これは恐らく、「唯一の神様は自分であって、他の神は邪神、モンスターみたいなもの」というニュアンスなんでしょうけれども、結構衝撃的でした。

例によって突っ込みながら解説をしていくと、他にも「イスラエルの民の度し難さ」にもちょっと笑えてしまいます。何度も「俺との約束をしっかり守れよ」って神様が言っているのに、イスラエルの民はすぐに神様を裏切ります。決まり文句は「神様がエジプトから俺たちを連れ出したのは、こんな苦しみを味あわせる為だったのかよ!」というw

結構、神様も気まぐれというか残酷な所がありまして、自分を裏切ったイスラエル人に思い知らせる為、他の民族の肩を持って、イスラエル人が戦争に負けるようにし向けたりします……。

兎にも角にも、読めば読むほど、良く言われるように「選民思想」というものを強く感じます。
神様は自分が選んだ、イスラエルの民を幸せにする為に力を尽くされるのであって、イスラエルでは無い人々には救いなんて与えてくれないのでした。
まぁ、旧約、新約を全部読めば考えは変わると思うのですが、果たしてイスラエルの民ではない日本人の我々はこの神様を信仰して救われるのか? という根本的な疑問を禁じ得ないのでした。

これも良く言われる事ですが、旧約聖書を今読んだ段階では、「女性蔑視」というか、明らかに女性の地位は男性のそれよりも下です。又、奴隷制も微妙に容認していたりして、自分の思い描いていた『聖書』とは全然違った世界がそこには表出しています。
兎に角、読み物としてはかなり面白いので、読了目指して頑張ります。結構分厚い書物ですから、相当時間が掛かるわけですが……。普通はどういう読み方をするんだろう? 新約を先に読んだり、或いは平行して読んでいく、なんてやり方もありそうですね。


聖書と言えば、二日くらい前にですね、電車の中で聖書を読んでいたら(移動時間が一番読書に最適なのです。私の場合は)、へんなオッサンから名刺をもらいましたw
「何か困った事があったら、連絡をくれ」と。ちなみに宗教の関係者ではないようです。寧ろ幼児教育とかそっちの方の方ですね。実際、名前を調べてみたら、その筋では有名な方のようでして、テレビ番組とかにも出演されているようでした。

もしかしたら、「自分の子供をキリスト教系の学校に受験させる為に、予備知識として聖書を読んでいる父親」に私が見えたのかもしれませんw
あんまり深く考えると落ち込みそうなので、今日はこのへんで。

それでは、また。

by s-kuzumi | 2008-07-12 00:38 | 日々之雑記