人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:RHODIA ( 4 ) タグの人気記事


2012年 05月 17日

なんてことない日々之雑記vol.366

道玄斎です、こんばんは。
公私に渉って、色々面倒な事がありまして頭痛が止まりません。先ほど、半分が優しさで出来ている薬を飲んだのですが、果たしてどうなることやら。
と、まぁ、体調の悪い記録ばかり付けていてもしょうがないので、今日は、自分の好きな話題を出していこうかと。



■5mm方眼の魔力

私、割と文房具が好きなんです。
ノートとかメモ帳とか、割とこだわりがあって、特に好きなのが「5mm方眼」になっているものです。

日記兼ネタ帳にしているMoleskineというノートも、5mm方眼のものを使っています。
何となく方眼紙の方がカッコいい、という感覚的な理由もあるのですが、もう一つ、切実な理由もあったりします。それは、私はとても手跡が悪いということ。
けれども、5mmのマス目が付いていると、何となくヘタクソな字でもそれなりに見えてくるから不思議です。

ただ、最近、品質の低下が著しくて、愛用者としてはちょっと困った事になっています。
これも以前書きましたけれども、ゴムバンドが妙にペラペラで薄かったり、或いはゆるかったり。更に、栞にほつれがあったり、わけの分からない所からわけの分からないヒモが飛び出ていたりw

Moleskineの品質の低下に関して、結構沢山のブログやらを見つける事が出来たのですが、「アタリを見分ける方法」を掲載しているサイトが一番面白かったですね。
そのサイトのアタリ基準と、私のそれとは微妙にズレていたり、或いはクオリティコントロールのシール(そういうのがノートに入ってるんです)の色でアタリと外れを分けたりしているのですが、「必ずしもそうじゃないよなぁ……」と思う部分もやっぱりあります。

このMoleskine、最近じゃ書店なんかでも見かけるのですが、滅茶苦茶高いです。ちょっとした手帳サイズのそれが2000円くらいしますから。けど……アマゾンで輸入品を買うと900円で済んだりしてw なので、私は断然アマゾンで輸入品をお勧めします。

ま、折角ですから、写真を。
これが、私が普段使っているノートです。中身はアレなので外見だけw ちなみに新品です
b0110969_19455913.jpg


で、そうやって日記兼ネタを書き付けるノートを使う一方で、メモ帳も5mm方眼のものにしています。RHODIAってブランド(?)のものなんですけれどもね。
何度か、このメモ帳の記事は書いた気がしますね……。なんだか凄くハマってしまって、メモ帳はこれに統一していますねぇ。勿論、ノートとメモって近い関係にあるので、ノートにメモする事も多々あるわけですけれども、このメモ帳、気に入って使っています。

何というか、手書きの方が「早い」局面って結構多くて。
パッと書き留めて、後で見返す。不必要になったら捨てる。
そんな当たり前の事ですが、ついついデジタル全開な世の中にいると、アナログ的な発想をつい見失いそうになってしまうのですよ。
これも、写真載っけておきましょう。
b0110969_19462447.jpg


このメモ帳は、一枚一枚、ピリッと切り離せる所や、サイズの豊富さが魅力ですね。
普段のメモには№11を、リストを作る時は№8を、図を描いたり、Moleskineには書ききれないネタを書く、ノート的な使い方をするのには№16を、という風に使い分けています。

なんとなーく、方眼紙って「書きたくなる」魅力があるような、そんな気がしていますよ。
デジタルで記録を取ったり、メモをしたり、っていうのも、勿論アリですけれども、時にアナログで書く事で、新しい発見とかそんなのがあるかもしれませんね。



というわけで、今日はこのへんで。



それでは、また。

by s-kuzumi | 2012-05-17 19:46 | 日々之雑記
2011年 10月 06日

なんてことない日々之雑記vol.348

道玄斎です、こんばんは。
そろそろ就寝の時間、なんですが、今ひとつ寝付きが悪いので、ちょぴっと私のどうでも良い日々の生活について語らせて下さい。



■シングルタスクで頑張る方法

世の中には凄い人がいるもので、色んな作業を同時並行的に行える人が居たりします。でも、私みたいに二つ以上の案件を抱えると、途端に作業が停滞する、というシングルタスクな人間も居たりします。

けど、作業能率が悪い、というのは損する事はあっても得をする事は無いのは異論ない所だと思うので、私も色々試行錯誤しつつ、日々を過ごしています。

最近、色々やってみて、「これは中々いいぞ?」と思った方法は、メモ帳RHODIAの№8に、今分かっているだけの作業を兎に角手当たり次第書いていって、上から順に、或いは出来そうなものから順に遂行する、という方法。

これならシングルタスクであっても、順繰り作業が出来ますから、マルチタスク型人間と比べるとやっぱりイマイチな感は否めませんが、少なくとも私にとっては良い結果が出ています。

RHODIAの№8って縦型なんですよね。で、私の愛用している「超整理手帳」に上手いこと組み込む事も可能なのが非常にグー。ただ、№8を組み込む事を前提としたカバーも別売りで売られているようで、そっちを使う方が現実的かな? 普通の超整理手帳だとどうしても、少しデフォルトのカバーがそれだけで完結出来るように作られている為、№8を組み込むとちょっと窮屈に。

本当に、タスク……なんて偉そうな事を云ってますが、「封筒を買ってくる」とか、下手をすれば「パソコンの電源を入れる」なんてものもあって、実際に他人が見たら「なんじゃこりゃ!」と思う事間違いなしw

ただ、時折「パソコンの電源を入れる」事すら億劫だったりする事ってありますよね。
そういう時に、タスクリストに書いておいて、実行したら棒線でそのタスクを消す。この繰り返しが、実は地味に効いてきます。

少なくとも、当面やらないといけない事、はメモする段階で或る程度浮き彫りになっているわけで、後は単純に実行していくだけ。
これなら、少々込み入った案件でも、何とかなる気がしませんか? 困難は分割せよ、という名言がある様に、一つ一つのタスクを順番にクリアしていけば、意外と何とかなる局面も多い、というのが実感としてあります。

これは本格的に、RHODIAを組み込めるカバーを買おうかなぁ? と真剣に悩んでいます。
こういう文房具っていうのは、独特な魅力があって、ハマると中々抜け出せないのが恐いですけれどもね。

何冊かこの№8を買っていたら、家人が買い物メモとして使っていて(元々そういう用途を想定しているらしい)、それも中々使い勝手が良いみたいです。
少なくとも、消費量で云えば、私のそれより遥かに多い。

RHODIAと云えば、№11がスタンダードなメモ帳、なんですが、どれもこれも一長一短で、もう少し長目のメモを書いたり、する際には№8がいいですね。ただ、一枚ポッキリという形だと(人に渡したりとかね)は、サイズ的な面でも№11の方がいいみたい。

又、方眼紙仕立てになっている所も、私の心を擽りますねぇ。
こういう文具品、ちょっと拘ってみると、日々の生活にちょっと潤いが出てくるかな? なんて思いますけれども、みなさんは、お気に入りの文具ってありますか?

モレスキンならモンブランの万年筆(携帯性には優れない)なんですが、ボールペンでいいかな? なんて最近思ったり、色々まだまだ改善の余地はありそうです。


私の知らない、超便利な文具品をご存じの方がいらっしゃいましたら、是非是非教えてあげて下さいまし。



それでは、また。

by s-kuzumi | 2011-10-06 01:19 | 日々之雑記
2010年 11月 17日

なんてことない日々之雑記vol.319

道玄斎です、こんばんは。
今日はゲームのレビューも書いたんですが、何となく手持ちぶさたなので日々之雑記も追加する事にしてみましたw



■『少女素数』の二巻購入せり

以前、書いた事のある『少女素数』というマンガ、その第二巻が出ていたので、さっくりゲット。
いや、実は「少女素数」というキーワードでこのブログに来る人も結構いるみたいで、いつも申し訳なさを感じていたわけですが、晴れて二巻をゲットしたので、少し記事に出来ますね。

もう、ね、帯についてるキャッチフレーズからしてイカす、なんてもんじゃないんですわ。

14歳。まだ「おんなんこ」、でも「女の子」。

なんて書いてあって、このコピーで「ピン」と来た人は是非、一巻からのご購入をお勧めしておりますw
これ、何度も書いてますけれども、私が一番惹かれる……というか魅力的だな、と思う女性の年齢は「14歳」なんですよね。
や、勿論、リアルでって事になると、また色々な問題が生じるので、現実とフィクションの区別はちゃんと付けてます! 多分……w

兎に角、あんずとすみれという双子のハーフの女の子を描きながら、「女の子っぽさ」っていうか「少女性」みたいなものをグイグイ魅せてくれる稀有なマンガ。
強烈な引きやオチこそ無いものの、ゆっくりとそして確実に心の中に何かが沈殿していく感触が味わえます。

今回、特に「おお!」と思ったのは、episodeⅦですかね。
敷島君という男の子を通じて、女の子の不思議さやそれに伴う可愛さ、みたいなものを追体験させてくれる……そんなエピソードでした。
このエピソードを見た時、「こういう事あったよな!」と思わず昔を思い出して頷いてしまいました。もう、「いつ」「どこで」「だれと」という肝心の部分はすっぽり抜けてしまっているのだけれど、確かに、こういう事があった、というのは分かるんですよね。敷島君を追体験しているようで、誰しもが経験しているであろう「男の子としての個人的な体験」すら追体験させられてしまう、という凄いお話だった、というわけです。

とか、何とか私が書くと、「どうせ萌えマンガなんだろ?」と斜に構えた見方をする人がいるかも、ですがw 単なる萌えとか、そういう俗っぽさはかなり少なめだと思いますよ(勿論、可愛さ、という意味では最大限だけど)。

少女漫画の切ないシーンを読んだ時とは、また一味違う「きゅんきゅん」が味わえる事請け合いです。
超お勧めのマンガです。潤いの足りない現代人の男性に、是非!w



■RHODIA続報

ちょっと前に、愛用の文房具としてメモ帳のRHODIAをご紹介した記憶があるのですが、最近、益々RHODIA熱が高まっていて……ついに№11のカバーまで購入しちゃいました。

それだけに留まらず、細長い№8とかも気がついたら購入してしまいました。
うーん、このサイズは……面白いサイズ……ではあるけれども、効果的な使い方が思い浮かばない……w

けど、このメモ帳、本当に便利で「メモを取る」という、めんどくさい……というか何てこと無い動作をちょっと楽しく華やかにしてくれる、そんな気がします。

結局、使うサイズは固定されてきていて、所謂普通のメモには№11。アイデアを出したり、ちょっとした図を書いたり……って時には№16です。

この№16の絶妙なサイズがいいですよねぇ。ノートほど大きくなくて、かといって「メモ帳」という程小さくない。それにミシン目のお陰で、一枚づつぺりっと気持ちよく切り取って使用出来ます。
サイズ的に云ったら、A5とからしいんですが、結局途中から切り取れる為、「メモ出来る領域」はそれよりも縦が2cmほど小さい独特なサイズに……。
絵とかも全然普通に描けますし(私は描けませんけどw)、方眼紙仕立てになっているから、グラフを描いたりとかも楽々。
ただ、まぁ、ノートのように日次で何かを記して、それを残していく……みたいなそういうタイプじゃないんですよね。
書いたら/描いたら切り取る。切り取ったら書く/描く。と、やっぱりメモ帳的なそういう使い方が向いている気がします。



おっと、結構いい時間になっちゃいましたね。
ま、なんてことない日々の雑記、ですが、何かお役に立てる部分などがあれば幸いです。



それでは、また。

by s-kuzumi | 2010-11-17 23:30
2010年 11月 02日

なんてことない日々之雑記vol.318

道玄斎です、こんばんは。
今、少しボリュームがあるノベルゲームをプレイ中。良い作品だと思うのでじっくりプレイしていきたいですね。けど、その一方で、最近あまりにブログを放置しすぎてるんじゃないか? という疑問もあるので、合間を埋めるように日々之雑記を入れていこうかと。って、元々は、それが日々之雑記の役割でしたねw



■ベッドVS布団

皆様はベッドでお休みになられます? それともお布団で?
私は、もう10年くらいずっとベッドなんですが、ここに来て、「ベッド捨ててやろうかな……」とちょっと真剣に検討していますw

何年か前、気がつくと不眠症に陥っていた私は、今では睡眠や、それに付随する事項に、人並みならぬ関心があって、照明を変えてみたり、枕を変えてみたり、掛け布団を変えてみたり、温度を調節してみたり、寝る前にハーブティーを飲んでみたり……色々やっていたんですが、もっと大きな視点……つまり「ベッドか布団か」という事は何故か失念していました。

で、考えてみればみるほど、私は「ベッドに合ってない」んじゃないかと思うように……。
以前、布団を敷いて眠っていた時は、不眠とかとは無縁だった、という経験的・体験的な理由が一つ。そもそも日本人は長いこと床に敷物を敷いて寝ていたわけで、ベッドが普及したのはせいぜいここ50年と云った所でしょう。
何百年、或いは千年単位での習慣というのは、結構侮れないものがあるのではないか? という民族的・歴史的な理由が一つ。
又、布団を敷くって、一種の儀式というか、「これから眠るぞ!」という気持ちの切り替えが出来る部分があると思うんですよね。けど、ベッドって取り敢えずそこに置いてあって、眠ろうと思えばいくらでも眠れる……という便利さの反面、何となく気持ちにメリハリが付かなくなるような部分も……。

で、ベッドを捨てて、布団を敷いて寝た方がいいんじゃないかなぁ? なんて最近思うんですよ。
よくよく思い返せば、私、ベッドを導入した直後って、夜中に何度もベッドから落ちていたんですよねw 最近じゃめっきりそういう事もなくなりましたが、それって無意識の中で「落ちないように!」って体の動きなりをセーブしたり、或いは意識がベッドから落ちないように、集中し続けているわけで、後顧の憂い無く眠りに没頭するっていうのとは違うよな、と。

恥ずかしい話で恐縮ですが、私、寝相は元々物凄く悪い方でして、朝起きてみると天地が逆になって――つまり、頭の向きが逆になって――起きたりする事も屡々でしたw
こういう人はベッドに寝るの、不向きですよねぇ……常識的に考えて……。

そんな訳で、ベッドを捨てようか本気で考え込む今日この頃です。
なんか、ベッドでも快眠可能な方法とかご存じの方がいらしたら、是非ご一報をw



■お気に入りの文房具

以前にも書いた気がしているんですが、文房具屋さんに入ると、テンション上がりません? 私は凄い上がりますw

何か新発売の文具とか見ると、あれもこれも欲しくなって……。
今日は、「針の要らないホッチキス」を見て、「これは……」と思っていたら、横に「すっげぇ布」こと「シャムワウ」なるものが売っていて、「こ、これも欲しい……っていうか、お風呂上がりでこれで髪の毛拭いたら、一瞬で乾くんじゃ……」とか訳の分からない事を考えてしまったりw

まぁ、そんな訳で、私は割と文房具が好きです(シャムワウは文具じゃないけどね)。
で、愛用の万年筆とか、そういう話は今回は止めて、もうちょっと身近な文具に焦点を当ててみよう、かと。

気がつけば、いつのまにか愛用していたモノって誰しも結構あるんじゃないでしょうか?
私の場合、文具で云えばRHODIAというメモ帳がそれに当たります。
最初は、本当に何の気無しに、「なんかカッチョいいメモ帳があるから買ってみよう」ってな感じで購入したと思しいわけですが、もう手放せなくなっちゃいました。

國産至上主義者の私にしては珍しく、このRHODIAはフランス製。
所謂ただのメモ帳……なんですけれども、結構いい感じなんですよね。ちょっと無骨なデザインでありながら、機能的にも優れている逸品なんじゃないかと思います。

メモ帳って云っても、表紙は撥水加工はしてありますし、本体は方眼紙仕立て、兎角邪魔になりがちな表紙は折り目が付いていて、綺麗に後ろに畳めます。必要無くなったらピリッと綺麗に破いて捨てる事も可能。それに妙にペラペラじゃない所も好み。
シンプルでありながら、最大限に使い勝手が良い。また、この飾り気のないデザインもいいんですよね。

気がつけばいつも、№11のサイズのものは携帯していますねぇ。
外で使って、家でも使ってという感じ。
で、あまりに気に入ってしまったので、今日は別のサイズのものも購入してみました。№13と№16ですね。これは少し大きめサイズ。メモ帳というかノートに近い。
№16は使い勝手が良さそうなサイズ。普通の規格に直せばA5って事らしいのですが、一般的なノートであるB5よりも小さくてかなりグーだと思います!

意外とね、デジタルなものが普及して便利になっていても、メモみたいなものはアナログの方が私には合ってますな。
こういうシンプルなものだと、デスクの上に置いておいてもサマになるんじゃないでしょうか? 興味があれば是非使ってみて下さいな。



というわけで、今日はこのへんで。
それでは、また。

by s-kuzumi | 2010-11-02 20:08 | 日々之雑記