人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Ren'Py ( 3 ) タグの人気記事


2012年 03月 25日

フリーサウンドノベル関係の雑記 箸休めvol.51

道玄斎です、こんにちは。
なんか、毎度云ってますけれども、最近、新作のノベルゲームで目を引くようなものがなくて。
日常生活の忙しさと相俟って、中々ゲームの紹介が出来ずにいたりします。

さて、今回は、久しぶりの箸休め。
大凡、箸休めを書くとコメントが大量に付くのですが、果たして今回はどうなることやら。



■洋ゲーの世界

日本国内でめぼしい作品がないとすれば、手を出すのは、そう洋ゲーです。
ノベルゲームのレビューサイトは数多くあれど(あるんだっけ?)、洋ゲーに手を出しているところは少ないハズ。「人のやらない事をする」というのが、このブログの一つのコンセプトですから当然、洋ゲーにも手を出すわけです。

過去にも何作か洋ゲーを取り上げたのですが、全くと云っていい程反応がありませんw
まぁ、仕方ないのかもしれませんねぇ……。率直に云って、海外のそれはまだまだ熟していない、という印象があります。
そうした洋ゲーの世界の中で、『かたわ少女』という作品が話題の俎上に上るのは、或る意味で必至だったのかもしれませんね。少なくとも、ビジュアルは素晴らしいですし、尺も相当長目(だと思われる)で、中身を見れば、恐らくオーソドックスな学園恋愛アドベンチャーなのですから。

まぁ、ただ、私はあまり『かたわ少女』に関しては、積極的にプレイしたい、とは思っていません。体験版は勢いでプレイして、このブログでも紹介したのですが、落ち着いて考えてみると、「果たして、こういうゲームってどうなんだろうね……」と思ったりするわけです。
一方で、佐藤リリーさんに関しては結構気になっていたりするという千々に乱れる心もありつつ。


それは兎も角、ここ暫く、Ren'Ai Archiveという場所から、パッと見面白そうな作品を探してきてはDL。そしてプレイ、を繰り返しているのですが、どうにもこうにも良い作品に巡り会えません。

改めて云うまでもないのかもしれませんが、基本、向こうのゲームはRen'Py製です。
普段私達がプレイする、NScripterや吉里吉里/KAG製のゲームと同じようにプレイ出来る……んですが、少しだけクセがあるのも亦事実。
そもそも、マルチプラットフォームを謳っていますから、Windows用、Macintosh用、UNIX用のバイナリが用意されていて、自分のマシンに合ったものをDLする、という、ダウンロードの段階からして差異があったりします。

國産ゲームの多くは、Windowsで動かすことを前提としていますから、「俺はWindowsユーザーだから、これをDLすればいいんだな……」なんて事はありませんよね。
しかも、自分のマシンに合ったものをDLしても、必ずしも動くわけではない、というw
そうですね……。大体私の体感では、三作品に一作品くらい、動きませんw


ここまでは、プラットフォーム的なガワの話。
次は中身に入っていきましょうか。

先ず、プレイして気づくのは、イラストが独特なものが多い、という事。妙にバタ臭いというか、私達が普段目にするゲームのそれとは大分ベクトルが違うイラストが付いてたりします。
あと、酷いのになると、日本のゲームのキャラの立ち絵を(どうやったのか知りませんが)そのまま使用しているものもあったりします。

あとは音楽なんかもそうですね。
タイトル画面に流れるボーカル曲。黙って聞いてりゃ、あんた、日本語で歌われてる曲じゃないですか! 寡聞にして私は全然知らない曲だったのですが、日本の、恐らくゲームの曲をそのまま自作品のタイトルに使っちゃうわけです。
そのゲームは、タイトルから進んで本篇に入っても、「楽曲の無断使用」がハバを効かせますw
「……ん? このリズム……聞き覚えがある……」なんて思っていたら、マッシブ・アタックの曲でした。

意外や意外、立ち絵素材は、私達にも馴染みのあるものが使われていたり、もします。
『私の黒猫』なんかでお馴染みの、あの立ち絵が使われているのを発見しました。が、彼女の名前はイザベラだったんだ!


ストーリー的にも、どうにも物足りなさを覚えてしまいます。
ただ、良い点を挙げるならば、「妙なダラダラ感が少ない」と云う事が出来るのかもしれません。その代償として大体が薄味なんですけれどもね。
本来ならば、一時間くらい掛けて読ませるべき作品が、15分程度にギュッと圧縮されていたりするので、圧倒的に物足りなさを覚えたりするわけです。

心理描写なんかも、割と少なめ……なのかな?
下手をするとト書きが( )で付いていたりもしますしw
それを考えると、以前紹介したハーレクイン的洋ゲーは、かなりノベルゲームらしかった、と云えそうですw


ヒロインがセーラームーンだったり、『AIR』の神奈備命だったりするんですけれども、そういう意味でいえば、日本のゲームの直接的な剽窃、パロディ作品がかなり多いのは事実です。
しかし、だからと云って、「洋ゲーはダメだ……」と切り捨ててしまうのは、あまりにも早計というもの。

洋ゲーをプレイしていて、ふと感じるのは、洋ゲー圏ともいうべきコミュニティに存在する「伸びしろ」です。
まだ全然未熟なんですが、「なんかゲーム作りてぇ!」という強烈な衝動を感じるんですよね。割と誇らしげに「四時間で作ったぜ!」なんて添え書きがしてあったりして、ゲーム制作への衝動というか、やる気みたいなものは伝わってきます。

けれども、そこに「練り込む」為の時間がやっぱり、欲しいなと思いますね。
四時間で作品を作るのは確かに凄い。けれども、一週間くらい掛けて、シナリオをボリュームアップさせたり、文章をブラッシュアップしたり、足りない描写を補ってやったり……と手間をもう少し掛ければ、良い作品が出来上がってくるんじゃないかな? なんて思うわけです。


ここは一つ、英語に堪能なノベルゲーム制作者さんが、Ren'Pyでゲームを作って、向こうで公開して啓蒙してみる、なんていうのもアリかな、と思います。
「俺に任せとけ!」って人が出てこないかなぁ……。


あれこれグダグダ書きましたけれども、何よりも、一本プレイしてみるのが洋ゲーの雰囲気を掴むための一番の方法だと思います。
そして……「おや? これはいいぞ……」という作品があったならば、こっそり教えてくれたら嬉しいです。



それでは、また。

by s-kuzumi | 2012-03-25 15:09 | サウンドノベル
2010年 07月 20日

フリーサウンドノベル関係の雑記 箸休めvol.41

道玄斎です、こんばんは。
梅雨が明けたと思ったら、とんでもない猛暑の予感ですねぇ……。
本当は、こういう季節にゃぁ、ちょっと怖いホラー作品でもプレイしたい所なんですが、中々良いものがなくて。
というわけで、今日は久々に箸休めの方を……。



■Ren'Pyウェーブに乗れ!

先日、ついに恐らく管見の及ぶところ、「日本人向け」という事では初のRen'Py製のゲームがリリースされました。Ren'Pyというツール自体、まだまだマニュアルが整っていない(特に日本語で!)為か、国内ではまだ普及する気がしませんねぇ……。

マルチプラットフォームってのは、ゲーム業界にとって凄まじいアドバンテージがあるような気がするんですが、どうなんでしょ?
多分……比較的容易に、Windows版だけでなくMac版、Linux版のバイナリが作れると思うので、ノベルゲーム普及にも一役買ってくれそうな、そんな気はしてるんですけれどもね。
そういう意味でも、日本人向けの作品がリリースされた、というのは嬉しい事です。

で、その作品である所の『フォルトゥナに口づけを -un bacio per Fortuna』を制作なさった「堕天の旋律」さんにて、Ren'Pyの講座が開設されておりました。これは役に立ちそうだ……。
一渡り、Ren'Pyを使用したゲーム制作の流れが分かるようになっていますね。そして嬉しい日本語解説。

ここは或る意味、Ren'Py普及の為の勝負のしどころ(?)ですので、私もこっそりマニュアルの日本語訳などに取り組んでみてもいいかもしれませんねぇ……。
されど、大事な事は「草の根」レベルで止める事。作業は私がしても、アウトプットはここじゃないどこかでやってくれると助かるw


……かくして、我も亦、Ren'Py作品をプレイする事久しくなりぬ。
種々の作品をプレイするに、些か不満に思ふ事ありて、それを以下に綴らむと思ふ。


○何故、一々インストールを要求するのか?w

これは相当大きな問題である。
総プレイ時間が30分に満たないような小粒の作品であっても、インストーラーが付いておりプレイするのにインストールを要求せし事度重なりぬ。
なんかねぇ……面倒だよねぇ……。一方でインストールを要求せず、解凍してすぐにプレイ出来る作品があることも亦、確認済みである。

文化的な違い、なんでしょうかねぇ……。私を含め、ノベルゲームに関心のある人の多くは「インストールを要求されると萎える」と云っていますw 日本人はインストールを要求されると萎える。よって日本市場(?)ではインストールを要求しない方が喜ばれるような気がするんだけれども……。

ただ、まぁ、これも難しい問題があって、商業のそれなんかはインストールする事が前提になってますからねぇ……。ウソでも8,800円出して買ってきたものが、解凍してポンっとプレイ出来ちゃありがたみが無いって事なんでしょうけれどw
気にする人は気にするし、気にならない人は全く気にならない問題なのかもしれませんが、フリーのノベルゲームだとインストールが無い方が、個人的には嬉しいかな。


○限りなく巻き戻るバックログ

バックログ、Ren'Pyにもちゃんと付いています。
つい、ちゃっちゃかクリックして読み進めてしまった所を見返す為、このバックログは非常に大事。
Ren'Pyのバックログは、恐らくデフォルトの仕様では、「背景や音楽」までバックログで戻した時点まで巻き戻ってしまうようです。

分かりやすく書くと、こういう事になる。
【シーン01】

場面:なんて事無い日常シーン。街を歩く主人公、交差点の向こうにヒロイン1の姿を発見。
音楽:軽快でアップテンポなBGMをループ

と、まぁ、こんな感じの場面があったとして、主人公が「おーい!」とか声を掛けた所で、画面が切り替わって、
【シーン02】

場面:ヒロイン1、突如飛び出してきたトラックに轢かれる。呆然とする主人公。
音楽:ダークで暗いBGM

と、一瞬の場面転換で、明るいシーンからダークなシーンへ変わってしまう事があります。
で、今、【シーン02】を見ていたとして、「そういえば、さっき主人公は、何て云ってたっけ?」とバックログで、【シーン01】に相当する場面までログを見ていくと、状況自体は【シーン02】で暗いハズなのに、バックログのパワーによって、BGMも巻き戻ってしまいアップテンポで明るい曲が流れてしまうのです!w 
っていうか、そこに表示される立ち絵や背景画像なんかも【シーン01】まで巻き戻っちゃうんですよ。

ま、致命的にプレイしづらいとか、そういう事はないんですけれども、場面によっては折角の演出が台無しになってしまう可能性があるような……。ここらへん、もうちょい融通が利けばいいですねぇ……。


○不安定なダウンロード状況

何だかんだで、ベクターといったゲーム登録サイトが機能している日本は恵まれているのかも。
「これは!」というものを見つけても、ダウンロード先が分かりづらく、挙げ句クリックしてみれば、お馴染みの「Not found」が出てきてしまったりして……。

或る意味で、西洋には、それなりの権威を持ったゲーム登録サイトが存在していないのか、或いはそうした登録サイトの中には「ノベルゲーム」的なカテゴリがないのか……。

「ちょっとやってみたい!」という時にサラリとダウンロード出来るのが、フリーのノベルゲームの旨味の一つだとも思うので、こういう状況も改善されればいいですねぇ。
って、これはRen'Pyそのもの、っていうより、その周辺の問題ですけれどもね。



兎にも角にも、Ren'Py製でまだまだ面白そうな作品、一杯ありますので、今後もそうした作品をご紹介したりしながら、こっそり草の根的にRen'Pyを応援していく所存です。

あっ、そういえば、Ren'Py以外にも洋ゲーで使われるノベルゲームエンジンってないのかな?
ちょっと色々探してみたいですね。そして、また面白そうなものが見つかったらご報告いたします。


それでは、また。

by s-kuzumi | 2010-07-20 21:43 | サウンドノベル
2010年 05月 18日

フリーサウンドノベル関係の雑記 箸休めvol.40

道玄斎です、こんばんは。
風邪の具合は大分良くなりました。少なくとも喉の痛みは消えたので、これで何とか何とか。

さて、今日は記念すべき(?)箸休めの第40回目、ですから、それに相応しい記事を書こうかな、と思っています。もし、宜しければお付き合い下さいませ。



■Ren'Pyを使おう

世の中のノベルゲームの多くは、NScripterだったり吉里吉里/KAGで出来ていたりします。
が、ここ数年でLiveMakerの使い勝手が凄く良くなった事、或いはYU-RISという新興勢力が出てきたりして(台本化ツールなんてのも用意されてます、凄い!)、選択肢の幅は確実に広がっている、と云えます。

んで、そんな数あるツールの中で、私が窃かに注目しているもの、それが「Ren'Py」です。
もしかすると、あまりお耳にした事の無い名前かもしれませんね。多分、英語圏の人たちがノベルゲームを作るのに使っているツール、というと一番イメージが伝わりやすいんじゃないかな、と思います。

クロスプラットフォームですから、Macじゃプレイ出来ない! 俺のLinuxで動かんのか! なんて悩みとも無縁になりそうな、そういうハッピーなノベルゲーム制作ツール。
どうやらPythonが使えるらしいですよ? 私はPythonはおろかPerlも全然出来ませんけどw


まぁ、兎に角「國産」という事に拘らなければ、選択肢はまだまだあるよ、って事ですな。
折角なので、ツール一式ダウンロードしてきました。

ここからダウンロード出来ます。

まぁ、いつものように、解凍してやります。
Windows版を落としてきていますから、解凍する際も

#tar xvfj hogehoge.tar.bz2

なんてコマンドを打つ必要も無し。普通の解凍ソフトであっさり解凍してやります。
おもへらく「renpy.exe」ってのが、本体でしょうからそいつをクリックして起動。
b0110969_2335564.jpg

こんな感じの画面が立ち上がりました。
いきなりド親切ですねぇ……。チュートリアルまでついて至れり尽くせり。悲しい哉、英語表記、なんですけれどもね。

さて、この画面のまま放置しておくのは忍びないので、「Launch」(日本語訳すれば、「起動」かな)をクリックしてやります。
すると、
b0110969_23354062.jpg

どうやら、デモゲームが起動されたようです。
もう、私達が普段良く目にするノベルゲームの世界が広がっていますねぇ……。ちゃんと「ノベルゲーム制作ツール」だという事が分かります。
どうでも良いことですが、ベースの娘可愛いですなw

このまま、「Start Game」をクリックしてやれば、チュートリアルのスタートです。
b0110969_23363170.jpg

ざっと目を通してみたら、このツールの使い方、或いは「こんな事が出来るよ!」というお披露目的な、そういう説明文で、実際はゲームじゃありませんでしたw

さて、ここで一枚目のスクリーンショットに戻って頂きたいと思います。
大きく、「Tutorial」「Ren'py」と二つのブロックで、この画面は構成されています。

先ほどの「Launch」っていうのは「Tutorial」のブロックでしたが、今回は「Ren'py」のブロックの「New Project」という所をクリックしてみます。
すると……ゲーム(あなたが作るゲーム、です!)のプロジェクトが起動します。
どこにそのプロジェクトのディレクトリを作るのか? フルスクリーンかウインドウか? システムカラーは何色か? そういう事を聞かれますので、お好みでパパパッと決めていきます。

一渡りの質問(設定)に答えると、もう、すぐさまゲームが起動しちゃいます。
最初に起動したRen'pyの画面とは別にゲームの画面が立ち上がる、という感じ。
どうも、この最初のRen'py画面の「Edit Script」をクリックすれば、内蔵のエディタが立ち上がりスクリプトの編集が可能、という事らしい。
多分……普通のテキストエディタを使って直接開いても問題ないと思うけれども(文字コードは気をつけて)。

ざっと見た感じ、割と使いやすい……というかちょっと弄って楽しいツールかも。
唯一の難点は、全て英語表示、だという点。
じゃあ、日本語表示を可能にしちゃおうぜ、というのが次のステップ。

検索を掛けてあれこれあれこれ、調べてきました。
どうやら、日本語のフォントが無いとどうしようもない、という状態だったので、参考にさせて頂いたサイトに書いてある通り、Vine Linuxに使用されている(?)日本語フォントをダウンロードしてきました。

そして、先ほど作った「New Project」のディレクトの下に「game」というディレクトリがあるハズなので、そこにフォントを(というか.ttfファイル)を移動させます。

そして、例のRen'py画面に戻って、「Edit Script」を選択。
script.rpyがすぐさま開かれるハズなので(もしかしたら隣のタブにあるか、だけど)、スクリプトの頭を編集してやります。
具体的に云うと、「init:」のブロックの書き換え、ですね。「 $ style.default.font = " "」(←クオテーション内は自分がgameディレクトリに入れたフォント名を入れる事)「$ style.default.language = "eastasian"」を追記するだけです。

うん。これだけなら簡単簡単。
コメント行を見れば、「Declare characters used by this game.」なんて書いてありますから、「このゲームで使用する文字の宣言」くらいでしょうかね。素直にそこに「どのフォントを使うのか?」「デフォルトの言語は?」を追加してやっただけです。
まだ、このくらいだったら、何となく英語でも何とかなりますよね。

そいでもって、gameのディレクトリの中に、「translations.rpy」なるファイルをダウンロードして入れてやれば、翻訳されたメニュー画面を使う事も可能。
translations.rpyはこちらからダウンロード可能。
「得体の知れぬファイルをダウンロードするのか……」と腰が引けている人は、兎にも角にも空のファイルでtranslations.rpyというファイルをgameディレクトリの中に作っちゃいましょう。んでもって、テキストエディタで、ここの内容をコピーして貼り付ければOKみたい。漢字コードはUTF-8でね。

そうすれば……先ほど作った私の「New Project」のメニュー画面が日本語に変わりました!
b0110969_23365574.jpg

中々悪くないですよね。
取り敢えず、今回はこんな所、かな?


まだまだ、「じゃあ、シナリオはどこに書けばいいんだ?」とか「スクリプトが分からん」とか色々問題はあるんですが、触りとしてはこんなもんでしょう。
やっぱりね、NScripterや吉里吉里/KAGのように、ガイドブックが出ていると、分かりやすいですし、間違いはありません。何より「國産」ですからw
私も、そのNScripterと吉里吉里/KAGの解説本持ってます。プレイオンリーって人でも読んでみると面白いですし、「ゲーム作りにはこういう苦労があるのか……」というのが一読で分かるようになっていますw

一つ、ゲーム作り、という事で謎のなのは、「シナリオを書きながら、スクリプトを打っているのか?」「シナリオはシナリオで書き上げてから、最後にスクリプトを入れるのか?」どういう方法を採っているんだろう? という点。
個々人によって違う、スタイル? の問題なのかな? ちょっぴりこの辺り気になってます。


使いやすくて、解説本まで出ている國産のツールがある一方で、「こんなのもあるんだぜ?」って所に無茶を承知で突っ込むのが私の特性なので、今回はRen'pyを取り上げてみました。
決して、悪いツールじゃない、と思うので(寧ろかなりの優良ツールだと思う)、我こそは、という方がいらしたら、是非Ren'pyでのゲーム制作にチャレンジしてみて下さい。

この記事が、そのきっかけの一つになれば……それに勝る喜びはありません。

それでは、また。

by s-kuzumi | 2010-05-18 23:37 | サウンドノベル