人気ブログランキング |

久住女中本舗

kuzumi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:SF ( 2 ) タグの人気記事


2009年 10月 15日

なんてことない日々之雑記vol.240

道玄斎です、こんばんは。
先ほど、麒麟麦酒を呑んでしまった為(そういや、最近あまり日本酒を呑んでいない)、結構既にして出来上がっているんですけれども、今日もまだ、あまりノベルゲームを猛烈にプレイしたい意欲が湧かない為、日々之雑記でお茶を濁します。



■本屋さんとSF小説

毎日顔を付き合わせていると食傷気味になるけれども、時折無性に逢いたくなる人物というのがいて、私の場合、それはS.P.ミーク大尉となる。

ミーク大尉の名前にピンと来る人がいれば、ここから先は読まなくても構わない。
ただ、こんなネットの辺境にあってミーク大尉の名前が出てきた事に驚く人は、私の注意書きもどこ吹く風で、きっと読み進めるに違いないのだが……。


事の起こりは、昨日の夜。
人と電話しながら(昨日は何故か沢山電話が掛かってきた)、例によって本の整理をしたりしていたら、一冊の本を見つけたことによる。その本のタイトルは『楽園の日々』というもので、私が大好きなアーサー・C・クラークの自伝である。

この本を手にした時、暫く忘れていたミーク大尉の事を思い出してしまい、結果、今日一日中『楽園の日々』を持ち歩き、暇を見つけては読むことになった。
そう、ミーク大尉は、アーサー・C・クラークが幼少の頃読んでいたSFパルプ雑誌、『ASTOUNDING』の作者の一人である。ミーク大尉はどうやら、武器絡みの部署の士官らしいのだが、何故そんな人物がSFを書いていたのか? 何故『ASTOUNDING』に於いて作家をしていたのか、それを確かめる術はない。

そのミーク大尉の荒唐無稽なSF的ホラ話に、一々注釈を付ける(勿論、イギリス人らしい皮肉と、慇懃無礼な態度をたっぷり込めて)アーサーの文章によって、実にミーク大尉という人物は生き生きとして見え、大変魅力的な人物に思える。
実際のところ、私はミーク大尉が書いたSFを読んだ事はなく、微かに知ることの出来る作品の内容はアーサーの解説に拠っている。ただ、「“科学探偵”バード博士」なる人物が彼の作品に於いて、しばしば主人公として登場する、と聞いてミーク大尉に興味を持たないものは少ないだろう。ちなみに、この「科学探偵」なるいかがわしい単語が、英語では何になるのか考えてみて恐らく「Scientific Detective」だろうとアタリを付け、検索に掛けてみたらミーク大尉その人ではないものの、「Scientific Detective Series」というシリーズが実在していた事には驚きを隠せない。

ミーク大尉の名前と久しぶりに対面して、沸々と頭を擡げてきたのは、当然の如くSF小説である。
私はSFが好きだと公言しておきながら、実のところ、「アーサー・C・クラークの短編小説」が好き、という非常にレンジの狭い、又ある意味で特殊な嗜好のSFファンである、という事は正直に告白しておく。で、あるからして、一般的なSFの名作の類は殆ど読んでいない。一応、申し訳程度にアシモフの『われはロボット』くらいは読んではいるのだが。

読もう読もうと思って、未だに読んでいないSFと云えば、フィリップ K.ディックの『高い城の男』である。
ストーリーの概略くらいは知っている(間違っているかもしれない)。舞台は「戦後アメリカ」なのだが、ここで云う「戦後」は我々の知っている戦争の結末を意味しない。作中に於ける「戦後」とは、第二次世界大戦に於いて日本とドイツが勝利し、アメリカを占領している、というそういう「戦後」なのだ。
ただ、日本の統治下にあるアメリカでは、実は「戦争に勝ったのはアメリカである」というフワフワとした噂のようなものがちらほら聞かれることになる。

つまり『高い城の男』は、現実の戦争に勝ったアメリカと「戦争に負けたアメリカ」という一種のパラレルワールドが交差する、その不思議な淡いを描いた小説という事になる。
ディックは、東洋的な思想を作中に持ち込み実践する事で知られている通り、これは「胡蝶の夢」が根本にあるらしい。何もSFというのは、「太陽系が」とか「2136年のニューヨーク」を描いたりしなくても良い、実はレンジの広いジャンルでもあることは分かってもらえると思う。実はライトノベルというのはかなり、SFのジャンルに近接しているという事も同時に気がつくだろう。

ただ、個人的にSFの要件を付け足すならば、「読み物として楽しいものである事」「(少なくとも)若干の真実性がある事」などを挙げるだろう。勿論、「楽しい」というのは個々人によって尺度が大きく異なるので一概に定義する事は出来ないのだが。
どこかの国のファーストレディが火星に行ったとか吹聴して回っているのは、SFではなく「ただのヨタ話」か「注目を集めたいが為の浅ましくも奇天烈な発言」である。


ともあれ、ミーク大尉によって久々にSF熱が戻ってきた私は、早速本屋さんで面白そうなSFを購入しようと思ったわけだ。SFを読もうと思ったら「ハヤカワ文庫」を探すのが一番手っ取り早い。私の所持しているアーサーの本も皆ハヤカワ文庫から出ている。

よく私がかかりつけの美容師によって目撃される、近所の本屋ではハヤカワ文庫はせいぜい15冊程度しか扱っていなかった。更に移動先でも本屋を見つけてはハヤカワ文庫を探したのだが、どこも似たり寄ったりで、場合によっては私の親指から中指先端までの長さ、つまり18、19センチ程度の幅しかハヤカワ文庫の為に用意していなかった書店もあった。
今日、最終的に四軒の本屋に立ち寄ったのだが、こうした本屋の状況はどんぐりの背比べの様相を呈していて、満足に本を選ぶ事すら出来なかったのだ。

しかも、不幸な事にその陳列された冊数が異常な程少ない本屋では、今日重たい思いをして持ち歩いた『楽園の日々』の文庫版を見つけてしまった……。こんなものが出ていたのか。
ただ、今日の本屋巡りは全くの無駄ではなかった。少なくとも今となっては絶版になっていると思しいアーサー・C・クラークの小説を、「傑作選」の形にしてリリースされていた事が分かったのである。目次を見てみると『明日にとどく』『天の向こう側』といった短編集から作品を抜き出し、一冊を構成しているようだ。一渡り見てみる限りでは殆ど既に読んだことのあるものばかりだが、恐らくそうでないものも一篇や二篇含まれているはずだろうから、近日中に購入する予定である。


嘆かわしいのは、本屋さんの現状であって、これはSFに限らず、「世界の名作を読みたい」と思ったとき、近所の本屋では欲しい本が見つからない可能性が高い。たとえそれが新潮文庫が出しているはずの『ハムレット』であっても。

以前(といっても10年単位での昔である)は、普通に本屋さんには、文庫本のコーナーにはひっそりと古今東西の「名作」と呼ばれる書物が置いてあったのだが、ここ最近、そうしたものが店頭から消えているようだ。
名作と呼ばれるものだけが書物ではない、という意見には同意するが、名作が手に入らないという一般書店というものもまた何かが決定的に欠けている気がする。
それは、ネットで本が手軽に買える時代になったせいなのか、或いは「売れない」からなのか分からないが、こうした本屋の現状はどこか寂しく、空虚に思えるのだ。





というわけで、酔いもすっかり冷めてしまいました。
今日は早めに床に就く事にします。今日買ってきたディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』でも読みながら。

それでは、また。

by s-kuzumi | 2009-10-15 21:20 | 日々之雑記
2007年 07月 10日

『食卓にビールを6』 小林めぐみ著 富士見ミステリー文庫

俺です。

最近のマイブームは、久住と大量の本を読むのを競い合う事です。
何の為かって?勿論、ブログを更新する為ですよ!
同人サークル(活動実体はゼロ。このブログのみ)のクセに、何をやってんだい、って感じなんだけれども、それはしょうがない。お互い絵が描けないし、本は好きだし……。まぁ、雌伏の時って事で一つ宜しくお願いします。

俺達は結構本を読んでいます。
そもそもお互い、一般の人に比べても少し、本を買う頻度=読む頻度が高いと思われるので、本気を出すと、一日一冊じゃたりなくて一日二冊とか、三冊とかになってしまいそうで、ちょっと恐いです。いや、今の所は一日一冊ペースくらいかなぁ?

久住は、最近妙に「岩波文庫の青シリーズ」に凝っていて、それっぽい本を毎日買っているようです。彼女がそういう真面目傾向の本で行くのなら、俺はライトノベルを!

そう思ったんだけどもね、岩波文庫の青シリーズは過去刊行分のストックが沢山あるのよ。けど、ライトノベルは岩波文庫ほど歴史がないわけで、ストックの絶対量が少ない。
つまり、自分が興味を持って読む事の出来るブツが、必然的にかなり限定的になってくるってわけです。

で、今日は俺の大好きな「小林めぐみ」先生の新刊が出たので、早速本屋に行って仕入れてきました。

小林めぐみ先生と俺について、少し語らせて下さい。
以前、小学校の読書感想文で、ただ一人ライトノベル(『ロードス島戦記』)で感想文を書いた俺は、当然の様にスニーカー文庫だけじゃなくて、富士見ファンタジア文庫にも手を伸ばしていたものです。そうさねぇ、当時流行っていたのは、例の『スレイヤーズ』とかかなぁ?

当時の俺は、本を手にとって、表紙を見て、後書きを見て、著者紹介を見て、自分に合う/合わないを判断する、なんて高等技術が無かったんだわ。
だから、兎に角買う。買う。買う。
勿論、父上様の百円玉を溜め込んだ洋酒の瓶から、五枚乃至六枚百円玉を失敬して、ですが。だって、当時お小遣いって月に1000円とか1500円とかだったしね。
確か、デフォルトで1000円。家事手伝いを勤勉に一月の間行うと500円追加されて、1500円だった。
だけども、その1500円を丸々、本(ライトノベル)に注ぎ込むことが出来るかってーとそれは又違って、1000円は「スーファミソフト購入費」として積み立てて、残りの500円を日常生活で使う、というスタイルでした。つまり一年経ってやっとスーファミソフトが一本購入出来るって計算ですな。勿論500円だけだと、本を一冊買う事も出来ないわけですから、父上様の洋酒の瓶にご登場願おうって事です。

そんな折りに、富士見ファンタジア文庫にて、小林めぐみ先生の本を購入。
一気にはまりましたわ。何て謂うか今まで読んできたファンタジーとは明かに異質な手触り。ファンタジックな世界で在りながら、非常にリアリティのある文章・描写。
兎に角、雰囲気が凄く好きだったんですな。当時の俺からしてみれば妙に「オトナっぽい」感じだったのです。
けどもね、当時の小林先生のご年齢はまだ10代だったり20代前半だったりして……。

今、俺は小林先生の既刊本は殆ど持っているのだけども、どうしても入手出来ない初期の富士見ファンタジア文庫のものとかもあるんだよねぇ。
いや、昔持っていたんだ。だけれどもどこかに消失してしまった。きっと母上様が、「部屋を整理する」という名目の下で、勝手に俺の部屋に闖入し挙げ句、目に付いたライトノベルの類を始末してしまったものと思われる。何て非道いんだ。

っと、そんな事はどうでもいいんだった。
兎に角、俺は幼少の砌から小林めぐみで育ってきたってわけだ。
小林先生は、富士見ファンタジア以外に、角川スニーカー文庫でも執筆をしていたわけだが、俺は個人的には、角川でリリースされる作品よりも富士見で出版される作品の方が好きなんだよなぁ。ま、尤も元々富士見は角川の子会社で、近年完全に合併しちゃってるわけで。



んで、小林作品の中で、俺が近年まれに見る程、嵌っていたのが、今回紹介する『食卓にビールを』シリーズ。
ちなみに富士見ミステリー文庫ですよ。ちなみに富士見ミステリーだと他に『GOSICK』なんかが面白いですな。いや作家は違うけれども……。
この『GOSICK』も一巻が出た時点から、目を付けているのですが、もうちょっとしたら絶対に流行ると思うんだよなぁ。内容自体は、まぁ良くありがちな感じなんだけども、何故か惹かれるものがあります。自慢なんだが、俺が「何か」を感じる作品は大抵流行るんだよ。特にライトなノベルの方では。けど、「何か」があるって、やっぱりみんなが思うから、流行るんだろうなぁ……。

また大幅に脱線してるので、話を戻すと『食卓にビールを』は実は今回の六巻目で最終巻となってしまいました。
非常に残念。俺はもの凄くレンジの狭いSF好きでもあるので、小林先生のバックグランドが遺憾なく発揮されているこういうSF作品(?)は大大大好きなのですよ。

『食卓にビールを』シリーズは、別名「幼妻シリーズ」と申しまして、女子高生にして26歳の夫を持つ、我らが主人公が、日常生活の中で宇宙人やら不思議な現象やらにさり気なく巻き込まれていく。というのが筋立て。
ポイントは「さり気なく」です。超常現象が起きようが、ブラックホールが生成されようが、我らが主人公は「のんびり」「まったり」しつつ、事件をズバッと解決してくれます。

日常生活が、いつの間にか超常的な世界にすり替わってしまい、大量の正確な科学知識が活かされているというのはアーサー・C・クラークの短編に近い感じですね。『白鹿亭奇譚』とかね。
俺は、『食卓にビールを』シリーズは、現代日本の『白鹿亭奇譚』だと思っているのですよ。
けど、ハリーは出てこないし、アーサーだって出てこない。出てくるのは幼妻たる主人公と、主人公の夫。あとは主人公の所属する文芸部とかの面々が、所謂レギュラー要因で、後は一回ぽっきりのゲスト宇宙人とか。イラストも可愛いしね。
『白鹿亭奇譚』のオイシイ所を取って、現代日本のライトノベルのオイシイ所を組み合わせると、『食卓にビールを』になると俺は思うね。

まぁ、最終巻とは言え、今回も飛ばしてますよ。
宇宙の大王の正体が「宇宙マイクロ波背景輻射」だったり、こういう科学知識が最高のスパイスになっていますな。
読者の距離っていうのかな?そういうのがまた巧みでさ、物語の中に読者がどっぷり浸かり込むっていう感じじゃなくて、ちょっと離れたところから観客として見ている感じ。
それが、一見荒唐無稽なSFコメディにぴったりなのです。

科学知識が使われてるからって、別に予備知識としてそういうのを持っていなくちゃ駄目って事じゃないよ。俺も全然わかんないもん。文系ですし!
ちょっと面白くて、センスのあるSFを読みたい人は、是非是非読んでみて下さいな。自信を持って推薦します。
一応1~6巻まであるから、結構な時間楽しめるんじゃないかな!

そうそう、最後に一つ。
表紙がね、微妙にパンチラが……。

by s-kuzumi | 2007-07-10 19:08 | 読書 ライトなノベル